« 第122回京都映画サミット「クラッシャージョウ大会」 | トップページ | コロナ騒動考その1「騒動の一因は御嶽山噴火と熊本地震」 »

2021年3月25日 (木)

第123回京都映画サミット「人魚映画大会」

第123回京都映画サミット「人魚映画大会」
無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ
 
人魚映画の定義としては
半魚人は人魚に入れない
「人魚伝説」は人魚出てこないんで入れない
という感じですかね
 
 
 
一作目「ゆれる人魚」


2015年のポーランド映画で
人魚姫のお話を現代に置き換えた
ミュージカル風エログロホラー

とりあえず
音楽がかっこいいね
アナログシンセを駆使した70年代テクノ音楽テイストで
今風にオシャレ作るという
日本で言えば
きゃりーぱみゅぱみゅ
とか
パフュームみたいな
曲作り

ミュージカルシーンも
その音楽とオシャレPV的な感じで
飽きずに観れる

ストリップの店とかも
なんとなく70年代風でオシャレ

エロとグロも適度に入れてあって
主役の2人も出し惜しみなく脱ぐし
人に食らいついて血みどろで肉食うし
僕の好きなところ
ことごとく突っついてきます

人魚と人間の足を入れ替える手術も
踊りながら超ずさんでグロくて
逆にいい感じに笑えるという

終わり方もいいよね
対照的な感じがよりグッとくる
主役がなんで2人なのかがよくわかった
2人でないとこういう感じにはできんしね

あと人魚の尻尾がよくある感じじゃなくて
鰻みたいな感じなのもよかった
グロくて生臭そうで…
 
 
 
二作目「スプラッシュ」


久々に観たけど
やっぱおもしろいね
最初から最後まで笑ってハラハラして
ジンと来て
安心して観られるデキのよさ

若かりしトムハンクスもすでにいい味出してるし
ダリルハンナも超かわいい!
そしてジョンキャンディも相変わらずで…!

基本、人魚姫の現代アレンジなんやけど
アレンジ具合がいいし
ラストもお話通りじゃないとこもいい

しかし!
ディズニーやから仕方ないけど
ダリルハンナのお胸はずーっと髪の毛に死守されています
見えそうな所もあったけど
見えたような見えてないような…(ーー;)うーむ

テレビ放送時の吹替えは
アラン・バウアー - トム・ハンクス(三ツ矢雄二)
マディソン - ダリル・ハンナ(美保純)
ウォルター・コーンブルース - ユージン・レヴィ(広川太一郎)
フレディ・バウアー - ジョン・キャンディ(青野武)
って
コレ、めっちゃ観たい!

しかし、現DVDには収録されてないし
VHSも吹替版はないっぽい
残念!
お胸を高解像度で調査するためにも
吹替収録のブルーレイが待ち望まれます!
 
 
 
三作目「ザ・ギニーピッグ マンホールの中の人魚」


ギニーピッグシリーズ 5作目にあたる
日野日出志監督の60分短編映画

前観たはずやけど
内容が人魚が腐っていくことしか思い出せなくて
なんでかと思ってたら
人魚が腐っていくってだけの内容やからでした…(^_^;)

人魚が腐っていって
その膿とか体液が色んな色してるんで
画家がそれで絵を描くという
たぶんコレ日野日出志氏が描く漫画で見ると怖いと思うけど
実写でやられると
わはは本舗が参加してることもあり半分コメディーかと思うぐらいの展開

グロいけど…(^_^;)

まー3作目以降はギニーピッグ感はないよね
ギニーピッグは実験用マウスのことだし

オチはちゃんとホラーっぽいね
 

 
そんな感じで
「人魚映画大会」しゅーりょーヽ(´▽`)/
 
 
 
ほんまはチャウシンチーの人魚姫も用意できればよかったんやけど
持ってないしー

ギャオで観たけど
なかなかおもしろかった記憶がある
シンチーは出ないけど

|

« 第122回京都映画サミット「クラッシャージョウ大会」 | トップページ | コロナ騒動考その1「騒動の一因は御嶽山噴火と熊本地震」 »

京都映画サミット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第122回京都映画サミット「クラッシャージョウ大会」 | トップページ | コロナ騒動考その1「騒動の一因は御嶽山噴火と熊本地震」 »