« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の6件の記事

2013年4月22日 (月)

第28回京都映画サミット 「海女萌え!」(*゚∀゚)=3ハァハァ大会

第28回京都映画サミット
「海女萌え」(*゚∀゚)=3ハァハァ大会
無事終了いたしました

「色情海女 乱れ壺」

「ピンクのカーテン」の流れかはわからないけど
よくある感じの兄妹モノ(妹萌え)で
ストーリー的にはたいした話がないので
こういうのは演出が面白く見られるかどうかの全てだと思うんですが
なんか凡庸?

ヒロインもジャケほど美しくなく
ジャケほどいいヌードシーンもなく

ジャケ負け感が最も印象に残った感じでした
 
 
 
「女体渦巻島」

タイトルと石井輝男監督ということで期待して見たのですが
タイトルから来るインパクトよりは
まー普通でした

しかも海女は欠片も出て来なかった
<(`^´)>しまったー

よくある感じの犯罪組織vsダークヒーロー
当時はよかったかもしれないけど
今見るとベタベタな展開に眠くなる

後々に「ビッチなおばさんといえば」の三原葉子が美しきヒロインなのが新鮮だけど
ヒーローの吉田輝雄の演技が微妙でなんか…

対馬が日韓の密貿易組織の拠点って設定が変にリアルでよかったです
この時代はそういう感じで潤ってたんですかね対馬

んー
全体的にいちおーきちんとしてるんで見れますけどね
それなりですね
 
 
 
「海女の化物屋敷」

いやーコレもタイトル聴いただけで
もう気になっちゃって仕方ないですけど
中身は思ったより薄いです

化物はそれほど中心ではないのです
たしかに化物出てきますし嘘じゃないんですけどね

どっちかというと
明智小五郎的、多羅尾伴内的、推理劇ですね

三原葉子がいわゆる探偵役で
後々のビッチ役に見慣れていると
これまた珍しいというか
不思議な役回り

冒頭は海女エロくてキャッチーなんですけど
後半になるに従って盛り下がります
海女もあんまりストーリーに関係ないですし
犯人も組織とかじゃなくて少人数で、ゆーほど極悪な感もなく
盛り上がりに欠けます

きちんとしてるんで
それなりには観れますけどね
 
 
 
「潮吹き海女」

当時、百恵ちゃんそっくりとして売り出したらしいヒロイン
んー似て…

似てねぇーι(´Д`υ)

よく考えたら百恵ちゃんの映画「潮騒」も海女モノ
三島由紀夫も海女萌えやったんやなー

ま、百恵ちゃんには似てないし
ストーリーも
下げマンヒロイン海女の男がどんどん死んでいくが
新しい男がすぐにできて逞しく生きていく話で
たいしてないに等しいんやけど
意外に色情海女より面白く観れた
監督の力量の違いかねぇー

途中でヒロインを強姦した三人組も例に洩れず死んじゃったらもっとよかったけど
そのあたりはほったらかしだった
残念
 
 
 
「海女の戦慄」

冒頭の海女映像がなかなかキャッチー

ストーリーも
浮かぶ海女の死体
犯罪組織、海に沈んだ旧日本軍の宝
となかなか盛りだくさんだし
ヒロイン前田通子の胸をやたら強調した海女衣装もエロくていいのだが
ヒロインの活躍が意外に少ない
風来坊、天城竜太郎がけっこうおいしいとこを持ってっちゃってる
でもこの天城竜太郎
なんか小太りで美少年風化粧のおっさんなんで
ヒーローとして微妙

まーそういう時代なんだろうけど…

ラストも犯罪組織との派手な銃撃でなかなか
ボスのマシンガンも変にかっこいいし(撃ちまくってるわりに当たらないけど)
それなりにおもしろかったです
 
 
 
今回、海女映画を観てきて思ったのは
完全に海女ヒロインを活かしきってる映画がない!
ってことです

誰か海女ヒロインを活かしきった
海洋アドベンチャー撮ってください!

人に聞いた話では
漫画では

に海女の血設定が出てくるらしいです

ちょっと読んでみたい
( ^ω^)

今回サミットのために用意された
【関連書籍】

水中カメラマンだけあって
水中での海女の写真がいい(゚▽゚*)

海女はふんどしが一番かっこいいな

ふんどしに腰縄
それにアワビオコシを刺してる姿がめちゃかっこいい!

写真だけでなく歴史解説や図解、対談もあり
海女入門本としてすごくよくできた本です


千葉の海女の写真集
その生活を切り取ったような民俗学的に貴重な写真もたくさんあるが
たまに変に芸術的にポーズを付けさせた写真があるのが残念

【関連映像作品】


海女AVというものがけっこうある

海女萌えはこれからもつづく…ヽ(´▽`)/

| | コメント (0)
|

2013年4月18日 (木)

京都の地で「地デジ ダブルアンテナ」を試みる②完結編

そういえば立てて記事にするの忘れてました

立派に立ちました
K0010074
一方は生駒へ
もう一方は比叡山へ

微妙な方向合わせはコイツを使います

簡易型ですが
これで十分微調整できます

さて結果

入りの悪かった
KBS京都
NHK京都
が気持ちよくなりました

まー意味あったかなー

なぜかBSもよくなりました

大風かなんかで
アンテナの方向が悪くなってたのかな?

とりあえず一件落着

| | コメント (0)
|

2013年4月13日 (土)

「第28回京都映画サミット」のお知らせ

来る
4月20日土曜日
万物創造房閉店後20時より
第28回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のテーマは
「海女萌え」映画
(*゚∀゚)=3ハァハァ

現在NHKの朝ドラで放送中の「あまちゃん」
海女ドラマです

たぶん元ネタは
数年前にブレイクした
「かわいすぎる海女」大向美咲さん
いつの間にかwikiにも項目ができている

これに関しては僕も昔に日本の海女萌え文化記事を書いているのでそちらも合わせて見てみてください

ちゅーわけで
わかってもらえたと思いますが

はるか太古から日本に存在する海女萌え
今回
それを主題に作っちゃった映画群を見たく思います

そしてみんなで
「あまちゃん」の大ヒットを祈りましょう!

再び海女ブームは来るのか!
Σ(;・∀・)

現在の手持ちは
「海女の戦慄」
「海女の化物屋敷」
「色情海女 乱れ壺」
「潮吹き海女」

それプラス

海女モノかもっていう
「女体渦巻島」
「女真珠王の復讐」

あたりを流しつつ
飲み食い語ろうと思います

いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするものです

また
スペースの都合上
先着10名様までとなっております

それでは参加希望
お待ちしております

| | コメント (0)
|

2013年4月 8日 (月)

D-2カスタムいちおー完成

ちょっとマイナーなロボットアニメ
「機甲戦記ドラグナー」
Top_02
その中でも
さらにマイナーな
ドラグナー2カスタム
Me06
のプラモが完成しました
K0010105
このアニメ子供のときに見てたはずなのですが
全く内容覚えてません

でも機体がけっこうかっこいいので
当時のプラモを手に入れ
そのまま作ってみました

全てはめ込み式になっているガンプラと違って
懐かしの接着剤を使います

うーん懐かしのくさ~いにほい

普通に組んで
墨入れして
ちょっと塗って
最後につや消し透明スプレーかけただけですが
けっこういい感じ
K0010106
当時作った
ドラグナー1がどっかにあるはずなので
探し出してきて並べたくなりました

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ドラグナー1
探し出してきて並べました
K0010114
んー
2号機の方がなんかカッコイイ
当時は主人公機の1号機の方がよかったんでしょうね
コレだけプラモ持ってるってことは…

| | コメント (1)
|

2013年4月 6日 (土)

廃版じゃーーーーーー!(;´Д⊂

今日
オーストラリア人のおっちゃんが来て

池玲子が好きで仕方ないらしくて
店に貼ってあるポスターほしいほしい言うんで

これなら売ったげる
僕はまた買うからって
コレ↓を売ってあげたの


アマゾンでまた買おうと思ったら…

あうーっ
!!(゚ロ゚屮)屮

廃版じゃーーーーーー!

プレミア価格になっとるぅー!
(;´Д⊂

仕方がないので

これ



を注文しました…

(´;ω;`)ウウ・・・

日豪親善

日豪親善

| | コメント (0)
|

2013年4月 3日 (水)

クロネコさん来京おさらい映画サミット

第一日目

「ファスター・プッシーキャット キル!キル!」

ラスメイヤー監督の代表作
もう観るのは五回目ぐらい

まず何と言ってもタイトルがキャッチー過ぎる
そしてオープニングもキャッチー過ぎる
途中中だるみ間はちょっとあるけど

とりあえずこの時代に
この選曲センス
このカメラワーク
この編集センス

すばらし過ぎる…( ´;ω;`)
 
 
 
「フィメール・トラブル」

ピンクフラミンゴに続くジョンウォーターズ監督第二作
同じくどうでもいいようなストーリーのお下品オシャレ映画
ピンクフラミンゴよりパワーは落ちている気もしますけど
へその緒食いちぎりシーンを筆頭にキャッチーなシーンが多々あります

正直ストーリーはどうでもいいような話なので
ジョンウォーターズ&ディバインのくだらない世界を楽しむ映画ですね

ピンクフラミンゴに出てた役者さんがまた色々と出てます
 
 
 
「ブラッド・フィースト 血の祝祭日2」

H.G.ルイス監督が30年ぶりに撮った映画
いちおー「血の祝祭日」の続編

女神像が違うけど…

悪趣味なスプラッターは映画界の技術が上がったこともあって
よりいい感じに
(ただ目玉はホンモノを使ってないのでクオリティが激しくダウン)

でもおじいちゃんになったからか話のテンポがとろくなって
映画全体的にはイマイチかも

珍しく字幕と吹替が全く同じ訳なんだけど
吹替がドヘタ過ぎて
観るときは必ず吹替で観る、吹替好きの僕が
仕方なしに字幕で観た
 
 
 
「2001人の狂宴」

H.G.ルイス「2000人の狂人」のリメイク
タランティーノの弟子的存在のイーライロスが製作
元映画のタイトル曲をちゃんと使ったり
明るく人体破壊等々
何かとリスペクトは感じるが
根本的に勘違いしている

元映画は終始狂気じみた明るさなのが逆に気持ち悪さを倍増しているのだが
リメイクはやたらと現代ホラー的音楽・演出を入れてしまって怖い雰囲気を出そうとして
明るい気持ち悪さはぶち壊しになっている

また子供が殺す事に気を使ってか
もともと子供だったキャラが青年になっているところもガッカリ

リスペクトを感じるがゆえに
残念なリメイクであった
 
 
 
「パンドラ・ピークス」

ラスメイヤー最後の作品で
ラスメイヤーが自身を振り返るっぽい内容だが
ひたすら巨乳
ひたすらパンドラピークス

本人も自分の経歴とかはどうでもいいみたいなんで
観る方もどうでもよくて
会話の後ろに流しておくのに実にいい内容だ
 
 
 
二日目

「ファインダー・キーパーズ・ラヴァーズ・ウィーパーズ」

冒頭はキャッチーだし
ラストあたりも面白い
途中の水中性交シーンもめちゃいい!

あの編集はラスメイヤーしかできんわ!

でも
その他のからみシーンの中だるみ間がこの上ない映画
(´ρ`)
カットして50分ぐらいにしたら
何回も観たくなるぐらいの名作になりそう
 
 
 
「クライ・ベイビー」

ジョンウォーターズ風「グリース」
ジョニーデップの出世作でもある

端々にジョンウォーターズ風味はあるものの
大手に金出してもらってるだけに以外にまとも
こんな映画も撮れるんだなぁ…

まぁそれゆえ
突き抜け感もなく、どっちつかずで中途半端な感じで
面白いかといわれるとビミョーなところ…

ジョニーデップもまだタダのイケメンで
まだいい味は出て来てない感じ

トレイシーローズ嬢がカワイイ
 
 
 
「ブラック・スネイク」

巨乳以外にラスメイヤーっぽさが全然ない真面目な黒人奴隷問題映画で
虐げられる黒人奴隷がついに爆発して白人を惨殺するという定番

音楽も普通になり
出演人数も多く
低予算ながら雰囲気も大作っぽくなっている

「ヤコペッティの残酷大陸」(1971)よりは遅いものの
「マンディンゴ」(1975)やドラマ「ルーツ」(1977)より早く
1972年にすでにこれを作っていたのはさすがだし
それなりによくできていると思うが
個人的にはラスメイヤーっぽいノリがなく終始重いのが残念
まぁ扱ってるテーマがテーマだけに仕方ないのかもしれないけど…

オープニングの鞭ビシッってのと
ラストの黒人と白人(必ずどちらかが巨乳女性)が手を取り合って走っていくシーンは
とてもよかったです
 
 
 
「マンディンゴ」

タランティーノの「ジャンゴ 繋がれざる者」の予習のために観る

黒人奴隷の輸入が禁止されたあと流行った
アメリカ国内の黒人牧場の話

健康で体のがっしりしたいい血統の黒人種をマンディンゴといい
種馬として高額な金額で取引していたらしい

まぁこれをテーマにしたってのはすごいなとは思うんですけど
当時の限界なのか
白人にもいい人がいる感を出してたり
黒人女性の流産原因が奥さんの虐待が直の原因でなく階段落ち事故が原因とか
何かとぬるい

しかも文芸っぽさを出したいがためか
エログロが、あるべき場面にない

ぬるい、ぬる過ぎる…

黒人少年人間湯たんぽとか黒人少年蝋燭立てとかはいいんですけどね…

やはり黒人奴隷映画の最高峰は「ヤコペッティの残酷大陸」(1971)

黒人奴隷映画の全てはこれから始まった気がする
 
 
 
「続荒野の用心棒」

これもタランティーノの「ジャンゴ 繋がれざる者」の予習のため

冒頭の主題歌はタラちゃんのジャンゴにも使われているが
この主題歌がすでにいいね
主題歌流れる中、棺桶引き摺る主人公がつかみとしてバッチリ

しかも
棺桶の中の最終兵器は意外に前半早くに使われちゃって
これで間が持つのか…と思いきや
しっかり持たせてくれて
ラストの「手がグチャグチャになった主人公どうなるの?」
まで、何かと至れり尽くせり楽しませてくれるんですよー

んーよくできた映画だ

死人が累計200人ぐらい出るのもすごい

小林清志氏のフランコネロもいいねぇ~
 
 
 
三日目
朝から映画館に観に行って来ました
「ジャンゴ 繋がれざる者」

三時間という長丁場でしたが
全く長く感じないぐらい
面白かった

いつものタラちゃんダラダラ会話もなく
サクサクと盛りたくさんの三時間
なかなか脚本もよくできてる

タラちゃん得意の残酷描写も効果を挙げて
マカロニっぽさ全開

そしてこれまたお得意の
ブラックスプロイテーション映画テイストを入れているのも
いい方向に成功してると思う

ただ残念なのは
マンディンゴの黒人子供人間湯たんぽシーン等
もうちょっと奴隷描写を色々きちんと入れてほしかったのと

ジャンゴって言うからには
ガトリングガンを使うシーンが欲しかったし
ラストあたりで主人公の手がグチャグチャになってほしかった

んー残念

| | コメント (7)
|

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »