« 第97回京都映画サミット開催のお知らせ | トップページ | 第98回京都映画サミット開催のお知らせ »

2019年1月18日 (金)

第97回京都映画サミット「女吸血鬼」大会

第97回京都映画サミット「女吸血鬼」大会

無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ
 
 
 
一作目「女ドラキュラ」

原題は「Dracula's Daughter」
1936年製作で「魔人ドラキュラ」の続編
ヴァンヘルシングがドラキュラを殺した場面から始まる

冒頭いきなりヴァンヘルシングがドラキュラを殺した殺人犯として逮捕されてビックリするが
正直、あのプロットは必要だったのかどうか…
ちゅーか
確かに女ドラキュラはドラキュラの娘という設定だが
あまりドラキュラ感はない…

血を吸うシーンもないし(暗転するしー)
普通に日常生活営んでるし
昼も活動してるっぽいし
三角関係で悩んでウジウジしてるし
鷲鼻のあまり美しくないおばさん女優だし…
(モンスター顔ってことで起用されたのかな…)

話も地味でオチもそのまんま予定調和…

なんだかなー
 
 
 
二作目「ドーターズ オブ ドラキュラ 吸血淫乱姉妹」

こっちは邦題でドラキュラの娘と名乗っているが
原題は「Vampyres」
1974年製である

冒頭、エロレズシーンで始まりいきなり射殺されるのがキャッチー
音楽も70年代っぽくてよい

ただ本編始まると吸血鬼感はあまりない
昼日中も歩き回るし
ナイフで殺して血をペロペロ…
ちゅーちゅーしないの…?

エロと血のりはふんだんやけど
ま、話はてきとーでダラダラしてるね

ラストはトンデモな夢落ちで
ドラキュラもバンパイアもひっかけやったんやと分かる…

いやしかしヒドイわ、このオチ…(ーー;)

コレのリメイク作る人がいるとは…
 
 
 
三作目「レッド インフェルノ」

で、これが「ドーターズ オブ ドラキュラ」のリメイク
日本の配給会社は
イーライロス監督の「グリーン インフェルノ」にのっかろうと思ってタイトル付けて
解説も食人族映画と勘違いさせるようなものをつけてますけど
原題はオリジナルといっしょ「Vampyres」

監督は元の映画をリスペクトしているのか
けっこう元に沿ってリメイクしてますね
アホなことに…

エロと血のりも同じくふんだんで
ストーリーも今風にしつつもオリジナルに沿ってる

ただキャロラインマンロー(元ボンドガールのおばちゃん)の部分いるかなぁ…
出てくれるっちゅーから後から付け足しただけなんちゃう?
ジャケには主役みたいに一番目に名前書いてあるけど
本編とほぼ関係ありません

全体的にゴア描写はやや増えたけど
まーたいしたことないですね
金かかってないし…
アイデアもない…

屋敷とかは
オリジナルよりチープになってます
ふつーの家に近い…(ーー;)
それだけでも雰囲気がかなり安くなりますね

オチも同じにしてあるんやけど
オリジナルにない要素をやたらプラスして
その部分もほったらかしにして
強引にオリジナルと同じオチにしてるんで
むちゃくちゃですね
アホですね

ちゅーか
それならなぜ冒頭にレズ殺人シーンを入れないのか!

なんで今さら
「ドーターズ オブ ドラキュラ」をリメイクしようと思ったのか
そこからしてアホとしか思えませんが
デキもかなりアホでした
 
 
 
四作目「バンパイア ラヴァーズ」

1970年
小説「吸血鬼カーミラ」をハマープロが映像化するとこうなります
って感じの映画

ハマープロ斜陽の時期にしては
セットも金がかかってて
全体の雰囲気が格調高い

うんうん
ゴシックホラーはこの格調高さがないと雰囲気出ないよね

時代的に規制がゆるくなったのか
冒頭からくびちょんぱシーンでグロ全開!でなかなかキャッチー

登場する若いおねーちゃんもほぼ脱ぐし
脱ぐ女優さんの質も高い!

エログロ入れても格調高いという
ハマープロならではの雰囲気ですな

ようやくちゃんとした女吸血鬼映画が観れたなーって感じです

話も紆余曲折色々あってあきないし
よくできてるね

ラストはやっぱりピーターカッシングがとどめを!

ニンニクとか十字架とかの要素も出てきて
いやー吸血鬼映画でしたー(^^♪
 
 
 
そんな感じで
「女吸血鬼」大会しゅーりょー
ヽ(´▽`)/ 

|

« 第97回京都映画サミット開催のお知らせ | トップページ | 第98回京都映画サミット開催のお知らせ »

京都映画サミット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第97回京都映画サミット開催のお知らせ | トップページ | 第98回京都映画サミット開催のお知らせ »