« 「捜査官X」見に行って来ました! | トップページ | 「第17回京都映画サミット」開催のお知らせ »

2012年4月23日 (月)

「五浦と岡倉天心の遺産展」に行ってまいりました!

友人にチケットをもらったので
早速
「五浦と岡倉天心の遺産展」
に行ってまいりました

五浦六角堂再建記念 五浦と岡倉天心の遺産展 Portrait_okakuratenshin   期間:4月18日(水) → 30日(月・振休)
  場所:7階グランドホール
 ■開場時間:午前10時~午後8時
  ※最終日は午後5時閉場(ご入場は閉場30分前まで)
 ■入場料:一般800円(600円)/大学・高校生600円(400円)/中学生以下無料
 ■主催:「五浦と岡倉天心の遺産展」実行委員会(茨城大学、NHKサービスセンター)、京都新聞社
 ■後援:公益財団法人 日本美術院

   横山大観から、下村観山、菱田春草など、日本近代絵画史上に残る作家を一堂に。

Shiodeitsuura  東日本大震災は、北関東地方にも大きな被害をもたらしました。なかでも、岡倉天心が建設し、活動の拠点としていた、北茨城市五浦の六角堂の滅失は、人々に大きな衝撃を与えました。天心が創設した日本美術院の第一部(絵画)が明治39年に五浦に移されると、横山大観、下村観山、菱田春草、木村武山らは、この地に移り住み制作活動に没頭。日本近代絵画史上に残る傑作を生み出しています。現在、地元では、茨城大学を中心に、六角堂再建に向けての取り組みが進んでおり、平成24年4月には、完成する見込みです。
 本展では、五浦にとって歴史上重要な建物であり、その再建が震災からの復興のシンボルとなる六角堂、そして岡倉天心の足跡をたどることで、震災からの復興と文化財保護をアピールしていきます。

岡倉天心という人はもともと文部省の官僚なんですけど
明治の日本美術界をプロデュースし牽引した偉大な人です

今の官僚とは大違いですね

大観か誰かが天心を「筆を持たない芸術家」とか言ってた気がしますが
まぁまさにそんな感じの人で
今回、天心お気に入りの色々な品の展示もあり
その審美眼というかセンスがすばらしいことを強く感じました

天心所有の茶籠と茶道具一式とかも
地味ながら上品でセンスのいいものでした

晩年の釣りに行く姿は道士っぽい格好で
まさに仙人みたいな感じ
同時代に生きていたら一度話してみたい感じの人です

その他にも天心の弟子たちというか
天心の育てた大芸術家たちの作品が展示してあり
そちらもかなり見ごたえありました

特に平櫛田中の実物大よりでかい木彫の天心像は迫力ありましたね
Hirakushitenshin
 
「ヒップホップを必修にする!」とかのたまう
脳味噌をアメリカにやられている
クソ文科省官僚は
少しはこういう展示を見て心を豊かにして下さい

今の団塊の世代~ちょい下の現在権力席に座っておられる方々って
基本アメリカ様に脳をやられている方が多いのでほんと困ります

もうこれ以上日本を壊すのやめて下さい
壊しまくられた日本をまた建て直さなけりゃならないのは
次の僕達以下の世代です

今回の六角堂の修復でもそうですが
壊れたものを直すって
大変なんです!

日本人やめたきゃやめて
さっさとアメリカに移住せーや!( ゚д゚)、ペッ

おっと
そういえば
チケット二枚もらったので
もう一枚あまっています

誰か行きたい方は
お店までどうぞ(。・ω・)ノ゙

|
|

« 「捜査官X」見に行って来ました! | トップページ | 「第17回京都映画サミット」開催のお知らせ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

>「ヒップホップを必修にする!」
こういうこと言っちゃう人って、日本の踊りも海外の踊りもちゃんと観たことない気がします
私バレエもベリーダンスも越中おわらも好きですが、学校の必修には無理そうですね(^_^)残念ー

投稿: 235 | 2012年4月24日 (火) 午後 06時58分

>日本の踊りも海外の踊りもちゃんと観たことない気がします
ですね
どうせ
テストの点数だけがいい何も知らない東大出身クソ官僚ですよ

>学校の必修には無理そうですね
なんか
その土地の伝統的な踊りでいいと思います
盆踊りでも
よさこいでも
佐渡おけさでも
今風にビート効かしたアレンジにしてもいいし

投稿: 万物創造房店主 | 2012年4月25日 (水) 午後 07時22分

まぁ柔道を小学生から10数年やってたものとしては
柔道必修もどうかと思いますね

まず受け身の練習に一ヶ月はかけないと危ない

でも、どう考えても
授業で一時間受け身ばっかりを一ヶ月とか
普通に考えてやりたくもないですよね

その時点で授業に向いてないんですよ

そもそも~道というものは
ぱっとやって、ぱっとできるっていう類のものではないし
体育は相撲でもやってればいいと思います

相撲は~道ではありませんし

ちなみに
最近のオリンピックのはジュードーであって柔道ではありません
本来の柔道はあくまでも精神的なものを追求する道であって、勝ち負けをつけるものではないのです

投稿: 万物創造房店主 | 2012年4月25日 (水) 午後 07時31分

>本来の柔道はあくまで精神的なものを追求する道であって、勝ち負けをつけるものではない
そうなんですか
太極拳とか合気道みたいですね
そもそもいつごろ確立されたんでしょう…

小学生から10数年大の運動嫌いだったものとしては
ヨガとかどうでしょう
体育の時間が優劣とか勝ち負けとか関係なしに、自分の身体と単純に向き合う時間であってもよいと思うのです

投稿: 235 | 2012年4月25日 (水) 午後 09時58分

>そもそもいつごろ確立されたんでしょう…
始めたのは嘉納治五郎さんで
道場を開いたのは1882年(明治15年)となってますね
それまでは柔術と呼ばれていて
色んな流派があったようですが
総じて相手を倒す(殺す)ための格闘技的性質が強かったようです

ま、オリンピック種目にしたのがそもそもの間違いですね
勝ち負けつけないとダメですし・・・

>ヨガとかどうでしょう
今の世界的に流行りのヨガも正しく言うと
西洋式ヨガ風ストレッチ体操で
西洋人が考え出したものであり
本来のヨガとは別物なのです

今はインドにも逆輸入されて
ご当地でも西洋式ヨガが流行っているようですけど

まぁでもヨガ風体操はいいかも
一応アジア的だし
健康的で怪我もしない

必修にまですることはない気もするけど

投稿: 万物創造房店主 | 2012年4月26日 (木) 午後 02時35分

>西洋式ヨガ風ストレッチ体操
あー
だからヨガ系の雑誌って、なんかノリがアメリカンなんですね
あでも
ヨガでも身体痛めるそうです下手すると
タイ古式のマッサージ師の人が、ヨガの先生が痛めてたまに来ると言ってました。

投稿: 235 | 2012年4月26日 (木) 午後 08時33分

>ヨガの先生が痛めてたまに来る
先生がって
何か間違ってる気がする・・・

投稿: 万物創造房店主 | 2012年4月27日 (金) 午後 08時47分

貰ったチケットで行って来ました。
が、最終日は午後5時までという所を見逃してまして、4時50分くらいに着いてチケットを見せようとしたら「そんなんいいから早くして!」って感じで見せる前に入場できちゃいました。
そんで、どれもこれもじっくり見ることが出来ず(長くて1分くらい)最後の方で明日の準備があるから早く出てくださいとアナウンスが
一応歩きながら全部見れましたが説明とかは全然読めず。

ちなみにさっと見た中では屏風が良かったです。

投稿: | 2012年4月30日 (月) 午後 11時44分

↑のコメントに名前入れ忘れてた・・・

投稿: ベジ太 | 2012年4月30日 (月) 午後 11時46分

>貰ったチケットで行って来ました。
もともとはMNMさんからなのです

>説明とかは全然読めず。
説明は別に読まなくてもいいよ

Don't think ,Feel!

最近、こればっかり言ってる気がするが・・・

>屏風が良かったです。
そういや竹の屏風よかったな
確か大観と観山の恊作か何かやったような

投稿: 万物創造房店主 | 2012年5月 2日 (水) 午前 02時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93245/54541773

この記事へのトラックバック一覧です: 「五浦と岡倉天心の遺産展」に行ってまいりました!:

« 「捜査官X」見に行って来ました! | トップページ | 「第17回京都映画サミット」開催のお知らせ »