« コロナ騒動考その10「これからの年間コロナ死者数は毎年1万人ぐらい」 | トップページ | コロナ騒動考その11「そのオリンピック、やるほうがいいと思うよ」 »

2021年5月27日 (木)

第125回京都映画サミット「魅惑の80年代アジアンホラー大会」

第125回京都映画サミット「魅惑の80年代アジアンホラー大会」
無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ

 

アジアンと言っても
日本のはなしでした
 
 
 
一作目「夜霧のジョギジョギ(モンスター)」


けっこう有名やったんで
DVD化された時は喜んだものでした

いざ観てみると
そこまでおもしろくなかったです

雰囲気は
日本の怪談モノとハマー系を足して2で割った感じですかね

幽霊モノのようで
実は悪い黒魔術師が全て糸引いてるという
日本ではあまりないけど
香港映画では観たことあるような展開

それなりに雰囲気はありますし
ちゃきちゃき展開して
飽きさせないのもいいんですけど

全体的にはありがちな感じでした

最終的には
イスラム教会の信者たちが撃退して
なんかイスラム教会が宣伝用に作ったのかと
思うようなテイストでもありました

結局、ジョギジョギって名前が一番キャッチーやったかもかも

インドネシアでは幽霊のことをジョギジョギって言うんですかね
映画中でジョギジョギって言ってる部分がちゃんとありました

そーいや音楽は意外とかっこよかったかな
アナログシンセ系で
 
 
 
二作目「首だけ女の恐怖」


こちらもインドネシア映画

冒頭、ケチャと踊りのシーンがなかなか盛り上がってキャッチー
これはおもしろいかも
と思ったら
思ったとおり、なかなかおもしろかった

思ったより特撮豊富で
豚への変身シーンとか
蛇への変身シーンとか
話にほぼ関係なく、ムダに見所がある

でもやっぱり一番の見所は
首だけ女

胴体から離れて首だけが浮遊して人を襲いに行くんやけど
胴体から離れるときにズルズル内臓が首に付いて行くという!
コレは斬新
首のほっそい穴からどうやってあんだけの内臓が出れたんかは
わからんけど
まーそこは魔術やから…
この際、物理法則はどうでもいいよね

しかも、あんだけ剥き出しにしてたら弱点になりうると思ったんやけど
移動時に窓枠にビッタンビッタンぶつけても平気やったんで
かなり丈夫っぽい

ラスト
白黒魔術師バトルになって
サクッと終わるところも
サバサバしてていいね
 
 
 
三作目「魔 デビルズ・オーメン」


知る人ぞ知る
香港三級片の巨匠カイチーホン監督の作品

しかもショーブラなんで
三級片にしてはけっこう潤沢な資金で作ってて
特撮満載
そこらへん好きな人にもいいかも!

冒頭
ムエタイシーンから始まって
マフィアともめだして
アレ?ホラーじゃなくて
黒社会系アクション?
と思わせといてのトンデモ展開

いやーすばらしい

そっからはひたすら
見た目弱そうなオッサンやけど
実は強い黒魔術師と主人公の命をかけた戦いが続くんやけど

まーその戦いがいいよね

何しろテケテケ歩く髑髏蝙蝠がカワイイ

そしてなぜか
倒された魔術師、弟子たちが復活させたら
裸のエロ美女になってて
第二戦はそれと戦うことに…

そういや復活させるシーンとか諸々
ミミズバーガーばりに
口に入れて咀嚼したものをゲロッて出す場面が多々出てくるんで
そのあたり苦手な人はムリかもね

色々キタナイです

逆に
戦う寺院のセットとかは
金かかってそうで、よくできてるよね
めっちゃキレイ
仏像も動くし、ビームも出る

観るのは何回目かになるけど
テンポもいいし
何回見ても飽きないね
 
 
 
四作目「人蛇大戦 蛇」


タイトル
人蛇と書いてあるのにさらに蛇
ってめっちゃかぶってる感あるんやけど

まーそれくらいこの映画
全編 蛇蛇蛇蛇…

蛇の呪いづくしの映画でございます

色んな意味でこの映画みたいなの
たぶんハリウッドで金積もうが
今後永久に作ることはでけへんと思う

そういう意味では
世界遺産並みに超貴重な映画

まず使ってる蛇の量がハンパない
何千匹?何万匹?

めちゃめちゃ広い部屋蛇で埋め尽くしたり

キューブリックのシャイニングオマージュなのか
エレベーター開けたら蛇が天井まで詰まってて
水のようにこっちにドバッて出て来たりとか

CGなしのリアル蛇で
ここまでやるのはもう現代ではムリやと思う

さらに蛇の殺戮数もハンパない


冒頭も穴から出てきた蛇をショベルカーで叩き殺したせいで呪われるんやけど
リアル蛇を容赦なくブチブチ殺してる
1000匹ぐらい…

最後の方はビル一棟蛇に埋め尽くされて襲われるんやけど
それを撃退するのに火炎放射器が出てきて
ボーボー燃やしてるのもリアル蛇
日本刀で真っ二つに斬られて撃退されるのもリアル蛇

映画における蛇殺戮記録はたぶん世界一
ギネスに載っても不思議ではない

まー中国人は蛇を普通に食べるみたいなんで
蛇はちゃんとスタッフが食べましたパターンで
動物保護団体がクレーム付ける隙はないけどねー

たぶん…

本編にも
ちゃんとそれのアピールなのか
蛇さばくシーン
蛇食べるシーン
蛇見世物シーン
等々
中国の蛇文化の深さがよくわかるシーン満載

いやーサービス満点ですね

ボスの大蛇はさすがに特撮やけど
蛇狩りプロのおじいちゃんとカンフー対決したり
火炎放射器の消防隊員と対決したり大活躍

ま、特撮ファンにも見所あるかもかも

しかしこの映画
三級片にしてはエロひかえめ

お風呂シーンとか
ラブシーン時に蛇襲ってきても
乳首は死守されます!

ま、でもその方がより蛇に集中できるというもの

いやー
蛇叫喚な映画やなー
 
 
 
そんな感じで
「魅惑の80年代アジアンホラー大会」しゅーりょーヽ(´▽`)/

|

« コロナ騒動考その10「これからの年間コロナ死者数は毎年1万人ぐらい」 | トップページ | コロナ騒動考その11「そのオリンピック、やるほうがいいと思うよ」 »

京都映画サミット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コロナ騒動考その10「これからの年間コロナ死者数は毎年1万人ぐらい」 | トップページ | コロナ騒動考その11「そのオリンピック、やるほうがいいと思うよ」 »