« 第20回京都映画サミット「怪談幽霊ムービー」 | トップページ | 薙刀道の試合を見に行って来ましたヽ(´▽`)/ »

2012年8月30日 (木)

なんと!( Д) ゚ ゚ ハーシェル・ゴードン・ルイス映画祭!

『ハーシェル・ゴードン・ルイス映画祭決定!! はらわた! ボイン! エロ! グロ! 血まみれ映画の祭典…』

世界初のスプラッタームービー『血の祝祭日』を監督、スプラッタームービーの礎を作り、ホラーファンからは“ゴッドファーザー・オブ・ゴア”と愛される生きる伝説の映画監督“ハーシェル・ゴードン・ルイス”。

 元祖スプラッタームービー『血の祝祭日』の公開から来年で50周年を迎える今、彼の半生とスプラッタームービーの誕生と歴史を記録したドキュメンタリー映画『ゴッドファーザー・オブ・ゴア』の日本公開が決定した。
 監督は、グラインドハウス・ムービーの申し子と言われ、『バスケットケース』『ブレインダメージ』など、名作ホラー映画を監督したフランク・ヘネンロッター。さらに今回は、ハーシェル・ゴードン・ルイスの血まみれフィルモグラフィーの中から最重要ゴア映画5作品を厳選し、全6作品を期間中上映する“ハーシェル・ゴードン・ルイス映画祭”を開催する。

 『血の祝祭日』『2000人の狂人』などの代表作から、いまやほとんど観る機会のない幻の作品『ゴア・ゴア・ガールズ』など、血まみれ映画の名作をスクリーンで観る最後のチャンスとなる!P>

 映画祭の上映は10月6日(土)より、シアターN渋谷にて2週間限定ロードショー。

(配給:キングレコード+TRASH-UP!!)

【ハーシェル・ゴードン・ルイス 略歴】
 1926年ピッツバーグ生まれ。英語講師をしていたルイスは30代でシカゴの映画館と広告代理店のオーナーに転職。そのうちに映画製作にも乗り出す。ポルノ映画を数本監督した後、ハリウッドの大作映画に対抗し、低予算のホラー映画『血の祝祭日』を製作する。この作品はハリウッド映画ではタブーだった、はらわたが飛び出すなどの直接的残酷描写満載の映画で、批評家、観客にバッシングを受けながらも、興行的には大ヒットを記録した。スプラッタームービーを世に生み出したルイスは、その後も『2000人の狂人』『カラーミー・ブラッド・レッド』などの“ゴア・ムービー”(血糊映画)を監督し続け、1972年の『ゴア・ゴア・ガールズ』を最後に監督を引退する。その後ルイスの作品の数々は80年代のフランスで再評価され、世界的にブームとなる。ルイス作品で育った世代がホラー映画を作るようになり、今もホラー映画シーンに大きな影響を与え続けている。

『“ハーシェル・ゴードン・ルイス映画祭”これを観ずしてゴアを語るべからず!』

■『ゴッドファーザー・オブ・ゴア』(THE GODFATHER OF GORE)2010年110分
世界初のスプラッタームービー監督ハーシェル・ゴードン・ルイスの半生と、スプラッタームービーの誕生を描いたドキュメンタリー。監督は『バスケットケース』シリーズ、『ブレインダメージ』『フランケンフッカー』のフランク・ヘネンロッター。

■『血の祝祭日』(BLOOD FEAST)1963年70分
監督:ハーシェル・ゴードン・ルイス 出演:コニー・メイソン、トーマス・ウッド、マル・アーノルドホラー 映画史に残る世界初のスプラッタームービー。眼球をえぐる、足を切断するなど、美女の殺戮シーンを延々と映し出す残酷描写の連続に公開当時、大反響を巻き起こしながらも大ヒットを記録した。

■『2000人の狂人』(TWO THOUSAND MANIACS!)1964年87分
監督:ハーシェル・ゴードン・ルイス 出演:コニー・メイソン、トーマス・ウッド
南北戦争百周年を記念して作られた作品。百年に一度しか現われない村で北部軍に虐殺された村民2000人の亡霊が、迷い込んだ北部出身の若者たちを嬲り殺していく。老若男女村人たちがげらげら笑いながら、若者を惨殺していく描写に日常と非日常が逆転する狂気の映画。

■『カラー・ミー・ブラッド・レッド』(COLOR ME BLOOD RED)1965年80分
監督:ハーシェル・ゴードン・ルイス 出演:ドン・ジョゼフ、キャンディ・コンダー 『血の祝祭日』『2000人の狂人』に続くブラッド・トリロジーの3作目。スランプに陥った画家が、血を絵の具に使って絵を描くため、美女を殺戮していく。

■『血の魔術師』(THE WIZARD OF GORE)1970年96分
監督:ハーシェル・ゴードン・ルイス 出演:レイ・セイガー、ジュディ・クレア ハーシェル・ゴードン・ルイス最高傑作にして代名詞と言われる後期の傑作。ラストは哲学的ともSF的とも思える衝撃的展開が待っており、この作品が傑作と言われる所以である。

■『ゴア・ゴア・ガールズ』(THE GORE GORE GIRLS)1972年85分
監督:ハーシェル・ゴードン・ルイス 出演:フランク・クレス、エミー・ファレル ハーシェル・ゴードン・ルイスの監督引退作。引退作の名に恥じない大スプラッター大会が繰り広げられる。日本では長年見る機会がほとんどなかった幻の作品で、今回の映画祭は貴重なチャンスである。

 10月6日(土)よりシアターN渋谷が、2週間限定でグラインドハウスに大変身!

なんと
あの血まみれスプラッターの元祖
ハーシェル・ゴードン・ルイスの映画祭が行われるという
なんともうらやましい

つくづく東京と京都の映画格差を痛感させる記事だ

あー見てぇー
スクリーンで
字幕付で

みなみ会館さんやってくれないかなー

コーマンぐらいメジャーじゃないと無理?

日本ではHGルイス監督のDVDはかなり昔に出ただけで
ほとんど高値になっちゃってるもんで

僕も日本盤は
「血の祝祭日2」しか持ってない

「マニアック2000」のリメイク「2001人の狂宴」なんかは持ってたりするけど

他は字幕ナシの輸入盤しか・・・

せめて
この映画祭に合わせて
DVDとかBDで出してくれんかなー

アメリカでは
「血の祝祭日」「マニアック2000」「カラー・ミー・ブラッド・レッド」の
トリロジーBRが安く出てることやし

日本でもー

出してくれー

そういや
スプラッターといえば
「インブレッド」も気になるー

これも
京都での公開は未定

はううっ(;;;´Д`)

|
|

« 第20回京都映画サミット「怪談幽霊ムービー」 | トップページ | 薙刀道の試合を見に行って来ましたヽ(´▽`)/ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93245/55542409

この記事へのトラックバック一覧です: なんと!( Д) ゚ ゚ ハーシェル・ゴードン・ルイス映画祭!:

« 第20回京都映画サミット「怪談幽霊ムービー」 | トップページ | 薙刀道の試合を見に行って来ましたヽ(´▽`)/ »