« 第83回京都映画サミット開催のお知らせ | トップページ | 「秋のお茶会」開催のお知らせ »

2017年11月17日 (金)

第83回京都映画サミット「死霊のしたたり」大会

第83回京都映画サミット「死霊のしたたり」大会

無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ
 
 
 
「死霊のしたたり」

1985年アメリカ産
80年代を代表するスプラッター系ホラーのひとつ
監督はブライアンユズナだと思い込んでいたら
二作目からはユズナ監督やけど
一作目はスチュアートゴードン監督やった…

スチュアートゴードンもなかなかの名監督やなー

昔何回か見たはずやけど
死体を生き返らせるってことしか覚えてなくて
なんでかなぁ…と思ったら
ストーリーが「死体を生き返らせる」ってだけやった…

生き返らせては暴れだして大変なことになって
それでも学習しないで生き返らせる
という
終始アホな映画…( ̄◆ ̄;)

アイデア満載なヒドイ描写が目白押しで
どっちかというとスプラッター特撮を楽しむ映画かも

いやーCGなしでよくやってますわー

エロもグロもバイオレンスも満載で
これぞ80年代!

そういや音楽がやけにヒッチコックのサイコ風で
誰が作ってるんやろーと思ったら
チャールズバンドの弟くん、リチャードバンド

父のアルバートバンドとの三人スクラムで相当数のB級映画を世に送り出した模様
スゲー一家だぜ!(*^ー゚)b
 
 
 
「死霊のしたたり2」

監督は一作目で製作をやっていたブライアンユズナに交代
1989年、なぜか4年たってからの正統な続編である

きちんと前作の主人公ふたりやマッドな教授は出てきて
ストーリーもいちおー続いているらしいが雑
相変わらず死体を生き返らせて大騒ぎになるだけなので
んーどうなんだろー

二番煎じ感はぬぐえない

ただ、特殊効果が
スクリーミングマッドジョージに交代して
よりマッドな感じになった
コレはなかなかすばらしい

一作目よりさらに
特技だけが見所感が強いかなー

まぁでもがんばってますよ
プラマイゼロで前作と同じぐらいの観れる度には持ってけてる
(ユズナでマイナス、マッドジョージでプラス)
 
そういや
映画中のフランケンシュタイン花嫁に使われた頭の女性
超キレイ設定なんやけど
どう見てもブス
当時はアレがキレイやったんかな…(^_^.)
 
 
 
「死霊のしたたり3」

2003年製作
2から14年もたっている…

監督はちゃんとブライアンユズナだし
一作目からの主役のひとりキチガイ眼鏡科学者のジェフリーコムズも出ている

老いた監督の感性がダメなのか
金がなかったのか
今さら感とパワーダウン感はぬぐえない
狂った感もあまりない

今回は刑務所内で死体蘇生実験と
刑務所セットや人員に金がかけられているが
ハッキリ言おう

それは金のかけどころが違うやろ!

1や2のように限られたシチュエーションで
人員やセットに金をかけず
その分をスプラッター特殊技術にまわすというやり方が
このシリーズのキモなはず

そういう見所が少ないまま
ドラマでひっぱられても
全然心に響かないよ

それでもまぁちょこちょこは見所あるし
正統な続編ではあるんで
「死霊のしたたり」ファンは観ておくべきかなぁ…
 
 
 
今回観たのはは以上の三つだけ
あと「新死霊のしたたり」ってのがあるんやけど

実はコレは
「Silent Night, Deadly Night」という別シリーズの4作目

ま、来月はクリスマス近くだと思うんで
「Silent Night, Deadly Night」大会でもやろうかな;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
 
 
 
そんな感じで
「死霊のしたたり」大会しゅーりょー
ヽ(´▽`)/

|
|

« 第83回京都映画サミット開催のお知らせ | トップページ | 「秋のお茶会」開催のお知らせ »

京都映画サミット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第83回京都映画サミット開催のお知らせ | トップページ | 「秋のお茶会」開催のお知らせ »