« 祇園祭宵宵山 野点茶会 開催のお知らせ | トップページ | 第92回京都映画サミット開催のお知らせ »

2018年7月30日 (月)

第91回京都映画サミット「追悼西城秀樹 天使行動」大会

第91回京都映画サミット「追悼西城秀樹 天使行動」大会

無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ
 
 
 
一作目「天使行動」

監督は女性スタントマンあがりのテレサウー

監督が元スタントマンだけあって危ないことをさせるさせる
しかも
俳優さん本人に!

こんなのによく出たなー西城秀樹!

顔が見えないほんまに危ないやつは本人じゃないと思うけど
あきらか本人がやってるアクションも多い
やるな!

さて、この映画のさらなる魅力はもう一人の共演者
ムーンリー

ユンピョウの「チャンピオン鷹」とかで恋人役とかしてて
めっちゃかわいいんやけど
これまでは全くアクション女優さんじゃなかったの
でも急にこの映画からアクション女優さんに転向
かわいい顔でめっちゃハードなアクションバシバシ見せてくれます

個人的にはムーンリーめっちゃ好きで
ミッシェルヨーと並ぶアクション女優さんやと思てんねんけど
ミッシェルヨーが世界デビューしてボンドガールにまでなったのに対して
ムーンリーはそれほどブレイクせず

しかも「群狼大戦」で爆破に巻き込まれて火達磨になって
女優さんできんようになるかもーまでなったり
けっこう不運な感じで
すごーく歯がゆい

ストーリーはエンジェルといわれる4人組が麻薬組織を壊滅させるという
ありがちな感じやけど
アクションに次ぐアクションで実に最後までおもしろい

麻薬組織のラスボス(正しくは幹部やけど)は大島由加里で
めっちゃいい味出してて
ラストはちゃんとムーンリーとのキャットファイトってのがこれまたいい!

いろいろとツボを心得ているいい映画です!
 
 
 
二作目「天使行動2」

残念ながら2に西城秀樹氏は出ていない

日本人であるかないかに関係なく
西城秀樹が消えた痛手は大きい…
そして
代わりにムーンリーを主役にすればよかったのに
なぜか主役は魅力がやや薄いアレックスフォン

ヒロインがエレインルイで
ムーンリーの存在感が薄い…

今回はマレーシアを舞台に
敵はクーデター革命をめざす軍隊組織と
よりスケールはでかくなっているが
変なドラマ部分や
どうでもいいやりとりが多くなり
アクション映画なのにテンポがめっちゃ悪くなってしまっている

監督は同じテレサウーなんやけど
どうしちゃったんかねー

拷問シーンといい
戦闘の感じといい
明らかランボーの影響を受けてる感じで
まぁそれはそれでいいねんけど

色々と間違ってると思うよ、この映画…
 
 
 
三作目「天使行動3」

冒頭からムーンリーの活躍がバーンと出てきて
2の失敗をちゃんと監督理解したかー
と思ったけど

途中でムーンリーの話は消えちゃって
アレックスフォンの男二人だけの話に…

まぁそれなりにアクション多くて見れるけど
ムーンリーはどうなったのーって思ってたら

ムーンリー敵基地でひとり大暴れ
やったーっ!かっこえーっ!て思ったら
それでムーンリーの出番終わり…(^_^;)

ラストバトルには全く出てこないという…

いったいどういう作り…?

まぁムーンリーのちょっとお色気シーンもあったり
ツボはおさえてるけど
ラストバトルで女ボスと戦うのはやはりムーンリーでないと!

男vs女は絵にならないよ!

ラストにテロリストがどひゃーって襲ってくるのを撃退したのが
キックアス1で主人公が使ってたマシンやったりして
まぁ色々とアイデアは感じるけど
やっぱなんかいろいろと間違ってる気がする…
 
 
 
そんな感じで
「追悼西城秀樹 天使行動」大会しゅーりょー
ヽ(´▽`)/

|
|

« 祇園祭宵宵山 野点茶会 開催のお知らせ | トップページ | 第92回京都映画サミット開催のお知らせ »

京都映画サミット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 祇園祭宵宵山 野点茶会 開催のお知らせ | トップページ | 第92回京都映画サミット開催のお知らせ »