« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月の2件の記事

2017年12月28日 (木)

第84回京都映画サミット「人形来襲映画」大会

第84回京都映画サミット「人形来襲映画」大会

無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ
 
 
 
「デビル・ドール」

つまんなさそうと思ったらほんまにつまらんかった…(^_^.)

腹話術人形にとりついた悪魔を撃退するってだけ

話もてきとー過ぎてしょーもないけど

人死になしで
エロもグロもバイオレンスもなしで
スピルバーグ風の特撮もなんかしょーもないし
音楽も意味なく壮大で場違いな感じのばかり
地味に金はかかってそうなのに見所ナッシング

ローランド・エメリッヒ監督は
1998年の米ゴジラとか
前宣伝でヒットさせてはいるけど
ほんまビミョーな映画ばっかり作ってる監督

こんなビミョーな映画ばっかりで
ほんま、よー生き残ってるなーって感心するわ
 
 
 
「ドールズ」

これは昔観ておもしろかった記憶があったが
やはり面白かった

まー「死霊のしたたり」の
スチュアートゴードン
ブライアンユズナ
チャールズバンドが組んでるんで
面白くないはずがない

冒頭のテディベアによる惨殺からキャッチーやし
兎に角、最初から最後まで音楽も演出もいい

ほどほどのスプラッターもいい感じ

コマ撮りによって動く人形もいい!

話は定番で
古い洋館に泊めてもらった人々が順に殺されていくってヤツ
定番な展開でもおもしろいのはやはり才能のなせるわざか…

79分と短いのにかなりの満足感がある

時代的にはコレとデビルドールが1986年で
人形襲来映画のパイオニアかもしれない
 
 
 
「ドールズ2」

原題は「デモーニックトイズ」で
たぶんドールズとは関係ないと思う

製作総指揮・原作のチャールズバンドしか共通点ないしー
どちらかというと「パペットマスター」がヒットしたんで
それっぽいのを作ろうってことやと思う

警備室のテレビで「パペットマスター」が流れてるしー

冒頭から刑事とギャングがバンバン撃ちあって
入れるビデオ間違えたかと思うぐらい
ホラーな雰囲気をぶち壊してくれる

話もてきとーで
急に二日間通気口に潜んでいたとかいう、おねーちゃんが現れ
活躍もせずに死ぬ…

トイレとか食事なしで二日間…?

途中、悪魔がヒロインに事情を長々と説明するんやけど
まったく同じ内容を今度はヒロインが男に説明したりとか
普通映画ならカットするやろうって水増しシーンが多々あり
とりあえずダレる

オモチャに殺されるところはそれなりに見れるけど
その間あいだがなげーわ
無駄に長すぎやわ

84分しかないのに映画自体がすげー長く感じた…

パペットも手にはめて動かしてるのがほとんどで
ちょっとだけコマ撮りがあるも
全体としてすげー安い

人形キャラもパペットマスターの二番煎じをがんばってはいるものの
結局、パペットマスターのニセモンでしかないレベル

んービミョー
 
 
 
そんな感じで
「人形来襲映画」大会しゅーりょー
ヽ(´▽`)/



♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
 
 
 
オマケ

「ピノキオシンドローム」

ジャケ見るからに
チャッキーの二番煎じ的でしょーもなさそうに見られがちだけど
意外にイケてる映画

音楽や演出もしっかりしてていい感じ出し
オチも含めてストーリー作りもうまい

女の子もそこそこかわいい!
↑コレ重要

たぶんピノキオの造型がキャッチーやったらもっと
名作扱いされて売れたろうに
なんか魅力ないのよねー
んー惜しい映画である

今回、ピノキオはコマ撮りとかはなく
全て手で動かしてるか
子供さんか小人さんが着ぐるみに入ってるという
超安上がりなんやけど
それはそれでええ感じ

人形来襲映画好きなら一度は見ても損はない!

はず;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

| | コメント (1)
|

2017年12月24日 (日)

第84回京都映画サミット開催のお知らせ

ブログに書くのを失念していて
こんなギリギリになってしまいましたが

来る
12月26日火曜日20時より
第84回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のテーマは
「人形襲来映画」です

ただし
チャッキーとパペットマスター意外

このふたつはシリーズやたら多いんで

だいたいのタイトルを言いますと
「ドールズ」
「ドールズ2」
「デビルドールズ」
「ピノキオシンドローム」
といったところです

「キラーホビー」も入れてもいいかもですね
 
 
 
いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするもの持ち寄りです
また
スペースの都合上
先着8名様までとなっております

それでは参加希望
お待ちしております

| | コメント (0)
|

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »