« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月の5件の記事

2014年7月25日 (金)

今年の祇園祭は後祭がちょっと豪華になりました

今まで17日にまとめて山鉾巡行やってたのが
今年から前と後ろに分けられまして
24日の環幸祭でも巡行が行われるっちゅーことで
どんな感じになるか気になったので
今年は後祭中心に
ちょいと店を閉めてウロウロしてみました

まず後祭宵山(23日夜)

20時半ぐらいから行きましたが
思ったよりたくさんの人出

もっと先祭宵山に片寄るかと思ってたんですが
まぁまぁの人
でも屋台がないので道が広くて歩き易い感じ

まず、うちから北観音山へ
K0010574
すると
ちょうどNHKの番組が生放送をやってまして
なんと栗山千明ちゃんを生で見れちゃったのでした
ヽ(*≧ε≦*)
1メートル50ぐらいの距離で!

残念ながら写メは禁止だったのでなしですが
とりあえず
朝顔柄の浴衣がめっちゃ似合ってて
かわいかったです

テレビでの印象はもっとごっつい感じがしてたんですが
予想よりちっちゃくカワイイ・キレイ
顔が隣のアナウンサーの人の半分しかなかったです

番組が終わって栗山千明ちゃんが帰っちゃったので
次は南観音山へ
K0010575
そして
今年初めて参加の大船鉾へ…

行くと
そこだけ大混雑Σ(゚д゚;)

立ち止まったらダメで
写メもいいの撮れませんでした…
(´;ω;`)
K0010577

さて
目的の大船鉾も栗山千明ちゃんも見れたので
あとはぶらぶらと帰りました
 
 
 
そして次の日(24日)

朝9時半~巡行

9時半スタートなので
それくらいに行けばいいかと思ったら
行ったらすでに御池通に全部の山鉾が出ていました

しまったー
\(;゚∇゚)/

ほんまは
新町通りから出て来て御池通で辻回しして
スタート地点の烏丸御池に向かうところが見たかったんですー

来年はもっと早く来よう
(;ω;)

しかたないので
まっすぐ動く大船鉾だけ撮影
K0010583
動画はゆーちゅーぶ

帰って店を開け

今度は巡行終了後に出る環幸祭の御神輿を
夕方から観に行きました

まずは神泉苑前

6時半過ぎに迎え太鼓の響きとともにやって来ました
動画はゆーちゅーぶ

その後
神泉苑住職と八坂神社神主によるコラボご祈祷が行われ
K0010585

再び御神輿出発!
ゆーちゅーぶ動画

その後、御神輿は三基とも
三条商店街にある御供社へ行って休憩した後
八坂神社へ向かって出発するので
さらにそちらへ移動して見物
K0010587

ゆーちゅーぶ動画

そこで
京都のご当地アイドルらしい三人がラジオ中継してたので
なんとなく撮影
K0010586
名前はPurpure
パープルかと思ったら
パーピュアと読むらしい…(゚ー゚;

公式ブログはこちら
ブログには8人しか載っていないが
現在12人いるらしい

まぁがんばってください…

そんなこんなで現在に至ります

何かと濃い昨日と今日でした…

ふぅ~

| | コメント (25)
|

2014年7月22日 (火)

「オール ユー ニード イズ キル」を観に行って来ました!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

Allyouneediskill
なにやら
日本の桜坂洋によるラノベ
『All You Need Is Kill』が原作のハリウッド映画ってことで
(少し前に小畑健が絵を描いて漫画化もされているらしい)
気になったので
観に行って来ましたー
;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

公式HP

23時過ぎからのレイトショーで
誰もいないかと思ったら
意外に30人ぐらいいました

しかしレイトショー
消費税アップと同時に1300円になったんですね
映画の日の1100円といい
便乗値上げも甚だしい
よけい映画館行く気なくしますよね

1000円でハリウッドのDVD買えて
そこそこでかい画面
そこそこいい5.1ch音声で
観られる昨今
BR上映とか
客なめてると痛い目みるんじゃないのかなー

まぁでも
なかなか面白かったですよね

映画版は
主人公が 青年→おっさん(トムクルーズ)
ヒロインが 黒髪美少女→マッチョおねいさん

色々アメリカ的に変更されてるみたいですが
ストーリーは
やはり日本人が考えたっぽい感じがしました

そうテーマはまさしく
「覚えゲー」
ですね

死んだらリセットされる世界で
どうやってハッピーエンドを目指すか…みたいな

原作者絶対ゲーマーです(・∀・)

昔のゲームってみんなそやったねー
「アールタイプ」とか
「最後の忍道」とか
死んで死んで攻略法見つけて
みたいなー

ゲームではそれを逆手にとったのに
「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」とかありましたねー
あれは世界が7日間で終わるかなんかで
何しようがとりあえず7日たつとゲームオーバーなんです
それを何回も繰り返して
だんだん状況を変えていく感じ

アニメでは
劇場版「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」が
延々と学園祭前日を繰り返してました

映画では
「ラン・ローラ・ラン」がありましたね
こいつは3回繰り返すだけですけど

最近では
「一週間フレンズ」なんかも
ヒロインの記憶が一週間でリセットされるのを
主人公がどうやって恋愛を発展させていくのか
みたいな
ひねったループ設定でなかなか面白かったです

そんな感じで
ループネタは日本では特に使い古されたネタでもあるので
どうストーリーをからめていくかが一番重要なのですが
それがなかなかいい

この先どうやってクリアすんの?
みたいな興味を常にかき立てられてる状態で
繰り返し部分はサクサクカットして
どんどんテンポ良く進んでいく作りがとても気持ちよかったです
(ゲームクリア感?)

このあたり
さすがハリウッドって感じです

ただハリウッドだけあって
メカやエイリアンデザインに既視感があるし
撮り方もオーソドックス
音楽もオーソドックス
何かとフツーで全く心に残らない
そのあたりのオリジナル性の低さが残念ですね

ま、でも一度観てもいいかも
ぐらいの面白さはありますよ(*゚▽゚)ノ

| | コメント (0)
|

2014年7月15日 (火)

勝新初監督作品「顔役」を観に行って来ました!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

京都文化博物館で

レア映画
「顔役」をやるので
観に行って来ました!;:゙;`(゚∀゚)`;:゙

さて
冒頭から賭場がドキュメンタリータッチな手持ちカメラで
アップになったり引いたり
なめたり
色々な角度から映し出される

しかし、どうも映ってる人たちが役者っぽくない…
なんかコレほんまの賭場じゃないの?
と思って後で調べたら

全員山口組の構成員の方々でした…
(;゚∇゚)/

そりゃーリアル

そう、リアル感を出すために
勝新は山口組にお手伝いを頼んでいたのでした…

ロケもなるべく現地で行ったり
ストリップ嬢もホンモノを使ったり
何かとリアル嗜好なのでしたー

そして
カッコイイ音楽が警察の手入れ突入と共に流れ出し
なんだかんだした後
キューピー人形が車がぴゅんぴゅん走る道路に落ちてるのをクローズアップして
「顔役」のタイトルがバーンって…

(゚д゚;)いやーかっこいいわ

音楽もハモンドオルガンと歪んだファズギターの効いた70年代ジャズロックって感じでカッコイイ
ちょっとサントラ欲しくなったねー
存在してなさそうやけど…

座頭市の勝新監督作品は
映画版・テレビ版といくつか観てたので
そこそこ斬新な演出・カメラワークは予想してましたが
今回はそれ以上

なかなかいい!

いいけどねー

アレですね

しつこくやり過ぎなの

最初から最後までずっとおもしろカメラワークで休憩どころがないっちゅーか
緩急がないっちゅーか

とりあえず
画面がアップな状態でやたらグリグリ回したり、揺らしたりするから
観てるのがしんどい…

人によっては酔うなこれは…

まぁ他の方々が感想で書いてるように
展開がわからなくなるほどではなかったですけどね

そんな感じなので
まぁまぁ面白かったにもかかわらず二回目観る気が起こらないのです…
(;´д`)

それと展開が実録系なのか娯楽系なのかがどっちつかずで
ストーリーも中途半端で凡庸な感じでおさまっちゃって
そのおかげでラストの組長殺しもさほどカタルシスないんやんねー

あの組長殺しシーンもなかなかかっこよかったんやけどねー
ちと残念

勝新を慕う部下の前田吟が惨殺されたりしたらもっとカタルシスあったかもかも

あと
信用金庫の支店長が家族ごとヤクザに交通事故死させられる場面
ミラーパキッてアイデアはなかなかよかったけど
こじんまりしてて大事故感がちょっとなかったなぁー
あそこはカメラ投げてほしかった
子ども視点ぐらいでフロントガラスに向かってグワーン!グチャグチャーって

ま、
なにかとアイデアに溢れる映画でしたが
アイデアに頼りすぎて残念な部分も多い映画でした…

| | コメント (2)
|

2014年7月13日 (日)

第43回京都映画サミット「スーザン・ジョージ」大会

第43回京都映画サミット「スーザン・ジョージ」大会
無事終了!

今回
参加人数が少なく
開けてみると
いつも普段からよく集まるメンバーマイナス1
という
全く新鮮味のないメンバーだったので
結局2本観て終わりました…
(;・∀・)

観たのは
「わらの犬」

サムペキンパー監督
暴力映画の傑作といわれながら現在なぜかDVD廃盤
海外ではとっくにブルーレイも出てるのに…
もしかして
少女殺しちゃう知恵遅れの青年が出てくるから…とかいう理由じゃないよね?

リメイクも存在するが
たぶんリメイクはしょーもない

ペキンパーとダスティンホフマン、スーザンジョージっていうスゲー組み合わせにゃ
よっぽどじゃないと勝てねぇーよ

前半、引っ越してきた新婚夫婦が
ゆったりと田舎DQN家族のイヤーな雰囲気に包まれていく
このあたりの焦らした感じの気持ち悪さもなかなかいい

スーザンジョージのちょいエロシーンがちょこちょこ挟まれ
ついに強姦!でもちょっとスーザンジョージが乗り気
このあたりの機微、うまいねぇー
スーザンジョージ たいして露出してないのにエロい!

強姦シーンのバシッってなぐられるとこがストップモーションカットインでやたらカッコイイのも
さすがペキンパーって感じ

で最後、一人殺しちゃったのを機に泥沼の殺し合いが始まり
カッコイイ編集とストップモーションで緊張感ある暴力の応酬がダダダーっと雪崩のように
いやーすごい!
ぺきんぱー!

ダスティンホフマンも頼りない大学教授から豹変、殺す殺す
このあたりも変化もうまいねぇー、急にカッコよく見えて来るしー
さすがダスティンホフマン

こいつは何回見ても面白いねぇー
 
 
 
「恐怖の子守歌 衝撃の夜・女子大生の異常な体験 肉惑ベビーシッタースリラー」

なんか
ダスティンホフマンがこの映画を観て
「わらの犬」の妻役にスーザンジョージを強プッシュしたらしいが
たしかに
スーザンジョージの脅えた演技、叫び声、そしてエロさ
どれをとってもすばらしい!
気持ちわかるねー!
名優は名優を知る!

スーザンジョージは冒頭からエロいピッチリ系ミニスカで
カメラがやたらローアングル
チラリ見えそうで見えないカメラワークがある意味すばらしい
んー「肉惑ベビーシッター」に偽りなし!

そうそう全般的にカメラワークが変に凝ってるねぇー
なかなか面白い
カメラワークに注目してるとけっこうなんじゃそりゃーって笑えるのが色々

ほんで
殺人鬼役の人もキチガイ演技がなかなかいい感じに気持ち悪いし
子役もいい感じにかわいい

ラストのオチも意外過ぎてビックリやし
「えーなんであんたー?!」みたいな…拳銃どこから…?

何かと味のある映画やねー

ただ話がありがちで、展開も凡庸なのが残念

強姦シーンがスッと飛んでしまうのも残念

強姦をもうちょっと陰惨に描いていればラストがひきたったのになぁ…

もうちょっとそのあたりがよければ「わらの犬」級の名作になったかもかも

| | コメント (2)
|

2014年7月 3日 (木)

第43回京都映画サミット開催のお知らせ

来る
7月12日土曜日
第43回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のテーマは
「スーザン・ジョージ」
wiki

たまたま
安くて最近買ったDVDがスーザンジョージが出てるヤツばっかりだったので…
(;・∀・)

ちなみにそのタイトルは
「マンディンゴ」
「恐怖の子守歌」
「危険な愛の季節」

ただ「マンディンゴ」はタラちゃんの「ジャンゴ」予習で観たので外して

間彩氏から借りっぱなしの
「わらの犬」

手持ちの
「ダーティーメリークレージーラリー」
「小さな目撃者」
を足せば
なんとか5本に
;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
いけますねー

そういや
第1回京都映画サミット第二部で観た
「ゴースト・イン・京都」も
スーザンジョージ出てますねー

なつかすぃー

ちゅーわけで

いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするものです

また
スペースの都合上
先着10名様までとなっております

それでは参加希望
お待ちしております

| | コメント (0)
|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »