« 2021年8月 | トップページ

2021年9月の3件の記事

2021年9月27日 (月)

ADSL終了間近、10月25日までネット環境なし確定です…(ーー;)ニフめ…

9月いっぱいでADSLが終了するんで
我が家の光回線化を進めてたんですが

ニフの手落ちで
(前もってNTTさんに地下光ケーブルを通してもらってなかった)
当初決まってた9月頭の工事が延期

中旬にNTTさんが光ケーブルを通した後も連絡ないけど
大丈夫かな?

と思ってたら
今日連絡があって

ニフ「光回線の工事は25日でよろしいでしょうか?」

僕「25日ってもうすんでますけど?」

ニフ「10月25日です」

僕「10月ってもうADSL終わっちゃってますよね…
それってなんとかならないんですか?」

ニフ「もうそこまで予定が完全に埋まってまして、何ともなりません」

僕「それなら仕方ないですね…
ちなみに工事が遅れてもネットを使えるようにはしますって言っておられたと思うんですけど…」

ニフ「ちょっとお待ちください、聞いてみます」

僕「…」

ニフ「そのためのレンタル器機はすでに全て貸し出してまして、返却待ちになります」

僕「え!それはいつ頃貸し出し可能になるんですか?」

ニフ「たぶん25日には間に合わないか、使えても数日かと…
それでよければお申し込み受け付けますが?」

僕「とりあえず、お願いします」

ニフ「器機の返送料はお客様負担となりますがよろしいですか?」

僕「もうそれでいいんで、お願いします…」

ニフ「他にご不明な点とかございませんか?」

僕「不明な点はありませんが…」

ニフ「ご利用ありがとうございます」

 

細かいやり取りは省略しましたが
だいたいこんなやりとりでした…

何か下っ端の電話係がマニュアル通りにやり取りしてるだけで
相手を思いやる心も何もないし

ネットに1ヵ月つながらなくても
仕事に支障があっても

そんなこと知ったことか
って感じでした…(ToT)

そんな下っ端の電話係に文句言ったところで
何の意味もないし
こちらも不快になるだけなんで

それでいいことにしましたが

やっぱり何かモヤモヤするんですよね

ネット環境維持はするとか
口約束でも守れよ…っていう

 

パソコン通信のときからニフ使って来たけど

やっぱ経営状態悪くて
会社劣化してんのかなーと思う

こんなんじゃ
いつなくなるか分からないよね
ニフティ

| | コメント (1)

2021年9月23日 (木)

最近の百済、新羅あたりが気持ち悪い件

姪っ子(小学生)の歴史教科書では
 
百済、新羅の読みを
現代韓国語発音の
ペクチェ、シルラ
と書いてあって
そう習ってるという話を聞いて
 
スゲー気持ち悪って思った
 
当時から
日本人はクダラ、シラギ
と呼んでいたと思われるし
普通にヒャクサイ、シンラと呼ばず
クダラ、シラギと呼んでいた理由も含め
日本で教えるなら
それが1番深いし
分かりやすい
 
100歩譲って
当時のその国の発音で教えるのがいい
としても
この辺の国で使われてた公用語は
高句麗語で
高句麗語は中国語の流れを汲むから
中国語発音なはず
現代韓国語で発音する意味は全くない
 
じゃなんで韓国語なのか?
 
ただ単に
百済も新羅も韓国のもの
なんですよ
と言いたいだけ
 
そのロビー活動を手伝ってる会社の教科書を姪っ子の小学校は使ってるという…
 
ほんま気持ち悪い
 
さらに
細かく言うと
特に百済は日本史、日本人のルーツの1つとして教えてもいい国で
百済のお姫様は日本の天皇家に嫁いで来てるし
百済の最後の王子様が日本留学中に百済が滅んだんで
百済の正統な王家の血筋も日本にのみある
とも言える
 
滅亡後の難民も含め
百済からかなり多くの移民が日本に来ていたと思われるんで
現代日本人にもかなり百済人のDNAは受け継がれていると考えるのが普通
 
逆に韓国のルーツは李氏朝鮮で
 
新羅に滅ぼされた百済王族が皆殺しにされたあと
奴隷にされた百済の庶民が新羅内にいたとは思われるが
 
その新羅を滅ぼして
王族を皆殺しにして
民を奴隷にしたのが高麗で
 
さらにその高麗を滅ぼして
王族を皆殺しにして
民を奴隷にしたのが李氏朝鮮
 
百済を韓国のルーツとするのは
やや間接的すぎる気がするというか
明らか日本よりルーツ度低いよね
って思うのは僕だけ?
 
中国が琉球国が清の冊封体制に入ってたのを理由に
沖縄は中国領土と主張するように
 
現代国家が
自分の領土を主張するのに
歴史を都合のいいように利用するのはよくあることだが
 
そのロビー活動を一部の日本の歴史教科書が手伝っているのが
ほんまに気持ち悪い
 
しかも
歴史教科書としてペクチェって書いてるのは多数派ではないみたいで

そんな少数派の教科書をわざわざ採用してる
京都市もどうかしてると思う
 
しかもコレ
最近かと思ったら
10年以上前からそうやったみたいで
ブログに書いてる人いたわ
 
ま、歴史好きなら
ふざけるなーってなる気持ち分かると思う

| | コメント (1)

2021年9月17日 (金)

第128回京都映画サミット「追悼!千葉真一大会」

第128回京都映画サミット「追悼!千葉真一大会」
無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ
 
 
 
一作目「けんか空手 極真拳」

大山倍達の自伝を
梶原一騎が盛りに盛った
超おもしろシリーズ

千葉ちゃんが
破天荒な空手家って役に合うねー

なんちゅーか
とりあえず

さすがタイガーマスクやあしたのジョーをヒットさせた
梶原一騎
押さえるとこ押さえてて
全編ハチャメチャでおもしろい

 

 

二作目「冒険者カミカゼ」


「冒険者たち」を下敷きにしてるとのことだが
こっちは
それ冒険?な犯罪者…(ーー;)

まぁ
そこそこおもしろいことはおもしろいけど
ときどき
ビミョーな青春くささが…うーむ…犯罪者なのに…

盗ったり盗られたり
同じことの繰り返しで
両方、杜撰過ぎやろ…(ーー;)

ラストもヤクザが壊滅したわけでもないんで
また、同じことの繰り返しになりそうな…

うーむ…

秋吉久美子はかわいいけどね
 
 
 
三作目「黄金バット」


紙芝居「黄金バット」の実写化

実はアニメよりこっちが先だったりする

やはり子供向けで紙芝居的な演出が多くて
もうちょっと
映画的にやればいい感じになったのでは
ってとこが目に付くけど

特撮がなかなか凝ってるので
色々とツッコミどころもあるけど
まーまーおもしろい

個人的には
ナゾーの司令官の材質がヒジョーに気になった…
 
 
 
そんな感じで
「追悼!千葉真一大会」しゅーりょーヽ(´▽`)/

 

| | コメント (0)

« 2021年8月 | トップページ