« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月の2件の記事

2013年6月23日 (日)

第30回京都映画サミット「キョンシー&レイプマン」大会

第30回京都映画サミット
「キョンシー&レイプマン」大会
無事終了いたしました

とりあえず子供好きなスーちゃんが来たので
まず「幽幻道士」を観始めました

子供のときに見たっきりでしたが
コレ、今見ても面白い
台湾製やけど
ワイヤーアクションも香港映画並みによくできています
編集が荒いながらも映画全体もよくできている
傑作です
おおまか設定はサモハンの作り上げた「霊幻道士」まるパクリですけど
子供たちの活躍でそれも気になりません
そして
やっぱ、テンテンちゃんかわいいー!
テンテンちゃん好きはコイツもチェッーク!

ちょっと歳いってからのテンテンちゃんなのが残念ですけど…
 
 
 
そして「幽幻道士2」
やってることは1と大差なく
キョンシーモノの話の広がりに限界を感じる
そして映画的にもパワーダウンしている
チビクロとデッパが変わっちゃってるのもガッカリ

でも
当時の子供たちが驚愕した
(lll゚Д゚)スイカ頭爆死シーンがあるから!
もうそれだけで
観なきゃいけないですね2も
 
 
 
そしてここで元祖「霊幻道士」

ゾンビの基本設定がロメロの「ナイトオブザリビングデッド」でできあがったように
キョンシーの基本設定はここからはじまった
サモハンすげー
プロデュース、監督、役者
なんでもできる人です

基本、キョンシーモノって
キョンシーがお札はがれて凶暴化→倒す
ってだけのものなので
あとはその基本プロット以外をどれだけ面白く埋めれるか
なんやけど
やっぱこの1はそこいらへんが秀逸

役者さんたちもすばらしい
ラムチェンイン、チンシュウホウが出てるのは当然だが
今は亡きリッキーホイが出てるのがいいさね
この人にまぬけな弟子役は似合い過ぎ
この後「霊幻道士7ラストアクションキョンシー」まで出ないのが残念

それからムーンリーもめちゃカワイくて
僕のお気に入り女優さん
このころはまだ妹的役柄でアクションしてへんけど
この後「天使行動」シリーズで死にそうなアクションをこなしていく
カワイイお顔で激しいアクション
超萌え燃えです

最終的には悪名高きジミーさんの「群狼大戦」で
デカ過ぎる爆破に巻き込まれて全身大火傷を負っちゃうんやけど
みごとカムバック
その後のインタビューゆーちゅーぶで見れます

また、このシリーズ日本語吹替もすばらしい
ラムチェンイン×青野武=∞最高!です
是非、吹替えで観ましょう!
 
 
 
さて
さすがに毎回基本プロットが同じキョンシーモノばかりで
ちょっと飽きてきたし
スーちゃんも帰ったことなので
スーパー時代劇系に移ろう!って話になり
とりあえず
「大江戸レイプマン女淫処刑人」を!

「レイプマン」というのは元々現代を舞台にした漫画で

必殺仕事人のように、依頼を受け、晴らせぬ恨みをレイプで晴らす
そういうお話です
タイトルで誤解され易いのですが
意外に話としてもよくできていて面白いのです
でも
残念ながらコレは中身も読んだ事ないであろう女性団体攻撃に合い連載打ち切りになってます

それのいわゆるビデオ用映画、Vシネ化した「レイプマン」があって
そのシリーズの中の番外編、設定を江戸時代にしたのがこの「大江戸レイプマン」
今で言えば
戦隊モノや仮面ライダーが映画村で時代劇設定で撮るようなものですね
そして
時代劇になって、より必殺味になりました

ま、正直、お金かかってませんし
何かと安い馬鹿映画です
でも色々と楽しませようという気持ちは伝わってきます
バットマン風の衣装に蹄鉄のバットブーメラン
裸サービスも盛りたくさん
必殺で中村主水の上司役をやっていた山内としおが
なかなかおいしい役どころで出ているのも必殺ファンには嬉しいところ

オランダ大使が核爆弾を持ち込んで江戸を狙う
とかいう馬鹿設定もそれまた楽し…

必殺シリーズが好きならけっこう楽しめると思います(^^♪
 
 
 
さて、「大江戸レイプマン」を観ると
みなから元の「レイプマン」を観たいとの要望が持ち上がったので
探し出してきて
唯一持っていた「レイプマン5」を再生

うむー
オープニングタイトルからして安い…
いやでも
なかなか面白いですよ

レイプマンVS偽レイプマン

シリーズモノとして避けられない話ですな

しかも

驚愕のどんでん返しがっ!
アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
コイツはブっ飛びます!
 
 
 
そして〆には
「レイプマン5」の横にたまたま並んでいた
「いちげんさん」を再生

すでに
サミットのテーマと何ら関係ないんですけど
いやコレにね
現、インド料理のケララ店長のお友達が出てるんで
みなに見せとこーって思って…
;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
コレ京都市が金出して作った映画第一弾なんですけど
公金出して作った映画がほとんどつまらないのと同様
ひどくつまらないです

見所は現ケララ店長と鈴木保奈美の裸体
ぐらい

そして
昔見たときはただ単につまらないとおもっただけなんですが
改めて見直してみると
えらく日本人差別に満ち溢れています

原作小説読んでないですけど
原作からしてこんな感じなんでしょうかね

よくコレに京都市が金出して映画化しましたね

日本人侮辱映画に僕らの税金が…

悲しきかな…(ρ_;)

そんな感じで
今回のサミット

しゅーりょー!

| | コメント (9)
|

2013年6月13日 (木)

「第30回京都映画サミット」のお知らせ

来る
6月22日土曜日
万物創造房閉店後20時より
第30回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のテーマは
「SUPER時代劇」

wikiによると

 スーパー時代劇はフジテレビで2002~2003年にかけて放送された毎週火曜日20時台(放送は19:59~20:54)の火曜時代劇の枠で放送された時代劇作品群である。

 これまでもフジテレビでは「銭形平次」「鬼平犯科帳」「剣客商売」「影の軍団」(関西テレビ発)などの時代劇を数多く放送してきたが、これはそれまで時代劇に出演したことがなかった若手のアイドルやトレンド女優を主演格に招いて、若年層にも楽しんでもらえる時代劇番組を試みた。

火曜時代劇の枠が2004年4月から単発枠「カスペ」に置き換えられたため、新作は途絶えている。


としか載っていないが
コレではない
コレに先駆ける事10年前
90年代に、主にビデオ用映画(たまに劇場公開)として作られた映画作品群
時代劇の枠をとっぱらって新しいモノを作るという意気込み満開で
何でもアリのB級魂がめちゃめちゃこめられているシリーズである

そして、たいがい「必殺」のスタッフが関わっている

山田風太郎原作の「くの一忍法帖」シリーズもこの中に含まれるが
このシリーズだけでも
「くノ一忍法帖」
「くノ一忍法帖II 聖少女の秘宝」
「くノ一忍法帖III 秘儀伝説の怪」
「くノ一忍法帖IV 忠臣蔵秘抄」
「くノ一忍法帖V 自来也秘抄」
「くノ一忍法帖VI 忍者月影抄」
「くノ一忍法帖 柳生外伝」
「くノ一忍法帖 影ノ月」
と8本もあるので今回は置いといて
今度「くノ一忍法帖」大会を

とゆーわけで

今回ご用意いたしましたのは
「女犯十手裏仕置」
「女犯十手裏仕置II」
「おんな犯科帖 江戸拷問刑罰抄」
「おんな犯科帖II 江戸拷問刑罰抄」
「美女奉行おんな牢秘抄」
「美女奉行おんな牢秘抄Ⅱ」
「尼僧獄門帖」
「道中師 恨み掏ります恋も掏ります」

レイプマン番外編「大江戸レイプマン女淫処刑人」
五社英雄監督キワモノ時代劇「十手舞」
をプラスした10本

この中から時間の許す限り流し
飲み食い語ろうと思います

いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするものです

また
スペースの都合上
先着10名様までとなっております

それでは参加希望
お待ちしております

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

という予定でしたが
久々に
元中国人留学生のスーちゃんが来れるっちゅーことで

テーマは「キョンシー」に変更になりました

とりあえず
キョンシーブームの火付け映画「霊幻道士」を観て
正統派続編サモハン監督の傑作「ラストアクションキョンシー」と「鬼喰う鬼」

その他
なるべくレンタルにはないキョンシーモノを発掘しておきます

「ブッシュマンvsキョンシー」は入れるべきか
「ブッシュマン」とまとめて観るべきか…

| | コメント (0)
|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »