« 第110回京都映画サミット開催のお知らせ | トップページ | 第111回京都映画サミット開催のお知らせ »

2020年3月 3日 (火)

第110回京都映画サミット「真田広之映画」大会

第110回京都映画サミット「真田広之映画」大会
無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ
 
 
 
一作目「吼えろ鉄拳」


監督・脚本が鈴木則文やからか全体的におちゃらけムード
お話は定番の麻薬シンジケートとの闘いなのであるが
緊張感はほぼない

そんな感じでストーリー進行は雑だが
笑いとエログロバイオレンスはきっちり入れてあるので
最後までそれなりに楽しく観れる

真田広之は色々危なそうなアクションに挑戦してて
なかなかかっこいいが
空手アクションになるとやや個性がないというか
千葉ちゃんや悦っちゃんに比べると華がない気がする

個人的にはブッチャーが出てるのがポイント高いが
途中で出なくなるのが残念
 
 
 
二作目「伊賀忍法帳」

山田風太郎小説の実写化
山田風太郎っぽいエログロバイオレンス・トンデモな感じは
なかなか再現されててよい

ただ100分の中の制約のためか
全体的なスケールダウン・端折られている感は否めない
特に
「淫石を作るのに大量の女をさらって強姦し愛液を煮詰める」という設定を
篝火一人でいい設定にしたのはどうかと思う

全体的にキャストはバッチリで
千葉真一・成田三樹夫・中尾彬もいいし
主役の真田広之も忍者姿が一番似合う気がする
空手アクションより忍者アクションの方がかっこよくて向いているよね、たぶん

ヒロインの渡辺典子もデビュー作だけあって初々しい感じがいいが
なんと言っても
全盛期美保純の脱ぎっぷりと演技がすばらしい!

ラストバトルの大仏殿炎上も金かけただけあって
実物大大仏の崩壊等々特撮的にもなかなか見ごたえあるし
いやーいいわー

エンターテイメントはこうでなくっちゃ!
 
 
 
そんな感じで
「真田広之映画」大会 しゅーりょー
ヽ(´▽`)/

|

« 第110回京都映画サミット開催のお知らせ | トップページ | 第111回京都映画サミット開催のお知らせ »

京都映画サミット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第110回京都映画サミット開催のお知らせ | トップページ | 第111回京都映画サミット開催のお知らせ »