« 「第23回京都映画サミット」のお知らせ | トップページ | 『マリー・アントワネットに別れをつげて』に行って来ました(^^♪ »

2012年11月19日 (月)

第23回京都映画サミット「女番長ムービー」

第23回京都映画サミット「女番長ムービー」

昼間はずっと雨でしたが
18時ごろになって雨も上がり
池玲子のアルバムが流れる中

なごやかにサミットが開始されました

いっこめ
「女番長ブルース 牝蜂の逆襲」

東映女番長シリーズ第一作

世界で最初の女番長映画はこれかと思っていたが
コレは1971年10月公開なのに対して
「女番長野良猫ロック」は1970年5月

ちゅーわけで
世界で最初の映画における女番長は和田アキ子ということである
さすがアッコさん

そんな日活の女番長ヒットに乗っかって
東映も続けとばかりに作ったのが東映の女番長シリーズである

ちなみにタランティーノお気に入りの
ジャックヒル監督「スウィッチブレイド・シスターズ」は

1975年なので
日本の女番長ブームに影響されて作ったと思われる

アメリカではあまりウケなかったのか
ジャックヒルもこれ以降アメリカ版女番長モノは作っていない

本作の監督は娯楽職人の鈴木則文
オートバイセックスチキンレース(これは危ねぇー(lll゚Д゚)体張ってるなぁー)
モーターボート引き摺り回しリンチ(人形だけどね) 等々
いたるところにアイデア溢れる演出が冴える

なんだか全体的にラスメイヤー的で
ファッションはオシャレだし
音楽もかっこいいし
カメラワークもいい

最も印象に残ったのはエレベーター強姦シーン
アレはむちゃくちゃかっこよかった!

ラストあたりのカーチェイスも地味にいいですね

残念なのは
女番長一作目なので俳優陣がこなれていないこと
池玲子が若干太ってる上、まだ魅力が薄いし
杉本美樹もまだまだ脇役
出番も心なしか女優陣よりヤクザ男性陣の方が多い気も…

そういや
天知茂がヤクザ役でドスを振り回してアクションするのが
珍しくてちょっとうれしかった…(・∀・)

また、京都好きな人ならこの時代の京都が色々出て来て、それらでも楽しめるねー
 
 
 
「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」

東映女番長シリーズ第二作

監督は前作と同じ鈴木則文で
今回もアイデアに溢れる演出目白押し!
続編はパワーダウンするという定石を覆し
明らかにパワーアップ

トラックに轢かれかけて気絶しないでいられるか勝負は
人形のときもあるが
本人がやっているときもあり、危ねぇー!
体張ってるなぁー

体張ってると言えば
今回、新たに後の定番拷問シークエンスも加わって
杉本美樹の縛り蝋燭タラタラや(熱い!)
池玲子の縛り竹棒しばきが見られる(痛い!)
カメラワークもエロくて最高!
後の鈴木則文監督作「ダビデの星」の片鱗をここに観たっ!

女優陣は
杉本美樹が脇なのが残念だが
池玲子もこなれてきたのか
いい味を出して魅力的になっているし
全体的にクオリティアップ

男性陣は
仮面ライダーV3の宮内洋がレーサーを目指す修理工役で出ているし
ゲストで不良番長そのものの役で梅宮辰夫も出ていて、ちょい出のわりになかなかの存在感

ラストの池玲子のさそり的復讐シーンもいいねぇー
小池朝雄のやられ方も最高!
あれは京都駅の東側かなぁー
 
 
 
「女番長 感化院脱走」

シリーズ第五作
鈴木則文監督から中島貞夫監督に代わって
かなりテイストも変わりました
シリアスになって今まで必ずといっていいほど出ていた由利徹等も出ていませんし
女番長シリーズとしてはかなり異色

内容的には後の「ジーンズ・ブルース 明日なき無頼派」にもつながる感じの
女囚モノ⇒プリズンブレイク逃亡劇で
逃亡相方も同じ渡瀬恒彦なのです

渡瀬恒彦はヒゲ面の車泥で、こっちの方がいい感じ出してますね
出番は少ない目ですけど…

めずらしく池玲子が出ておらず
(他の映画で忙しくて出れなかったみたい)
主役は杉本美樹オンリーで見せ場いっぱい
すでに後の「0課の女」につながるようなクールな味を醸し出していてかっこいいです
ポスターも杉本美樹のベストバウトというべきかっこよさで
店にこのポスター貼ってます

また、脇には最終作で主役を務める叶優子が出ておりまして
(叶優子が元AKB前田敦子に似ていると思うのは僕だけ?)
脱ぎ惜しみもなく、すでにそこそこの存在感

女囚モノの要素が入ってきたのは
ジャックヒルから始まる世界的な女囚モノブームの流れでしょうね
まぁ雰囲気からいうと「女囚さそり」からの影響の方が強そうですけど

ラストあたりの野良猫ロック的展開と
カタルシスの全くない終わり方がちょっとがっかりな感じですが
そこまではなかなかよかったです
 
 
 
「女番長 タイマン勝負」

シリーズ第六作
杉本美樹がほされて、池玲子の単独主役
なんかもう貫禄が出過ぎて明らか高校生設定は無理があるが
まぁかっこいいので許す!(゚▽゚*)

女囚モノとして成り上がる池玲子から始まり
出所後定番の女番グループやヤクザとの抗争へ
という鈴木則文路線への回帰ではあるが
ただ回帰するだけでなく
次作の「玉突き遊び」と共に
初めて監督をまかされた関本郁夫のやる気が感じられる逸品

センスのよい面白い演出が端々に散りばめられていて
キャットファイトやガンアクションの撮り方もシリーズ一かっこよくて
池玲子、杉本美樹が揃わないものの
映画的にはこのラスト二作が女番長シリーズ中上位一二を争う傑作だと僕は思う

ラストのカチコミも派手でガンアクション満載
装甲車が使われなかったのがチト残念だが
カタルシスもキッチリあって大満足

今回はいいモノ系ヤクザを演じる渡瀬恒彦も
相変わらずいい味出してます
 
 
 
「女番長ゲリラ」

シリーズ第三作
実際は杉本美樹が主役なのだが
池玲子もけっこうおいしい役どころで
シリーズ中もっとも池玲子と杉本美樹がバランスよく出ている作品である

乳房に刺青した杉本美樹がノーヘルスタントなしでバイクを乗り回す姿にシビレ
(バイク引き摺りリンチしながらなんかも)
京都の川床~鴨川のど真ん中でジャバジャバとキャットファイトをする杉本美樹と池玲子に涙する
(リアルタイム生で見たかったー)
作品としてもこなれていて見所満載の
安心して見れる良作

シリーズ中唯一恋愛要素を注入してあったり
コメディ色も強くなっているが
ヤクザによる拷問もきちんとあって、エログロバイオレンスはキッチリ押さえてあるし
ラストもちゃんとスッキリです

でも
個人的には池玲子の兄の役は渡瀬恒彦にやってほしかったなー

|
|

« 「第23回京都映画サミット」のお知らせ | トップページ | 『マリー・アントワネットに別れをつげて』に行って来ました(^^♪ »

京都映画サミット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93245/56142583

この記事へのトラックバック一覧です: 第23回京都映画サミット「女番長ムービー」:

« 「第23回京都映画サミット」のお知らせ | トップページ | 『マリー・アントワネットに別れをつげて』に行って来ました(^^♪ »