« 「第19回京都映画サミット」のお知らせ | トップページ | 映画「"私"を生きる」は感動して涙するらしい »

2012年6月29日 (金)

リアル[それでもボクはやってない]

知り合いから
痴漢冤罪事件で困っている友人がいるから協力してほしい
とのメールが来た

まず本文から抜粋

さて、今日、メールをさせてもらいましたのは、友人が、痴漢冤罪で困っているから
です。
彼を救う運動の手伝いをしているので、ご協力、願えたらと思います。
 
ブログです。
http://blogs.yahoo.co.jp/kakigimuzai
 
裁判の傍聴にも行っていますが、映画「それでもボクはやってない」そのものです。
賛同して、署名をしていただけたらありがたいです。
もし、署名が可能ならば、取りに寄せてもらいます。
 
では、また。

ブログを読むとだいたいの状況がわかります
捕まった方は
学校の先生でかなりの信頼を受けている人のよう

僕自身は面識がありませんが
これだけ周りから支援を受けられる人間が痴漢をするか?ということと
メールを送ってきた知人は人間的にかなり信用できる人なので
この人が痴漢なんてする人ではない、冤罪というのなら
そうなのだと思います

ブログ中気になったのは

痴漢犯罪は日常的に摘発されており、逮捕された人のほとんどがやってようがやってなかろうが、行為を認めて(あるいは認めさせられて)何がしかの罰金を払って社会復帰されていることを知りました。

という部分

つまり、やっていようがなかろうが、認めて金を払えば楽になれるが
金を払うことを拒否すれば地獄に落とされる

やってることがヤクザといっしょでは・・・

痴漢冤罪は男であれば誰もが可能性のある事件です
もしかしたら自分が明日
満員電車の中で「こいつに触られました!」
って言われるかも

そして誤認でも逮捕された瞬間に
新聞・テレビで実名・住所を報道され
人生が狂ってしまいます

警察発表の裏をとるなどマスコミは全くしませんし
誤認だった場合の責任も全くとりません

まさに集団リンチ

そんなわけで
とりあえず
添付されていたファイルをアップします

事件概要ビラ「110311bira_qr_1.pdf」をダウンロード

要望書「youbou120211.pdf」をダウンロード

「無罪を求める要望書」
署名活動をしておられるようです

少しでも支援の気持ちがある方は
要望書をダウンロード・印刷して
署名し
万物創造房までお届け下さい

僕が責任持って
知人の手に届けます

よろしくお願いします

|
|

« 「第19回京都映画サミット」のお知らせ | トップページ | 映画「"私"を生きる」は感動して涙するらしい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おかげさまで二十数名分の署名が集まりました
明日、知人が取りに来て
明後日、直接本人へ渡されます

御協力いただいた方
ありがとうございました

投稿: 万物創造房店主 | 2012年7月12日 (木) 午後 05時02分

本日、こんな記事見つけました

痴漢で男性に無罪=「誤認の可能性」―東京地裁
2012年9月20日(木)
電車内で10代の少女に痴漢行為をしたとして、東京都迷惑防止条例違反罪に問われた都内の20代男性の判決が20日、東京地裁であり、井下田英樹裁判官は「少女が犯人と誤って男性の手をつかんだ可能性を否定できない」として、無罪(求刑懲役4月)を言い渡した。
 井下田裁判官は、痴漢に遭ったとする少女の証言は信用できると判断したが、「精神的な動揺もあり状況を的確に認識できず、後ろに手を回してつかんだ男性の手を、犯人の手だと誤認した可能性を否定できない」とした。
 さらに、男性の手に付着した繊維について、目視による鑑定しか行われなかった点を「捜査、立証上の欠点と言える」と指摘した。

これで無罪なら
明らか柿木さんも無罪でしょう

投稿: 万物創造房店主 | 2012年9月20日 (木) 午後 04時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93245/55075360

この記事へのトラックバック一覧です: リアル[それでもボクはやってない]:

« 「第19回京都映画サミット」のお知らせ | トップページ | 映画「"私"を生きる」は感動して涙するらしい »