« 「第30回京都映画サミット」のお知らせ | トップページ | ジム・ケリー氏が死去 享年67歳 »

2013年6月23日 (日)

第30回京都映画サミット「キョンシー&レイプマン」大会

第30回京都映画サミット
「キョンシー&レイプマン」大会
無事終了いたしました

とりあえず子供好きなスーちゃんが来たので
まず「幽幻道士」を観始めました

子供のときに見たっきりでしたが
コレ、今見ても面白い
台湾製やけど
ワイヤーアクションも香港映画並みによくできています
編集が荒いながらも映画全体もよくできている
傑作です
おおまか設定はサモハンの作り上げた「霊幻道士」まるパクリですけど
子供たちの活躍でそれも気になりません
そして
やっぱ、テンテンちゃんかわいいー!
テンテンちゃん好きはコイツもチェッーク!

ちょっと歳いってからのテンテンちゃんなのが残念ですけど…
 
 
 
そして「幽幻道士2」
やってることは1と大差なく
キョンシーモノの話の広がりに限界を感じる
そして映画的にもパワーダウンしている
チビクロとデッパが変わっちゃってるのもガッカリ

でも
当時の子供たちが驚愕した
(lll゚Д゚)スイカ頭爆死シーンがあるから!
もうそれだけで
観なきゃいけないですね2も
 
 
 
そしてここで元祖「霊幻道士」

ゾンビの基本設定がロメロの「ナイトオブザリビングデッド」でできあがったように
キョンシーの基本設定はここからはじまった
サモハンすげー
プロデュース、監督、役者
なんでもできる人です

基本、キョンシーモノって
キョンシーがお札はがれて凶暴化→倒す
ってだけのものなので
あとはその基本プロット以外をどれだけ面白く埋めれるか
なんやけど
やっぱこの1はそこいらへんが秀逸

役者さんたちもすばらしい
ラムチェンイン、チンシュウホウが出てるのは当然だが
今は亡きリッキーホイが出てるのがいいさね
この人にまぬけな弟子役は似合い過ぎ
この後「霊幻道士7ラストアクションキョンシー」まで出ないのが残念

それからムーンリーもめちゃカワイくて
僕のお気に入り女優さん
このころはまだ妹的役柄でアクションしてへんけど
この後「天使行動」シリーズで死にそうなアクションをこなしていく
カワイイお顔で激しいアクション
超萌え燃えです

最終的には悪名高きジミーさんの「群狼大戦」で
デカ過ぎる爆破に巻き込まれて全身大火傷を負っちゃうんやけど
みごとカムバック
その後のインタビューゆーちゅーぶで見れます

また、このシリーズ日本語吹替もすばらしい
ラムチェンイン×青野武=∞最高!です
是非、吹替えで観ましょう!
 
 
 
さて
さすがに毎回基本プロットが同じキョンシーモノばかりで
ちょっと飽きてきたし
スーちゃんも帰ったことなので
スーパー時代劇系に移ろう!って話になり
とりあえず
「大江戸レイプマン女淫処刑人」を!

「レイプマン」というのは元々現代を舞台にした漫画で

必殺仕事人のように、依頼を受け、晴らせぬ恨みをレイプで晴らす
そういうお話です
タイトルで誤解され易いのですが
意外に話としてもよくできていて面白いのです
でも
残念ながらコレは中身も読んだ事ないであろう女性団体攻撃に合い連載打ち切りになってます

それのいわゆるビデオ用映画、Vシネ化した「レイプマン」があって
そのシリーズの中の番外編、設定を江戸時代にしたのがこの「大江戸レイプマン」
今で言えば
戦隊モノや仮面ライダーが映画村で時代劇設定で撮るようなものですね
そして
時代劇になって、より必殺味になりました

ま、正直、お金かかってませんし
何かと安い馬鹿映画です
でも色々と楽しませようという気持ちは伝わってきます
バットマン風の衣装に蹄鉄のバットブーメラン
裸サービスも盛りたくさん
必殺で中村主水の上司役をやっていた山内としおが
なかなかおいしい役どころで出ているのも必殺ファンには嬉しいところ

オランダ大使が核爆弾を持ち込んで江戸を狙う
とかいう馬鹿設定もそれまた楽し…

必殺シリーズが好きならけっこう楽しめると思います(^^♪
 
 
 
さて、「大江戸レイプマン」を観ると
みなから元の「レイプマン」を観たいとの要望が持ち上がったので
探し出してきて
唯一持っていた「レイプマン5」を再生

うむー
オープニングタイトルからして安い…
いやでも
なかなか面白いですよ

レイプマンVS偽レイプマン

シリーズモノとして避けられない話ですな

しかも

驚愕のどんでん返しがっ!
アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
コイツはブっ飛びます!
 
 
 
そして〆には
「レイプマン5」の横にたまたま並んでいた
「いちげんさん」を再生

すでに
サミットのテーマと何ら関係ないんですけど
いやコレにね
現、インド料理のケララ店長のお友達が出てるんで
みなに見せとこーって思って…
;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
コレ京都市が金出して作った映画第一弾なんですけど
公金出して作った映画がほとんどつまらないのと同様
ひどくつまらないです

見所は現ケララ店長と鈴木保奈美の裸体
ぐらい

そして
昔見たときはただ単につまらないとおもっただけなんですが
改めて見直してみると
えらく日本人差別に満ち溢れています

原作小説読んでないですけど
原作からしてこんな感じなんでしょうかね

よくコレに京都市が金出して映画化しましたね

日本人侮辱映画に僕らの税金が…

悲しきかな…(ρ_;)

そんな感じで
今回のサミット

しゅーりょー!

|
|

« 「第30回京都映画サミット」のお知らせ | トップページ | ジム・ケリー氏が死去 享年67歳 »

京都映画サミット」カテゴリの記事

コメント

映画サミット30回達成
おめでとうございます!\(^^)/
 

キョンシー大会はかなり参加したかった感じっす。
やたら懐かしい。。(≧∇≦)
 
お店に初めてお伺いした時も一番印象深かったのが
幽幻道士
霊幻道士
のビデオが並んでいたことでしたね。
テンテンちゃんが子役卒業後も日本で活躍している
って知ったのもその時でしたね。
カンフーや祈祷のシーンとブレイクダンスの組み合わせが
異様に新鮮且つ"ナウ"かった(←死語)なー当時。
 
ゾンビは完全に永久市民権を世界中で得た感じですが
キョンシーはどうなんですかね。
最新VFXとアクションを駆使してリメイクしてみても
面白いと思うけど。勿論、現在の
テンテンちゃんやスイカ頭がチョイ役で出演
アクション出来るアジア女優陣
志穂美悦子
水野美紀
真木よう子
ジージャーちゃん
・・・
くらいしか名前出てこないすけど(^^;)
なども皆総出演!
監督はプラッチャヤー・ピンゲーオで
(*^ー゚)b
 
第43回もしくは44回サミット参加予定です
よろしくお願いします( ̄∇ ̄)

投稿: kuroneko | 2013年6月24日 (月) 午前 01時04分

>最新VFXとアクションを駆使してリメイク
スーちゃんの中国人後輩が
よくわからないけど
今の中国ではキョンシー映画が法律的に作れない
とか言ってました
何が法律にひっかかるのかよくわかりませんが…

死体?
道教?
清朝(満族)の民族服?

>アクション出来るアジア女優陣
武田梨奈ちゃんを忘れちゃいけません

投稿: 万物創造房店主 | 2013年6月24日 (月) 午後 04時15分

>何が法律にひっかかるのかよくわかりませんが…
 
"反日"という名目でなら幾らでも出せそうすよね(^^;)
予算まで付けてくれそや。
 
>武田梨奈ちゃんを忘れちゃいけません
 
まだ若いけど出演作を積み上げていて頼もしいすね。

投稿: kuroneko | 2013年6月25日 (火) 午前 02時24分

>"反日"という名目でなら幾らでも出せそうすよね(^^;)
反日が通用しないとすれば
やはり
道教か清朝(満族)の民族服かも
でも有名なタイプのチャイナ服も満族の服なんですけどね

>まだ若いけど出演作を積み上げていて頼もしいすね。
 
主演するのがどういう人選なのかダメ映画ばかりでしたが
ドグーンⅤを経て
デッド寿司でやっといい監督にめぐり合えた感じです

投稿: 万物創造房店主 | 2013年6月27日 (木) 午後 04時56分

きたきた~ 今日は、ワインありがとうって~ はいび~のまだみつけてない。。。 みなもがまたいくから、なんとかしといてね~ ふ~

投稿: mumu | 2013年6月30日 (日) 午後 11時21分

むーむーさん
早速のご訪問ありがとうござーます

いやーあのワインおいしかったですね
あれだけ飲みやすいと僕には危険です

ちなみにハイビのブログはここ
http://hildesroom.cocolog-nifty.com/blog/

投稿: 万物創造房店主 | 2013年7月 1日 (月) 午後 04時55分

みなもちゃんも
またどぞー(◎´∀`)ノ

投稿: 万物創造房店主 | 2013年7月 1日 (月) 午後 04時56分

(○`・ェ・)ノ【こ】【ん】【に】【ち】【ゎ】

万さん昨日も今日もありがとうございます
またおじゃまします~~さんくす♪(o ̄∇ ̄)/

投稿: みなも | 2013年7月 2日 (火) 午後 03時53分

>またおじゃまします~~さんくす♪(o ̄∇ ̄)/
いつでもどぞー

月一で
映画サミットっていう映画観る会もあるから
よかったらそれもどうぞ~♪

次のお題が何かはわからないけど…

投稿: 万物創造房店主 | 2013年7月 2日 (火) 午後 06時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「第30回京都映画サミット」のお知らせ | トップページ | ジム・ケリー氏が死去 享年67歳 »