« 第38回京都映画サミット開催のお知らせ | トップページ | オークションに出る旧日本軍モノ »

2014年2月18日 (火)

第38回京都映画サミット「トロマ映画」大会

第38回京都映画サミット
「トロマ映画」大会
無事終了!

今回は
中国人留学生のEちゃんが中国へ毒々里帰りしてたり
Fさんが「毒々ワイフの元へ帰ります」と書置きをおいて去ったり
Tっちーが後々の毒々試験のために休んだり
なんかで
ちょい人員少なめのサミットでした

さて今回観たのは

「悪魔の毒々ハイスクール」

放射性物質が漏れて
隣の高校の生徒たちがキチガイ暴力生徒になり
挙句は主人公とヒロインから出来ちゃった奇形児が大暴れ→学校崩壊という
トンデモ反原発映画

なかなかテンポも良く
ほどよくグロ
ほどよくエロ
バカさ加減もいい感じで
ヒジョーに楽しく観れる映画である

VHS版は86分なのだがDVDは完璧版で101分らしい
どんな場面が増えているか気になるが
増やしたことによってテンポが削がれてダメになってるパターンもあるので
そのあたりどうなのだろう…

このあと2と3も作られちゃうぐらいなので、けっこう売れたのだと思う
東電が福島で毒々ハイスクール映画祭とかやってくれたら超クールやなー
 
 
 
「トロメオ&ジュリエット」

のちに「ドーンオブザデッド」「スーパー!」を撮ることになるジェームズガン監督
トロマ社長と共同監督らしいんで
どこまでやったのかわからないですけど
オシャレな画面作りに
テンポのいい展開
気の利いたグロ
ほどよいエロ

お手本のような作りの映画です

この頃からうまい!(・∀・)

オチもいかにもトロマ風なヒデー感じのハッピーエンドでいいっ!
オチのオチ「フツーですやん!」って裏切り具合もいいっ!

トロマ映画の中ではかなり上位に入りますなー

顔がカワイイのかカワイクナイノカ
ビミョーなラインのジュリエットですが
体が超キレー!
特に微乳好きな人オススメです
ロミオはお腹タルタルですけど…(゚ー゚;

ロミオとジュリエットを現代に置き換えて映画化する試みは
「ウエストサイドストーリー」をはじめけっこうあるのですが
バズラーマン監督の「ロミオ&ジュリエット」と同じ1996年にこの映画が作られたのは果たして偶然なのか
わざとぶつけたのか…Σ(;・∀・)
 
 
 
「悪魔の毒々プラトーン」

トロマ的死体の散乱した飛行機の墜落現場から始まる冒頭がなかなかキャッチーだが
その後は素人のくせにやたらと強い助かった乗客のおっちゃん・おばちゃんが銃撃ちまくって
島にいたテロリスト集団500人ぐらい皆殺しっていうどーでもいい展開

全体的に銃器の発砲・弾着・爆破もかなり多く
ボランティアだとしても狩りだされた人数も相当な人数なので
トロマ映画の中では最も金のかかった映画なのではなかろうかと思うが
それを見せたいがためか
同じような銃撃シーンが長く、多いのでややダレるのが難点

トロマ的悪乗りも少なめで、面白さとしてはまぁまぁぐらいかなぁ…
 
 
 
「死神ランボー 皆殺しの戦場」

ランボーといえばランボーだし
タクシードライバーといえばタクシードライバーだし
イレイザーヘッドといえばイレイザーヘッド

冒頭のベトナムシーンからすでに
どうでもいいシーンが長く心配になるが
やはりどこまで行ってもどうでもいいシーンが
変な音楽に乗って垂れ流しされる
そして
ラストはやっぱりな大流血になってバーンと終わる

終わってみてハズレな方のトロマ映画かと思ってみたりもしたが
意外に心に残るのが不思議

あと30分ぐらいカットしてくれたらもっかい観てもいいかも…

|
|

« 第38回京都映画サミット開催のお知らせ | トップページ | オークションに出る旧日本軍モノ »

京都映画サミット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 第38回京都映画サミット開催のお知らせ | トップページ | オークションに出る旧日本軍モノ »