« 第114回京都映画サミット開催のお知らせ | トップページ | 第115回京都映画サミット開催のお知らせ »

2020年6月25日 (木)

第114回京都映画サミット「ガバリン」大会

第114回京都映画サミット「ガバリン」大会
無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ
 
 
 
いっこめ「ガバリン」


昔はテレビでよくやってて
何回も観たはずねんけど
行方不明の息子取り返すぐらいの話しか覚えてへんなぁ
と思ったら
それぐらいのストーリーしかないから覚えてへんだけやった…(^_^;)

あらためて観るとけっこう雑で無茶苦茶な話

まぁでも結局その滅茶苦茶具合と
様々なモンスターが混沌と混ぜ合わされた感じが
おもしろいんやねぇー

ラストも唐突に解決して終わって
結局、何と戦っていたのかも分からずじまい
ハッピーエンドやからまーえっかーみたいな感じ

そういや
英題は「House」のはずねんけど
ビデオ版は冒頭に「Goblin」と出てくる
「House」は後付けのタイトルなのかな?
そして邦題「ガバリン」はもしかしてゴブリンから来てる?
 
 
 
にこめ「ガバリン2 タイムトラぶラー」


話も関係ないし、家も違う家だし
続編感は全くないよね

蘇ったひーひーじいちゃんを仲間に
異世界扉からやって来る原始人とクリスタルスカル争奪戦を繰り広げる
ドタバタコメディ
でも正直つまんない…
笑えもしない…

なんかフィルムを安いの使ってるのか
全体の画の雰囲気も安っぽい

とくにいいとこ何もなかったな…(^_^;)
 
 
 
みっつめ「デビルジャンク」


ビデオの英版タイトルは「THE HORROR SHOW」となっており
殺人鬼モノでテイストもガバリンと全く違うし
やはり「House3」は後付けな気がする

別シリーズやったところ
ショーンSカニンガムのプロデュースシリーズってことで
のちのち一緒にまとめたのかもね

冒頭から切り株描写満載でなかなかキャッチー
犯人処刑後の流れがなんかウエスクレイブンの「ショッカー」とかぶるんやけど
調べたらどっちも89年公開
たまたまかぶっただけ?なのかなー

後半、弱冠地味めやけど
ところどころキャッチーな特撮が入ってきて
飽きずに観れるね

色々と突っ込みどころというか疑問が残るけど
都合の悪い部分は幻ということで
いちおーハッピーエンド

そういや
殺人鬼の人どっかで見たことあんなーと思ったら
ブレランのレプリカントの人やった
 
 
 
よっつめ「ガバリン3」


ジャケに書いてある英題は「GOBLINⅢ」
やはり当初はガバリン1、2、3がゴブリンシリーズで
デビルジャンクは別枠扱いやった疑いがますます強まるものの
ビデオ内のタイトルは「GOBLINⅢ」と出た後「HouseⅣ」と出てくる
この頃からデビルジャンクを同列扱いする分類も存在していたらしい

ガバリン1~3はテイストは全く違えど
屋敷を受け継いだという共通点があるけど
デビルジャンクは共通点ほぼないし
別扱いでいいのではないかと個人的には思ふ

さて「ガバリン3」は
方向性としては
「ゴースト ニューヨークの幻」風です

死んだだんな(1の主人公と同じ役者さん)が
インディアンの精霊みたいなのの力を借りて
奥さんと娘と屋敷を悪者の手から守るという感動モノ

いかにもガバリン的なだんな霊から奥さんへの嫌がらせが
なんであんなに起こったのかとか
色々できるくせに、してくれないだんなの霊とか
よくわからない突っ込みどころは多々あるも
それなりにおもしろかったです
 
 
 
そんな感じで
「ガバリン」大会 しゅーりょー
ヽ(´▽`)/

|

« 第114回京都映画サミット開催のお知らせ | トップページ | 第115回京都映画サミット開催のお知らせ »

京都映画サミット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第114回京都映画サミット開催のお知らせ | トップページ | 第115回京都映画サミット開催のお知らせ »