« 「シン・ゴジラ」観に行って参りました(*゚▽゚)ノ | トップページ | 第69回京都映画サミット開催のお知らせ »

2016年8月28日 (日)

第68回京都映画サミット「エロティック ゴーストストーリー」大会

第68回京都映画サミット「エロティック ゴーストストーリー」大会

無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ

当時、大ヒットした「チャイニーズ ゴーストストーリー」に乗っかった三級片ということで
僕も昔観たはずなんですが内容を全く覚えていない
覚えていないってことはもしかして、全く面白くないんじゃないかと心配しましたが
今回観た三作ともそれぞれ味があって楽しめました

ただ、三作ともひとつのカラミシーンがやたら長く、ダレる
もうちょっと短めにして軽快な展開にすればもっとよかったのになー(;;;´Д`)ゝ

まぁそのままカラミシーン削ると1時間ぐらいの小品になっちゃいますけど…(^-^;

そういや監督さんなんですが
ビデオには一作目 周震東(ツァオザントン)、二作目 放志君、三作目 周震東(ツァオザントン)
wikiには一作目 藍乃才(ラン・ナイチョイ)、二作目 陳麗英(ピーター・ニョール)、三作目 黎繼明(ガイ・ライ)
allcinemaには一作目 周震東(ツァオザントン)、二作目 陳麗英、三作目 周震東(ツァオザントン)
となってますが
さて、どれが正しいんでしょーねー( ̄◆ ̄;)
 
 
 
一作目
「真説エロティック ゴーストストーリー艶魔大戦」

ジャケにはゴーストと書いてあるが
見た感じどう見ても仙人系な三姉妹が主人公

「チャイニーズゴーストストーリー」に乗っかろうとして
タイトルにゴーストを入れるため
勝手に設定をゴーストと書いちゃった気がする

冒頭、三姉妹を強姦しようと襲った男たちが女を抱いてると思ったら
全部ゲロ吐く死体に変わっちゃうというコメディホラータッチのつかみはいいものの
前半その後、三姉妹が三姉妹とも同じ男と関係を持っちゃうんやけど
そのカラミだけで半分ぐらいまでひっぱる

ここがダラダラしてつらい

しかし、そこを越えると一気に急展開!
実はその男は魔王で
急に三つ首になって、女の人をガブガブ食べちゃう!

それを見た三姉妹と魔王のバトルが勃発!

なんかアホっぽいんやけど
ゴールデンハーベスト(香港大手の映画会社)が作ってるだけあって
ワイヤーアクションも特撮もなかなかしっかりしてるんで
なかなか面白い

編集して二作目と合体させて90分に収めたら名作になったかもかもー
 
 
 
二作目
「真説エロティック ゴーストストーリー覇王ウーチェンの逆襲」

前作で死んだ魔王が転生して復活したときに恋に落ちた人間の女性が天使に殺され
その女性が転生して、また魔王と巡り会うという
ややこしい恋物語

冒頭、一作目の解説とエロシーンダイイシェストで客をつかもうとするも
正直コレいらんわ
魔王が一作目の転生である必要性皆無やしー

それやったらもうちょっと
天使に殺されるまでの魔王と人間女性との恋をきちんと描いてほしかった
ここいらあたりも一作目のダイジェストと同じ流れで
語りとダイジェストでさっさと終わってしまう

しかし、魔王役のアンソニーウォンすげーわ
ブレイクする前とは言え
この役を完遂してるところに役者魂を感じた

アンソニーウォンファンは必見やね
裸もいっぱい出てくるし

あ、日本から出張した一条さゆりもなかなか出番多くて
いい味出してます
僕は神代辰巳監督の「一条さゆり 濡れた欲情」でしか知らないけど

「1972年に引退するまで公然猥褻罪で9回検挙されている。また、引退興行にて大阪府警に猥褻物陳列罪で逮捕され、「ストリップは大衆娯楽、猥褻にはあたらない」として最高裁まで争うも懲役1カ月が確定、和歌山刑務所へ収監された。」

ってのがかっこいいですね

音楽は何か80年代って感じなんやけど
その場面に合ってるのか合ってないのかさっぱりわからない独特のセンスで
なんか曽根宙監督をふと思い出した次第

セットや演出も色々面白いし
僕は三作中、一番独特で気に入ったかなー
前作より金もかかってるしー

ラストの水中バトルも役者さんがんばったなーって感じです
 
 
 
三作目
「真説エロティック ゴーストストーリー劇場版」

話は全く前二作と関係なくこれは全く続編じゃないですね

剣士が女の色香に迷い魔界に行って
魔王を殺すように仕向けられるやけど
実は時期魔王の座を狙う妖女の陰謀やったという

冒頭からなかなかのカンフーアクションを見せてくれて
前二作より資金も潤沢にある感じを受ける

相変わらずカラミシーンは長いけど
ワイヤーアクションも特撮もなかなか凝っていて
なかなかの映画だと思う

音楽もなんかすごくまっとうなカッコイイ音楽が流れる

劇場公開されただけあり
三作中映画としてのクオリティーは一番高いと思う
 
 
 
んな感じで

結局、三作とも
カラミの長さによって作品がダレてしまっているのが残念ι(´Д`υ)
そこをなんとかすればもっと評価されて売れたかもしれないのになー

そういや今回観たのは全部VHS版やねんけど
これまた時代やろうけどモザイクがアホほど入るんですなー

入れる必要ないやろーってなところまで…

ほんま毛が写ってる写ってないで逮捕したりしてた時代って
アホなことやってたなーとつくづく思います

それに対して今出てるDVDは
ヘア無修正らしいんで
あのウザイモザイクがないのだろうなー

一度観てみたくもあるが、ちょっと値段が高い…(;´д`)

誰か買って貸してー(*^ω^*)ノ

|
|

« 「シン・ゴジラ」観に行って参りました(*゚▽゚)ノ | トップページ | 第69回京都映画サミット開催のお知らせ »

京都映画サミット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「シン・ゴジラ」観に行って参りました(*゚▽゚)ノ | トップページ | 第69回京都映画サミット開催のお知らせ »