« 第69回京都映画サミット開催のお知らせ | トップページ | 第70回京都映画サミット開催のお知らせ »

2016年9月18日 (日)

第69回京都映画サミット「レア・ゴジラ」大会

第69回京都映画サミット「レア・ゴジラ」大会
 
無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ

「怪獣王ゴジラ」
K0011668

ファーストゴジラをてきとーカットしておいしーとこだけ抽出
別に撮ったアメリカ人俳優(鬼警部アイアンサイドの人らしい)のシーンを挿入して作った
アメリカ編集版ゴジラ

どうやら今のところゴジラファイナルBOXの特典ディスクとしてしかDVD化されていないようだ

まぁコレ
エンターテイメントに徹してるというか

アメリカ人が主人公でないとウケないからアメリカ人を出す
ダラダラした長い話はカット単純な話にする

全体の長さも元が97分なのに対し81分でサクサク進み
ゴジラもサクサク出てくるし
事件もサクサク解決する
超観やすい!(゚▽゚*)

その分、核や原子力に対する問題提起や
人間の都合で生物を殺す重み
なんてのはなくなってしまっているけどねー

ある意味シンゴジラの作り方はコレに近いかもしれない

しかし、面白くないかというとそそうでもなく
味がないだけでエンターテイメントとしては面白いし
特に元のゴジラを観てると
追加撮影分がツッコミどころ満載なので
ツッコミながらけっこうう楽しく観れる

日本語のヘタな日本人がやたら出てくるし

河内桃子を英語に吹き替えて違う台詞話させたり
偽河内桃子の後姿を使ったりして
主人公アメリカ人とからませて
尾形、芹沢との四角関係を匂わせたり

けっこう無理矢理な追加撮影・編集をして
一生懸命からませているのが笑える

これはこれでゴジラを語る上では見ておきたい映画だ
 
 
 
「Gojira DVD SAMPLER」
K0011666
K0011667
川合さんが持って来てくれた
アメリカのSF見本市みたいなんで配布されたらしいDVD

アメリカ版ゴジラの予告編
日本版ゴジラの予告編などが入っている

この予告編を見比べるのがなかなか面白い
かなり顕著な違いがあり

日本版予告編が
ゴジラ自体は見せないように見せないようにチラ出ししながら
「ハリウッドを越えた!」とか大げさな煽り文句だけで盛り上げている

のに対し

アメリカ版予告編はゴジラが暴れまくる
おいしいところを凝縮して全部見せちゃうという

日本はストリッパーが脱ぐ脱ぐゆーて
結局脱がないで「はいここまで!」
みたいなのに対して

アメリカはいきなし脱いで
ボーン!ドカーン!予告でも大サービス!

みたいなー
 
 
 
「流星人間ゾーン」
K0011669
かつて東宝が作っていたウルトラマン的テレビ番組
数々の怪獣着ぐるみが使いまわされており
ゴジラだけでなく、キングギドラやガイガンも出てくる

いちおーDVD-BOXが出ている

ゾーン星がガロガ星人に破壊され地球に亡命して来たゾーン一家が地球人を巻き込んでゾーン星人と戦い続ける物語
変身できるのはゾーン一家中、長男・長女・弟の三人、巨大化できるのは長男だけだ

戦隊モノや仮面ライダー、そしてウルトラマン
あらゆる番組のいいとこどりをして
テンポもよくまとめた、かなりの娯楽作

特撮もさすがにがんばっていて
カメラワークもかっこよく
巨大怪獣と巨大ゾーンが戦うシーンもなかなかの迫力

主題歌も子門 真人で心に残るいい曲だ
戦闘シーンの挿入歌としても流れなかなか燃える

ただ何を考えて作ったのか
設定やストーリーはゆるゆるの超頭の悪い感じで

ウルトラマンみたいにカラータイマーが光って時間切れピンチになるけど
実はすぐに充電できるとか

飛行機で移動するときと人間のまま飛んで移動するときがあるのだが
使い分けが全く分からず飛行機の意味があるのか?とか

弟ゾーンの身代わりにラジコンヨットが目に刺さって失明した少年が手術の際
すぐにうちの子の網膜を移植してください!うちの子はすぐに再生しますんで!とか
ゾーン父さんが言ったり

巨大化したゾーンのビームより
ちっこいままの弟ゾーンのビームの方が強力やったり

巨大ゾーンの必殺技がどんどん増えていったり

なんか娯楽のためならなんでもいいやーみたいなところが
今観るとそれはそれでツッコミどころ満載で楽しかったりするんやけどー;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

さて、問題のゴジラ登場の回だが

ゴジラはかなり終盤まで出てこない
巨大ゾーンがピンチになって始めて出てくる

実は弟ゾーンがゴジラの連絡先を知っており
連絡したら数分で走ってくるという…(=゚ω゚=;)

そして
ゴジラはすばやい(゚∇゚|||)
ゴジラはボクシングフットワークを見せる(゚∇゚|||)
ゴジラはプロレス技を使う(゚∇゚|||)
ゴジラは追い討ちをかける(゚∇゚|||)
ゴジラは巨大ゾーンが優勢になるといつの間にか消える(゚∇゚|||)

いやー
さっきのっそのっそ歩くファーストゴジラを観たとこやったんで
かなりの衝撃やったわー(*゚▽゚)ノ

いやーサービス心がすごいね
アメリカ版ゴジラ並み!

いろんな意味で今回
流星人間ゾーン」が一番おもしろかったかもー(゚▽゚*)
 
 
 
「ゴジラアイランド」
1997年~テレビ東京で放送された番組で
ゴジラ全映画DVDコレクターズBOX(1)に映像特典として付いていた

正直全く面白くない

特撮って言っても
ソフビ等のおもちゃのゴジラを手で動かして撮影してるレベルで
僕でも作れそうな内容

五話入っていたが
全く話がなく、話も進まないという

2巻を買って続きを見たいという気に全くさせないところがすばらしい…(;・∀・)
 
 
 
そんな感じで
「レア・ゴジラ」大会しゅーりょー;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ではまたー

|
|

« 第69回京都映画サミット開催のお知らせ | トップページ | 第70回京都映画サミット開催のお知らせ »

京都映画サミット」カテゴリの記事

コメント

流星人間ゾーンで
家族が目の前まで助けに来ているにもかかわらず、まったく家族を信用せず「ゴジラを呼んでくれー」って言ってゴジラに助けを求めた挙句、その後の展開もやっぱりゴジラに全部持ってかれてしまうゾーン一家が個人的にツボでした。

投稿: ベジ太 | 2016年9月19日 (月) 午後 10時35分

まぁ都合優先な脚本で
ゴジラを出すってのが最優先された結果やねー
 
あの脚本のゆるさが今観ると逆にいいねー
 
アクションも
やられ役はうまいけど
主人公は足上がってねーしー
 
いたるとこゆるゆる
 
癒し系やねー(◎´∀`)ノ

投稿: 万物創造房店主 | 2016年9月20日 (火) 午後 02時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第69回京都映画サミット開催のお知らせ | トップページ | 第70回京都映画サミット開催のお知らせ »