« 第56回京都映画サミット「アレックス・デ・ラ・イグレシア監督」大会 | トップページ | 第57回京都映画サミット「食人映画」大会 »

2015年9月 7日 (月)

第57回京都映画サミット開催のお知らせ

来る
9月12日土曜日
第57回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のテーマは
ベジタリアンであるベジ太くんの切なる要望により
「食人」ですヽ(´▽`)/

ベジタリアンで食人かよっ!(*`ε´*)ノ
ってツッコミたくなるのが人間てものですが

よく考えてみれば
ベジタリアンとはいえ
自分の口内や食道の皮膚片は食べているので
人肉はOKにしとかないと
口内や食道をコーティングして肉片が剥がれないようにでもするしかなくなりますし
人肉OKなのは当たり前のような気もします

少なくとも自分の肉はOKと

あらためて考えてみると
僕も唇が荒れてとれた肉片とか
今まで生きてきて何かしら自分の肉片は食べていますね

昔聞いた話では
ムツゴロウさんも人肉食べてみたくて仕方なくて
犯罪にならないように自分の肉を食べてみたらしいですし

遭難して人肉食べて助かったなんて話があったり

友達の嫁によると
産院によっては産後の胎盤を食べさせてくれるところもあるとかいう話で

案外みんなふつーに人肉食なのかもしれません

さて
そんなわけで
手持ちの映画を探してみると
あるある
いっぱいある人肉関係

仕方がないのでまず
人肉を食べるシークエンスがあっても
それをメインに据えてない映画
例えばサランドラ、ヒルズハブアイズとかクライモリとか
そこいらへんは外して
タイトルに「人肉食」がバーンと売りにされてるやつ限定ということにしました


それでもまだまだあって
ざっとピックアップしただけで25本になりました
Σ(・ω・ノ)ノ!

仕方ないので
今度は人食族系と単なる人食系に分けますと
食人族系10本(食人族も案外作られてるなぁ…)
食人系15本
となりました

これでもまだ多いので
さらに香港アジア食人系とその他食人系に分けますと
食人族系10本
香港アジア食人系7本
その他食人系8本
となり

まぁこんなぐらいの分け方でいいかなーと…

ちゅーわけで今回は「その他食人系」をテーマとします
残りはいつかまた…

「アメリ」の監督が作ったオシャレ?人肉映画「デリカテッセン」
ベトナム戦争時に食べた人肉の味が忘れられず食べちゃう食人系ランボー「地獄の謝肉祭」
食人鬼のいる島に行っちゃった「猟奇!喰人鬼の島」
スターをファンの美少女が食べちゃう「トランス愛の晩餐」

あとWHDががんばって出してるビミョーなシリーズ
「人肉食堂とむらいレストラン」
「カンニバルマン精肉男の殺人記録」
「フライトメア恐怖人喰い女達の晩餐」
「ザ・コールド人肉嗜食者達の晩餐」

がありますです

いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするものです

また
スペースの都合上
先着10名様までとなっております

それでは参加希望
お待ちしております

|
|

« 第56回京都映画サミット「アレックス・デ・ラ・イグレシア監督」大会 | トップページ | 第57回京都映画サミット「食人映画」大会 »

京都映画サミット開催のお知らせ」カテゴリの記事

コメント

フランク・マーシャル監督
イーサン・ホーク主演
「生きてこそ」(1993)
 
イケ面起用の
「後味さわやか感動系人肉映画」
も"食後のデザート"にでもだうぞ!
(≧ε≦)/

投稿: kuroneko | 2015年9月10日 (木) 午後 11時42分

あー忘れてましたー

「生きてこそ」と「ラビナス」もラインナップに加えましたー

投稿: 万物創造房店主 | 2015年9月11日 (金) 午後 11時26分

それから
「生きてこそ」の実際の生き残った人たちにインタビューした
ドキュ「アライブ 生還者」もありましたー

投稿: 万物創造房店主 | 2015年9月12日 (土) 午後 02時49分

「ホラー喰っちまったダ!」もプラス

どう考えても見切れないねー

投稿: 万物創造房店主 | 2015年9月12日 (土) 午後 06時31分

僕は人肉食とかそういう事はしたいとかはありませんけど

ベジと人肉食というのは意外とありえる組み合せかもしれませんよ。

ベジの理由は色々あれど、突き詰めて行けば「殺生をしない事」
でも考えようによっては、生態系を外れて命の危機も感じず生きて、何も考えず他の生物の肉を食い、のうのうと生きる人間を見て腹が立つベジタリアンもいるかもしれません。

そこで生態系から外れた人間を他の生物の代わりに人間限定で自分が食ってやろうとなるわけですね。

そして食欲を満たせないイライラとベジ以外の人間へイライラが混ざり合っておかしな方向に向かって行くと。

っていうのを映画化したら売れるかな

投稿: ベジ太 | 2015年9月16日 (水) 午後 12時23分

「殺生しなければいい」となると
例えば
デブの人が痩せたいときに切り取った脂肪を
ベジの人向けに売れば
一石二鳥
 
 
>っていうのを映画化したら売れるかな
 
っていう映画を作ろうと思ったら
狂ったベジタリアンに映画関係者が次々に惨殺される
映画を作ったら売れると思います

投稿: 万物創造房店主 | 2015年9月16日 (水) 午後 08時17分

よく見れば
 
「ベジタリアン」と「エイリアン」って
なんとなく音が似ている
 
宇宙船の中でベジタリアンに一人ひとり襲われて殺されていく映画もアリやねー
 
2はベジタリアンが大量発生して戦争になるの

投稿: 万物創造房店主 | 2015年9月16日 (水) 午後 08時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第56回京都映画サミット「アレックス・デ・ラ・イグレシア監督」大会 | トップページ | 第57回京都映画サミット「食人映画」大会 »