« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月の3件の記事

2017年2月26日 (日)

第74回京都映画サミット「若かりしドニーイェン」大会

第74回京都映画サミット「若かりしドニーイェン」大会

無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ
 
 
 
「ドラゴン危機一発'97」

ユエンウーピンが監督も使ってくれるもののなかなか単独主役にはしてくれなくて
それなら自分でって思ったかどうかはわからないが

ドニーイェン自らが会社を立ち上げ資金を集め
制作・監督・アクション監督・主演を努め作った初監督作

近未来からはじまって、過去を語る作りとか
話も凝ろうとしてるけど話的にはビミョー
中途半端に変化球投げるよりは
逆にもっとストレートな方がよかった気がする

ま、ストーリーはビミョーでも
若かりしドニーイェンとドニイェンチームの身体能力で繰り広げる
アクションに次ぐアクションでどんどん引っ張って行けてる感じ
何かわからんけど兎に角スゲー

色調やアングルにやたら凝ったり
映画として新しいことをやってやる感の力の入り方も感じられるが
アングルに懲りすぎたり、暗すぎたりすることで肝心のアクションがわかりにくくなってたりするのは残念
凝るところとストレートに長回しで魅せるところとのメリハリがもうちょっとほしかった

ラスト前にヒロインの首がスコーンって吹っ飛ぶのは何回見てもドン引く
もうちょっとハッピーエンドにしようやー(ーー;)
 
 
 
「新流星蝴蝶剣」

台湾の小説家 古龍の武俠小説『流星・蝴蝶・剣』二回目の映画化

一回目はショーブラの作った

ミッシェルヨー、トニーレオン、ドニーイェン、ジョイウォンの4人主役なのだが
ビデオのジャケにはドニーイェンの名前は欠片も載っておらず
4人の中で一番主役から遠いジョイウォンが
当時日本で人気があったからか一番目にクレジットされている

当時の日本でのドニーの扱いの悪さが顕著に出てる例かも(´;ω;`)

80年代からハリウッド帰りのツイハーク監督の影響で色々な武侠映画が
ワイヤーアクションや特撮てんこ盛りでリメイクされるんやけど

その中でもトンデモ度が群を抜く一作で
僕は大好きです(゚▽゚*)

自分の持ってる弓で自分を弓にして飛ばすとか物理法則がトンデモで
それをくらった人が飛び散ったり切り株描写もハンパない

アクション監督は女性をワイヤーで飛ばすのが大好きなチンシウトン(チャイニーズゴーストストーリーとかワンダーウーマンの監督)
さすがです
 
 
 
そんな感じで
「若かりしドニーイェン」大会しゅーりょー

;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ではまたー

| | コメント (2)
|

2017年2月15日 (水)

京都御室の転法輪寺に行って来ました(*゚▽゚)ノ

京都新聞に

【涅槃図、修復終え1日から初公開 京都・転法輪寺】

京都市右京区龍安寺の転法輪寺は2月1日から、修復が終わった所蔵の涅槃図(ねはんず)を初めて一般公開する。

 涅槃図(縦5・4メートル、幅3・9メートル)は1764年の作。同寺で代々保存してきたが、カビが生えるなど損傷が目立つようになったため、1年半かけて修復した。

 涅槃図には、弟子たちが釈迦(しゃか)の死を嘆き悲しむ様子や、サイや獅子などの動物が色鮮やかに描かれている。一般の人にも見てもらおうと、釈迦が入滅した旧暦の2月15日に合わせて、2月からの一般公開を決めた。

 兼岩和広住職(46)は「間近で涅槃図を見る機会はなかなか無いと思う。迫力ある様を見てほしい」と話す。

 26日まで。各日午前10時~午後4時。12日は休み。特別拝観料が必要。問い合わせは同寺TEL075(464)2668

という記事が載っており

まぁこの涅槃図だけやとそんなに気にはならへんかってんけど

何やら御室大仏と呼ばれる阿弥陀如来像があるとのことで
そちらがすごく気になって行ってみた次第である(*゚▽゚)ノ

正面はこんな感じ
K0011896

新聞に載っただけあって
平日なのに思ったより人来てた

写真撮影OKとのことなので
ざっと遠景だけ撮ってみた

涅槃図は定番な感じですね
けっこう色々なお寺がでかいの持ってるし
もっとでかいの見たことあるんで
まぁ普通かなーって感じ
K0011894

さて阿弥陀様はこんな感じで
K0011895
見た感じ
丈六よりちょっと大きいぐらいかなーと思ったけど
パンフによると座高が二丈四尺あるらしいんで
実はけっこうでかい

奈良の大仏に比べたら小さいけど丈六を越えてるんで
確かに大仏である

やはりでかいと迫力あるねー

帰りに甘茶の御接待をしたはって
ありがたくいただきました

味がちゃんと甘茶の味してた

このお寺で栽培したはるんですか?
と聴いたら
栽培はしてないらしい

どっかで売ってるんかな

しかしアマチャって植物も不思議やねー
葉をそのまま食べても全く甘くないのに
発酵させると甘くなるという

公開は26日までらしいんで
見たい人は早めに行きましょう

| | コメント (0)
|

2017年2月 7日 (火)

第74回京都映画サミット開催のお知らせ

来る
2月18日土曜日
第74回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のテーマは
ローグワンにも出て世界制覇なしとげた感のある
「ドニーイェン」(甄子丹)
です

Dneey
(写真引用元 http://cosmic-toybox.com/wp-content/uploads/2016/03/dneey.png)

リーリンチェと同じ武術学校の後輩で後を追ってデビューするも
リンチェほどは人気が出ず
(当時、ドニーは男人気しかなく、逆にリンチェは女性人気も高かった気がします)
香港で地味に活躍していたが
近年大ブレイク
リンチェやジャッキーがアクションから撤退する中
ホンモノのアクションを見せてくれる貴重な存在になりつつある

香港を土台に映画を作り続ける気概や
リンチェが出ちゃったエクスペンタブルを、その他大勢じゃヤダって蹴った話もカッコイイ!

今回は主に
自分で映画制作会社をたちあげ製作・監督・主演をこなした

「ドラゴン危機一発'97」

「新・ドラゴン危機一発」

「ドニー・イェン COOL」

を中心に

ドニーイェンの足跡をたどりたいと思います

他にもいちおう
「ドラゴン・バーニング」
「ドニー・イェン邪神拳」
「ドラゴン・イン」
「新流星蝴蝶剣」
とかあります
 
 
 
いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするもの持ち寄りです
また
スペースの都合上
先着10名様までとなっております

それでは参加希望
お待ちしております

| | コメント (1)
|

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »