« 勝新初監督作品「顔役」を観に行って来ました!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ | トップページ | 今年の祇園祭は後祭がちょっと豪華になりました »

2014年7月22日 (火)

「オール ユー ニード イズ キル」を観に行って来ました!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

Allyouneediskill
なにやら
日本の桜坂洋によるラノベ
『All You Need Is Kill』が原作のハリウッド映画ってことで
(少し前に小畑健が絵を描いて漫画化もされているらしい)
気になったので
観に行って来ましたー
;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

公式HP

23時過ぎからのレイトショーで
誰もいないかと思ったら
意外に30人ぐらいいました

しかしレイトショー
消費税アップと同時に1300円になったんですね
映画の日の1100円といい
便乗値上げも甚だしい
よけい映画館行く気なくしますよね

1000円でハリウッドのDVD買えて
そこそこでかい画面
そこそこいい5.1ch音声で
観られる昨今
BR上映とか
客なめてると痛い目みるんじゃないのかなー

まぁでも
なかなか面白かったですよね

映画版は
主人公が 青年→おっさん(トムクルーズ)
ヒロインが 黒髪美少女→マッチョおねいさん

色々アメリカ的に変更されてるみたいですが
ストーリーは
やはり日本人が考えたっぽい感じがしました

そうテーマはまさしく
「覚えゲー」
ですね

死んだらリセットされる世界で
どうやってハッピーエンドを目指すか…みたいな

原作者絶対ゲーマーです(・∀・)

昔のゲームってみんなそやったねー
「アールタイプ」とか
「最後の忍道」とか
死んで死んで攻略法見つけて
みたいなー

ゲームではそれを逆手にとったのに
「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」とかありましたねー
あれは世界が7日間で終わるかなんかで
何しようがとりあえず7日たつとゲームオーバーなんです
それを何回も繰り返して
だんだん状況を変えていく感じ

アニメでは
劇場版「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」が
延々と学園祭前日を繰り返してました

映画では
「ラン・ローラ・ラン」がありましたね
こいつは3回繰り返すだけですけど

最近では
「一週間フレンズ」なんかも
ヒロインの記憶が一週間でリセットされるのを
主人公がどうやって恋愛を発展させていくのか
みたいな
ひねったループ設定でなかなか面白かったです

そんな感じで
ループネタは日本では特に使い古されたネタでもあるので
どうストーリーをからめていくかが一番重要なのですが
それがなかなかいい

この先どうやってクリアすんの?
みたいな興味を常にかき立てられてる状態で
繰り返し部分はサクサクカットして
どんどんテンポ良く進んでいく作りがとても気持ちよかったです
(ゲームクリア感?)

このあたり
さすがハリウッドって感じです

ただハリウッドだけあって
メカやエイリアンデザインに既視感があるし
撮り方もオーソドックス
音楽もオーソドックス
何かとフツーで全く心に残らない
そのあたりのオリジナル性の低さが残念ですね

ま、でも一度観てもいいかも
ぐらいの面白さはありますよ(*゚▽゚)ノ

|
|

« 勝新初監督作品「顔役」を観に行って来ました!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ | トップページ | 今年の祇園祭は後祭がちょっと豪華になりました »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝新初監督作品「顔役」を観に行って来ました!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ | トップページ | 今年の祇園祭は後祭がちょっと豪華になりました »