カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の196件の記事

2016年2月18日 (木)

アルミ缶集め

さっきたまたま
アルミ缶を集めて歩いているおばあちゃんが店の前を通ったので

「うちにアルミ缶貯まってるんで持ってかはります?」
って声をかけたら
「いいんですか?」
って言って
持って行ってくれるとのこと

早速、大き目のスーパーの袋に一杯
貯めていた
ビールやらジュースやらの空き缶を詰めた

嵩張らないように若干潰してあったので
まぁまぁの量

外で待ってたおばあちゃんに渡してあげると
「ほんまにええんですかー?」
「ありがとうございますー」
とすごいうれしそう

こんなことでこんなに喜んでくれやはるんやったら
前からやってたらよかったなと思った

京都市が強制的にアルミ缶集めるようになって数年
アルミ缶集めは大変そうだ

京都市のせいで
かなりの生活困窮者が出たと思われる

民間でできることは民間でやるべきなのに
なぜ京都市はアルミ缶集めを独占しようとするのか
何か利権の香りがする

しかしそこを突っ込む度胸のある政治家は京都にはいない
一見反権力に見える団体も結局は同じ穴のムジナ
ズブズブ談合選挙が京都の実態だからだ

毎日アルミ缶集めに奔走するおばあちゃんもいれば
幼稚園児から物を盗みながら遊び暮らすおじいちゃんもいる

今日は色んな老人を感じた日だった

| | コメント (0)
|

2015年5月 1日 (金)

京都の朝日新聞勧誘員がひどい件

近所のおばあちゃんから
相談があった

あまりにしつこいから契約しちゃったんやけど
どうしたらいい?

契約書を見せてもらったら
朝日新聞の2年間購読の契約やった
3ヶ月無料らしい
カタログギフトみたいなものももらっていた

おばあちゃんの話では
玄関まで入ってこられ
いつまでも居座られてしつこく勧誘されるので
帰ってくれるならお金払っていもいいという気になって
契約してしまったらしい

ちなみにおばあちゃんはすでに
京都新聞を購読しているので
朝日新聞を購読する必要は全くない

玄関開けたら勝手に入ってきたとか
3ヶ月無料とか
カタログギフトとか
全てにわたって違法やし

精神的に追い詰めて契約さすとか
こんな昔からの押し売りみたいな商法が
未だに存在することにビックリした

さらによく契約書を見ると
契約期間が平成30年と31年の二年間になっている
これはたぶん
新聞がすぐに来ると
二重に新聞が入ったりして
周りの人がおかしいと思って契約解除に至る可能性があるので
新聞が来るころにはクーリングオフ等がとっくに終わっている期間を設定している
のではないかと思われる
実に巧妙でいやらしい

とりあえずおばあちゃんに
クーリングオフについて話し
契約解除の葉書をコピーをとったうえ
配達証明付で送ることをお勧めした

朝日新聞は
従軍慰安婦記事の捏造等々で
売国新聞とか
国賊新聞とか言われ
発行部数が減っているのだろうが

それにしてもやり方がひどすぎる

今回たまたま相談されて発覚したからよかったものの
こんなんだったら
相談できない一人暮らしのお年寄りで
3重とか4重に新聞をとらされている人がいるんじゃないかと思ってしまう

みなさん
周りのお年寄り
新聞たくさん入ってないか
ちょっと見てあげましょう

| | コメント (0)
|

2015年3月29日 (日)

うちの店で映画の撮影がありました(*゚▽゚)ノ

Rimg0008_r
と言っても

同志社大学の映画サークルF.B.I.さんの
自主制作映画ですけどー(*゚▽゚)ノ

何やら店の主人が情報屋っていう設定で
主人公たちが情報をもらいに来るシーンらしいです

でもちゃんと店の主人はおっちゃんの役者さんやし
意外に凝ってるかもかも
Rimg0009_r
最近の映像撮影はデジタル一眼カメラが主流のようです
低予算インド映画でも同じようにデジカメで撮影してました
手持ちカメラより
ズームとかが手動でやりやすかったり
レンズがよかったり
色々メリットがあるようです

音声はPCMデジタル録音機で別録り
後でパソコン上で合わせるみたいです

誰でも昔より簡単に撮影・編集ができるようになりましたねぇー

出来上がりは
編集とかCG合成とかがあって
8ヶ月後とか…

いやー時間かかるなー

石井輝男とか
あの時代の監督が2週間で映画一本撮ってたのは
やっぱすごいよなー

ところでF.B.I.は何の略?

そうそう
ついにデジカメ買ったんです
中国人のおねーちゃんがたくさん買ってくれた分でー

今回のブログの写真はそのデジカメのヤツ
やっぱキレイに撮れるね

ちなみに機種はリコーのWG-4

前から欲しかったシリーズなんですけど
ちょうどモデルチェンジ前で底値かなーって

特徴としては
水中でも撮れる
スピードカメラ撮影ができる
超接写ができる
2mの高さから落としても壊れない
レンズがいい
等々
なかなか楽しそうなカメラなのです

起動が早いのもいいです

動画も撮れるし
僕も何か映像作品作ろうかなーヽ(´▽`)/

| | コメント (0)
|

2015年2月19日 (木)

旧暦の大晦日にガチョウの丸焼きを食べた;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

今日は旧暦の元旦
昨日は大晦日ってことで

中国人の友達と鍋ぱーてぃーをしました

ま、鍋は普通に日本風やったけど

その友達が中国からガチョウの丸焼きを持って帰ってきてくれたのを食べた;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

中国では大晦日に必ず食べるご馳走のひとつらしく
2時間並ばないと買えない人気店のものらしい
K0010885
ほんまに
丸のままのガチョウやった…

いやーよくこれを中国から持って帰って来たなぁー(゚∇゚|||)

K0010886
足をちぎりとるSちゃん

K0010887
首ちょんぱにするSちゃん

K0010889
手羽をもぐSちゃん

肉を解体する間
僕の隣でベジタリアンのベジ太が嬉々として写真を撮りまくってたのがなんだかシュールでした

そしてそれらを蒸し器に入れ蒸すと
こんな感じに
K0010890
なかなかおいしそうになりました

みんなは食べやすそうな手羽を食べていましたが
僕は
中国人でも好きな人と嫌いな人にかなり分かれるという
尻尾をとっちーと分け分けして食してみました

なんか豚足みたいにけっこうゼラチン質で美味しかったっす
ものによるとかなり臭みがあって食べにくいらしいんですけど
今回のはピリ辛系の香辛料にしっかり漬け込んであり
有名店のものってのもあると思うんですが
かなり食べやすく好吃!ヽ(´▽`)/

しかし結局
食べにくそうな足と頭は
誰も手をつけず残ってしまいました…(=゚ω゚=;)
K0010892

これらは
次の日の夕方
再び訪れたSちゃんとふたりで
バリバリ食べました…
↑ほんま文字通りバリバリ歯で噛んで骨砕きながら

ここはここで美味しく
脳味噌がすごく好きな人がいるとのことで
頭蓋骨を割って脳味噌を取り出し食べてみましたが

んーまー普通かなぁー
もこっとした焼き魚の卵巣みたいな食感

なんだかんだ言って尻尾が一番おいしかったような気がする
(゚▽゚*)

ガチョウをこんな感じで食べることは日本ではまずないので
ちゅーか
ヘタすりゃ一生食べないで終わってたかもしれないので
わざわざ持って来てくれたSちゃんにすごく感謝しています

| | コメント (0)
|

2014年10月 9日 (木)

皆既月食をちょっとだけよー撮影してみましたー(*´д`*)

何やら
皆既月食なるものが起こると聞き及び

外に出てみると
確かに
丸かったはずの月がいつの間にか欠けておりました
ヾ( ̄0 ̄;ノおー!

折角なので
デジカメを持ち出し
撮影してみました

最初、手持ちで撮影してましたが
さすがにブレる
((゚゚дд゚゚ ))

仕方がないので三脚を掘り出し
三脚に固定して撮ると
まぁまぁキレイに撮れました

すでに月食が進んでますね
Gesshoku1

さらに進むとこんな感じ
Gesshoku2
どうやら上ちょびっとは最終形でも隠れないみたいです

一番隠れた感じのとき
今度は暗いほうに明るさを合わせて撮ってみました
Gesshoku3

そして…
影はだんだん右へと移動して行きます
Gesshoku4

ここでもう一度
明るいほうへ明るさを合わせて撮ってみると
Gesshoku5

いやー
僕のデジカメとレンズの性能だと
これくらいが限界ですなー

しかし
数時間で満ち欠けする月
神秘的でしたー;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

| | コメント (0)
|

2013年11月 5日 (火)

久々にライブハウスに行ったのである

Live110309

基本、僕は演奏する側の人間なので
人のライブとかにあまり興味がなく
ライブハウスに観に行くってことがほとんどないのですが

昨日
「友達がライブハウスに出るんだけど、ライブハウスってところに行ったことなくて怖いんで、一緒に来てー」
ってとある女の子に言われて
仕方なしに
久々に他人の演奏するライブハウスってものに行って来ました

行ったのは
二年前にできた「デューイ」というライブハウス
行った事がなかったので
どんな箱か見とくのもいいなー
などと思いながらドアをくぐり
席を確保したあと

とりあえずドリンクチケットを交換に行った

すると
カウンターの男が急に
「えーっ!」
「○◎さーん!」←僕の名字っす
とデカイ声

よく見ると
大学時代のとある音楽サークルの後輩やった…
!(・oノ)ノ


「なんでここにいんのー」って聞いたら

「いや、俺、ここのオーナーっす!」やってー

これまたビックリΣ(・ω・ノ)ノ!

いやー、十何年ぶり
友達の友達のライブに付き添いで行っての
廻りまわった偶然でのこの再会は
なかなかうれしかった

ライブハウスはじめて二周年すんだらしいので
一応順調に経営してるんやなー
えらいなー

みんなどんどん行ってあげてねー
ヽ(´▽`)/

河原町ラウンドワンの向いの小道を入っていったところにありまーす

| | コメント (18)
|

2013年4月 6日 (土)

廃版じゃーーーーーー!(;´Д⊂

今日
オーストラリア人のおっちゃんが来て

池玲子が好きで仕方ないらしくて
店に貼ってあるポスターほしいほしい言うんで

これなら売ったげる
僕はまた買うからって
コレ↓を売ってあげたの


アマゾンでまた買おうと思ったら…

あうーっ
!!(゚ロ゚屮)屮

廃版じゃーーーーーー!

プレミア価格になっとるぅー!
(;´Д⊂

仕方がないので

これ



を注文しました…

(´;ω;`)ウウ・・・

日豪親善

日豪親善

| | コメント (0)
|

2013年3月24日 (日)

昨日の色々

おやつ時
消防車のサイレンがけたたましく鳴った

うちの前は消防署なので
いつものことなのだが

今日はなぜか雰囲気が違う
やたらと近くに
そう
発進してすぐ近くに止まっている感じ

なんでだろーと思い
外に見に出てみると…

(lll゚Д゚)

K0010086
うちの前に10台ぐらい消防関係の車が並んでいた

こいつはなかなか珍しいぜっ!

とか言ってる場合ではない

どうやらホースはうちの隣のマンションに入っていっている

うーむヘタするとこちらに火の手が…
(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

と思ったが

煙も見当たらない

しばらく見ていると
消防士の人が片付けに入っている感じ

話を聞くと
どうやらボヤで済んだらしい

あーよかったー
(;´▽`A``

消防士の方々
ホースとかの後片付け大変ですね
ご苦労様でした

みなさま
火には気をつけましょう

そんなこんなしているうちに
時間がたち

夕方から師匠筋にあたる人の最終講義&勇退記念パーティーがあったので
さっさと店を片付けパーチーへ

市内某ホテル
K0010089
思ったより色々な業種から
たくさんの人が来てました

講義のパワーポイントに使われている画像に
あ、あれ僕が昔フォトショップで作った素材やー
まだ使ってもらっててありがたいなー
とか思いながら見てました

久々に
色々な懐かしい人にも出会えました

| | コメント (0)
|

2013年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます_(._.)_

2013
去年は正月早々から犬が家出して帰って来なくなったのを皮切りに
最初から最後まで波乱続きの一年でしたが
まぁそれも今となってはよい思い出・・・か?

まぁ今年も荒波をざぶざぶと越えて
たくましく生きて行きたいと思いますので

みなさま今年もご贔屓に!

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・*

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年12月18日 (火)

右よりですよね?

僕はよく
「右よりですよね」
って言われることが多いんですが

実は極左なんです

もともとバンドやってた頃から
反権力・反体制のパンク系人間で
既得権益とか大嫌いなんですよ

そういう意味で
現状破壊の極左です

共産党に入れてほしいぐらいなのですが
すでに今の共産党は体制化・利権化してしまっていて
左翼でもなんでもないから
組織改革してまずそっから潰していかないといけない
となると
たぶん入れてくれないだろうね

そして左翼も
日本の伝統や歴史を守ることは当たり前やと思うんですわ

今の日本というものは
数多くの人間の努力・血・知恵の積み重ねの上にあって
そういった2672年の積み重ねがあるからこそ
震災の時にあの行動ができる
アメリカで強制収容所に入れられても「GAMANの芸術」というものが作れたり
ソ連に強制連行されてもナヴオイ・オペラ・バレエ劇場なんてものも作れる

日本の伝統歴史は左翼も右翼も全く関係なく全ての日本人が守っていくものであり
安易に今の軽い感覚で破壊してはならない
今までの積み重ねを崩したり断絶してはならないと思うのです

世界の多くの国は国が潰れたり興ったりで何回も断絶が起こって
日本ほど積み重ねができてる国は皆無なんです

今の日本
特に戦後教育でアメリカに洗脳された世代は似非日本人が多いので
そういった人たちはさっさと引退してほしい感じです

そういった意味では
今回の自民の圧勝と若返りは歓迎すべきもののように思います

とりあえずお手並み拝見ですな

よければ過去記事
「日本に保守はいるのか?」もセットでお読み下さい

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧