« 第55回京都映画サミット「ジェニファーコネリー」大会 | トップページ | 第56回京都映画サミット「アレックス・デ・ラ・イグレシア監督」大会 »

2015年8月17日 (月)

第56回京都映画サミット開催のお知らせ

来る
8月29日土曜日
第56回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のテーマは
「アレックス・デ・ラ・イグレシア監督」です
04_alex1

1965年にバスク地方のビスカヤ県・ビルバオに生まれ、デウスト大学で哲学の学位を取得した後、漫画家やテレビ界で働いていたこともあった。1993年、ペドロ・アルモドバル監督のプロデュースによる『ハイル・ミュタンテ! /電撃XX作戦』で長編デビューし、1995年の長編第2作『ビースト 獣の日』ではゴヤ賞で6部門を受賞。1999年の『どつかれてアンダルシア (仮)』はスペイン国内で『タイタニック』を上回る興行収入を記録した。

2009年6月にはゴヤ賞を主催しているスペイン映画芸術科学アカデミー(映画芸術科学アカデミーの支部)の会長に就任したが、映画の違法ダウンロードなどに関するシンデ法との意見の相違により、2011年のゴヤ賞授賞式後の2011年2月に辞任した。2010年、スペイン内戦とフランシスコ・フランコ独裁政権末期を背景にした『気狂いピエロの決闘』はヴェネツィア国際映画祭の審査委員長を務めたクエンティン・タランティーノに絶賛され、銀獅子賞(監督賞)と金オゼッラ賞(脚本賞)を受賞し、ゴヤ賞では特殊効果賞やメイクアップ賞やヘアスタイル賞を受賞している。2013年には『スガラムルディの魔女』は2014年度ゴヤ賞で最多8部門で受賞し、スペイン国内では70万人以上の観客動員を記録した。2014年6月、イグレシア作品の常連である女優のカロリーナ・バングと結婚した(wikiより)

フィルモグラフィ
ハイル・ミュタンテ!/電撃XX作戦 Acción mutante (1993) 監督・脚本
ビースト 獣の日 El Día de la bestia (1995) 監督・脚本
ペルディータ Perdita Durango (1996) 監督
どつかれてアンダルシア (仮) Muertos de risa (1999) 監督・脚本
13 みんなのしあわせ La Comunidad (2000) 監督・脚本
マカロニ・ウエスタン 800発の銃弾 800 balas (2002) 監督・脚本・製作
スパニッシュ・ホラー・プロジェクト ベビー・ルーム Films to Keep You Awake: The Baby's Room (2006) 監督
オックスフォード連続殺人 The Oxford Murders (2008) 監督・脚本・製作
気狂いピエロの決闘 Balada triste de trompeta (2010) 監督・脚本
刺さった男 La chispa de la vida (2011) 監督
スガラムルディの魔女 Las brujas de Zugarramurdi (2013) 監督・脚本

この前、同監督の新作「スガラムルディの魔女」を観たんですが
05_alex
これが予想以上に面白かったので
これはサミットで取り扱っておくべきと判断しました

現在の手持ちは

どつかれてアンダルシア (仮)
13 みんなのしあわせ
マカロニ・ウエスタン 800発の銃弾
スパニッシュ・ホラー・プロジェクト ベビー・ルーム
オックスフォード連続殺人
気狂いピエロの決闘

です

ほんまは初期作品作の
ハイル・ミュタンテ!/電撃XX作戦

ビースト 獣の日
を観たいんですが
持ってないのです

しかもビデオは高値になってます
残念
三作目ペルディータは持ってる気がしてたんですが
今のところ見つかってません…

いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするものです

また
スペースの都合上
先着10名様までとなっております

それでは参加希望
お待ちしております

|
|

« 第55回京都映画サミット「ジェニファーコネリー」大会 | トップページ | 第56回京都映画サミット「アレックス・デ・ラ・イグレシア監督」大会 »

京都映画サミット開催のお知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第55回京都映画サミット「ジェニファーコネリー」大会 | トップページ | 第56回京都映画サミット「アレックス・デ・ラ・イグレシア監督」大会 »