« 第98回京都映画サミット開催のお知らせ | トップページ | 第99回京都映画サミット開催のお知らせ »

2019年2月21日 (木)

第98回京都映画サミット「Vシネな三池崇史監督」大会

第98回京都映画サミット「Vシネな三池崇史監督」大会

無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ
  
 
 
一作目「極道恐怖大劇場 牛頭」

Vシネでありながら
カンヌにまで行ってしまった奇作

「デヴィッド・リンチが任侠ものを撮ったら」というコンセプトで製作されたらしいが
リンチ感はあまりなく
石井輝男監督の方が近い感じがする

雰囲気的にはホラーというよりかなりコメディ寄り
怖くなく笑えるシーンがほとんど

任侠モノを撮れと言われてコレを撮る三池監督の感性はなかなかすばらしいし
冒頭の相川翔がチワワを惨殺するシーン
相川翔がオギャーとかやるシーン等々
色々とキャッチーなシーンも多く
俳優陣も個性豊か豪華でいい味出してる
とは思うが
正直、129分は長い
中だるみというか
かったるい部分が多い
90分ぐらいに凝縮すれば名作になったかもしれないのに
惜しい作品である
 
 
 
二作目「突風!ミニパト隊 アイキャッチジャンクション」

監督デビュー作
婦警さんを主人公にしたエロコメディで
助監督をやってたときに培ったのか
もともと器用なのか
すでに作り方にこなれてる感がある

ただ、95分っていう手頃な時間なわりに
かったるい部分が多い

アイドルのイモ演技は仕方ないにしても
もうちょっとキレのある演出・進行がほしいところ
ヒーロー特撮モノオマージュも中途半端やし…

新体操部の練習を見て鼻血をブーって出す所長さんが
なんか高木ブーに似てる人やなーって思ったら
高木ブーやった!

まーそれだけの役やけど…
 
 
 
三作目「FULL METAL極道」

子供バンドのうじきつよし主演のSFヤクザ映画

ヤクザの陰謀に巻き込まれて死んだ弱いチンピラが
マッドサイエンティスト(田口トモロヲ)によってサイボーグ化されて復活
復讐を果たすという感じ

けっこうテンポがよく、ヒジョーに見やすくおもしろい
中盤一度大暴れした後若干ダレるが後半持ち直し大団円

低予算なので肉襦袢みたいなのを着てるだけで
うじきつよしもサイボーグ演技ができてるわけでもなく
サイボーグ感はあまりないけど
ぶっとんだり、千切れたり、血が吹き出たり
人体破壊はけっこうがんばってる

三池監督らしくて
なかなかよかったです

若かりし北村一輝も
なかなかおいしい役どころで、いい雰囲気出してます
 
 
 
そんな感じで
「Vシネな三池崇史監督」大会しゅーりょー
ヽ(´▽`)/
 

|

« 第98回京都映画サミット開催のお知らせ | トップページ | 第99回京都映画サミット開催のお知らせ »

京都映画サミット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第98回京都映画サミット開催のお知らせ | トップページ | 第99回京都映画サミット開催のお知らせ »