« 江戸時代の福グッズ「お福さん人形」 | トップページ | 江戸時代の福グッズ「招き猫」 »

2012年3月 6日 (火)

江戸時代の福グッズ「福助さん人形」

これまでにわたくしがコレクションしている
江戸時代のオーラある福グッズ

次は「福助さん人形」です
Fukusuke
今の可愛らしい福助さんと違って
妖怪ぬらりひょん並みの妖気を放つ一品

福助人形とは

 元々は、文化元年頃から江戸で流行した福の神の人形 叶福助。願いを叶えるとして茶屋や遊女屋などで祀られた。叶福助のモデルとなった人物も実在したと言われている。松浦清の『甲子夜話』にも登場する。当時の浮世絵にも叶福助の有掛絵が描かれ、そこには「ふ」のつく縁起物と共に「睦まじう夫婦仲よく見る品は不老富貴に叶う福助」と書かれている。

お福さんと同じく起源は諸説あるが

享和2年(1802年)8月に長寿で死去した摂津国西成郡安部里の佐太郎がモデルである。もともと身長2尺足らずの大頭の身体障害者であったが、近所の笑いものになることをうれい、他行をこころざし東海道を下る途中、小田原で香具師にさそわれ、生活の途を得て、鎌倉雪の下で見せ物にでたところ、評判がよく、江戸両国の見せ物にだされた。江戸でも大評判で、不具助をもじった福助の名前を佐太郎に命じたところ、名前が福々しくて縁起がよいと見物は盛況であった。見物人のなかに旗本某の子がいて、両親に遊び相手に福助をとせがんで、旗本某は金30両で香具師から譲り受け、召し抱えた。それから旗本の家は幸運つづきであるのでおおいに寵愛され、旗本の世話で女中の「りさ」と結婚し、永井町で深草焼をはじめ、自分の容姿に模した像をこしらえ売りにだした。その人形が、福助の死後、流行した、という。

というのがなんとなくリアルで一番いい感じ
でも1800年代だと一代目幸衛門は作れないんだよなー

もっと前から福助はあったのか、なかったのか

荒俣宏氏「福助さん」(筑摩書房)によると


正座・四角い座布団・裃というものから
福助人形は 徳川吉宗八代将軍の時代(1716年~)より以前には 
溯らない
座布団は以前は丸いものであったし
正座というのは昔はなく あぐらか片ひざを立てた座り方が普通でありました
また改まった時に裃を着る習慣も吉宗の頃の時代から始まった

とのことですが

うちの福助さんは方膝立て・座布団なしです

裏には釘彫りで
東福亭 幸衛門
とサインが入っていまして

型モノの量産品ではなく
作家モノのようです

幸右衛門の銘は
古い伏見人形にときどき見られますが
ほとんどが判子で
手彫りは珍しいっぽいです

もしかして元祖?

東福亭幸衛門
本名鵤(いかるが)幸衛門--備前浮田(宇喜多)秀家の重臣・林玄蕃の家来でありましたが、関が原の合戦で浪人となり、伏見稲荷の傍ら東福寺門前に居を構えて、生計を立てるため土人形を作り、人形屋幸衛門として名を上げました。

1600年代の人のようですね

まぁ座布団に正座の福助さんならそこまで遡るとおかしいわけですが
方膝立て・座布団なしなので
400年前のものの可能性もでてきたりしちゃうわけですね

ちなみにこの幸衛門
「天下茶屋の仇討」で有名な人で
これを歌舞伎化した「敵討天下茶屋聚」も大人気だったとか

天下茶屋の仇討(てんがちゃや の あだうち)
 慶長14年 (1609) に、林重次郎と源三郎の兄弟が父の仇である当麻三郎右衛門を大坂・天下茶屋で討った事件。
 宇喜多秀家の家老林玄蕃は、家中の長船家長との争論が原因で、慶長5 (1600) 年9月2日夜、当麻三郎右衛門のために闇討ちにあった。その子重次郎と源三郎の兄弟は敵をたずねもとめて苦心の末、当麻が大野治長の家来となり、伊藤将監と名を変えているのをつきとめた。兄重次郎は病態のために途中でむざんな返り討ちにあい、弟源三郎は忠僕鵤幸右衛門の助力によって、慶長14年3月3日、天下茶屋で首尾よく父と兄との仇を討った。

人気演目だったので幾度となく浮世絵にもなってます
Kouemon

いやー
この人の研究だけで一冊本を書けそうですね

|
|

« 江戸時代の福グッズ「お福さん人形」 | トップページ | 江戸時代の福グッズ「招き猫」 »

コレクション」カテゴリの記事

コメント

>もともと身長2尺足らずの大頭の身体障害者であったが

仙台四郎みたいですね。
やっぱり障害者独特の良い雰囲気があるんでしょうね
なんかこういう話和みます。

投稿: ベジ太 | 2012年3月 6日 (火) 午後 11時02分

>障害者独特の良い雰囲気
現代は障害者を全くないもののように扱って活用できていないように思います
良識ある方々のおかげで、いつの間にか障害者は蓋をされる臭いものになってしまいました
悲しい事です

障害者のキャラクター人形とかありえない世の中もどうなんでしょうね

車椅子のリカちゃんの妹とか
なんでないんでしょう

投稿: 万物創造房店主 | 2012年3月 7日 (水) 午後 07時11分

最近ヒマやし、四郎さんでも福助さんでも来てほしい。ほんまに御利益あるんやったら、タダで飲み食いさせてあげるのにな…(T_T)

投稿: 水美 | 2012年3月 7日 (水) 午後 08時46分

>最近ヒマやし
うちも最近ヒマです
まぁヒマやからブログ書けたりするんですけど…

もうちょっと暖かくなって桜の季節になったら人も増えるかなぁ~なんて思ってます

>四郎さん
って誰なんでしょ

V3の風見志郎は字が違うし
岸部四郎?

そのうちわたくしもお邪魔したいと思います

ところで
最近、海豚料理とか蠍料理がひじょーに食べたいのですが
メニューに入れません?

投稿: 万物創造房店主 | 2012年3月 8日 (木) 午後 08時58分

四郎さんと云えば、仙台四郎さんじゃないですか。仙台幸子も居るそうです(笑)イルカ料理は…サソリも…うちの大将に「もっかい死んでみる?」って言われますよ。何回も死ねませんってツッコミましたがsweat01

投稿: 水美 | 2012年3月10日 (土) 午前 05時50分

>仙台四郎
いやー知らなかったですね
今の今まで

仙台幸子も知りませんでした

仙台幸子さんが障害者じゃないのが残念ですね

>「もっかい死んでみる?」って言われますよ。
絶対やったら人気出るのにー (*^_^*)

京都水族館開業記念
イルカの解体ショーとかやってくださいよー

投稿: 万物創造房店主 | 2012年3月10日 (土) 午後 09時11分

うちの店狭いんで、勘弁して下さい(笑)

大将がイルカさばいたコトないし、骨の入り方がわからんなあ…って、分かったらやんのかいっ!

投稿: 水美 | 2012年3月13日 (火) 午後 06時45分

んー残念

あと変わった食べ物として土ってのもありますよ
土食わせる店ってどうですか?

話題沸騰
まず日本にないですよ

とりあえず
知り合いのイタリア人に兎肉が食べられるイタリアンレストランを教えてもらったので
そのうち食べに行きたいと思っています

投稿: 万物創造房店主 | 2012年3月14日 (水) 午後 07時03分

昨日、人から聞いたんですが
どうやら御釈迦さんが生まれるとき頭が大きすぎて、それがつっかえて、お母さんが死んじゃうという事件があったようで

それが元ネタのひとつでは?

ということでした

御釈迦さん→実物の水頭症の福助さん人気→福助人形とも考えられますし

御釈迦さん+実物の水頭症の福助さん人気→福助人形かもしれません

まぁ何にしろ現在の福助さん・お福さんはあらゆるものの集合神と言えそうですね

投稿: 万物創造房店主 | 2012年3月16日 (金) 午後 02時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93245/54157822

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸時代の福グッズ「福助さん人形」:

« 江戸時代の福グッズ「お福さん人形」 | トップページ | 江戸時代の福グッズ「招き猫」 »