« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の7件の記事

2012年1月28日 (土)

節分祭休み

2月2日(木)~4日(土)
神泉苑節分祭お手伝いのためお店をお休みいたします

4日は映画サミットですが
たぶん18時ごろには片付けも終わって店を開けられると思います

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

「第14回京都映画サミット」開催のお知らせ

諸所の事情により
告知が遅くなりましたが

来る
2月4日土曜日
万物創造房閉店後20時より
第13回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のお題は
「女任侠ムービー」です

女任侠モノの礎を築いた
藤純子の緋牡丹博徒シリーズ

野良猫ロックの日活から東映に路線変更した
梶芽依子の銀蝶渡り鳥シリーズ

エロをふんだんに取り入れ一味違った
池玲子の猪鹿お蝶シリーズ

あたりを見たく思います

いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするものです

また
スペースの都合上
先着10名様までとなっております

それでは参加希望
お待ちしております

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月27日 (金)

うさぎの耳あて手に入れましたヽ(´▽`)/

スーちゃんが耳あてをしているのを見て
自転車で寒い中走ることの多いわたくしは
いつかあんな耳あてを狩ってやろう
いや
買ってやろうと思い

時は流れ・・・

時は・・・そんなにたってないけど

ついに手に入れちゃいました

ふふふ( ´艸`)

バーン!!(゚ロ゚屮)屮
Usagimimi1
(from楽天)

嘘です・・・

うさぎはうさぎですけど・・・

実は・・・

ババーン!!(゚ロ゚屮)屮
Usagimimi15
(from楽天)

これもウソです・・・

うさぎはうさぎですけど・・・

実は

バババーン!!(゚ロ゚屮)屮
Usagimimi2
(from楽天)

うさぎ皮なのでしたー

さっそくコレをやって徘徊していますが
コレ実に暖かい!
さすがうさぎの毛皮!

ベジ病に罹ったり
毛皮反対運動などに身を投じておられる方もおられますが

毛皮すばらすぃー
毛皮暖かーい
毛皮もふもふぅー

いやー毛皮いいですなー

で、本日うさぎ耳あての写真を探して楽天を徘徊していましたところ
こんなものを発見してしまいました
Earmaffler
(from楽天)

なんとーヾ(.;.;゚Д゚)ノ

こちらの方がもふもふ度が高く
首に巻いたときも暖かじゃございませんかー

しかも
わたくしが買った値段より安いー

つーわけで
早速、ぽちっと注文 へ(´∀`)

しちゃいましたー

あー待ち遠しい

二匹目のうさちゃんを耳にくっつける日が・・・もうすぐ・・・

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・*

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2012年1月23日 (月)

第13回京都映画サミット「香港特撮ムービー」

第13回京都映画サミット
「香港特撮ムービー大会」
天候が若干悪い中
無事終了いたしました

「ワンダーガールズ東方三侠」

お正月映画ということで
香港三大女優が集結したヒーローモノです
ストーリーにはツッコミ所も多々ありますが
娯楽性重視でとてもテンポよく面白い

面白ければええやん
そんな感じの映画です

僕はアニタムイ、ミッシェルヨー、マギーチャン
三人とも大好きなんで
三人が大活躍するこの映画は大好きな香港映画のひとつですね

しかし、アニタ姉御が若くして亡くなったのはほんま残念
なかなかこんなアクションできて演技もできて個性的な唇の女優さんいませんよ

そういえば映画の中で
アニタムイの夫が
「ワンダーウーマンの正体は気付いていたよ、目でわかった」
とか言うんですけど
その前に唇やろー!ってツッコミたくなります・・・
 
 
 
「中国超人インフラマン」

ショーブラザーズがマンネリ化低迷していて、なんとか新しいことやろうとしていた時期なんでしょうな
香港で日本の特撮が人気だったのに目を付け
日本の特撮チームを呼んで、こんなのを作っちゃったのでした

シリーズが続いていないのを見ると、それほど人気が出なかったのか・・・

サイボーグが巨大化する原理もよくわからないが
とりあえず巨大化して闘い
挙句の果てには小さい怪人をプチッと踏み潰し殺したり
切っても切っても首が生えてくる怪人の首を何回も何回も首切りしたり
アクションがカンフー味でカッコよかったり
防衛隊の隊員も総員カンフーで敵の戦闘員とウジャウジャ戦ったり
香港ならではの光るシーンもときどきある

でもまぁなんつーか
時間が長いのもあって途中から全てがワンパターンになって全体的にダレ気味である

音楽がダレーっとしてて菊池俊輔みたいなのがないのも痛い

巨大化シーンを真ん中に持って来るのも間違ってるような
あれで最大の山を越えてしまった感があり
あれを境にダレて来る感じ

しかしダニーリーもオイルマンといい
色んなもんやらされて大変だなぁー
 
 
 
「如来神拳 カンフーウォーズ」

香港の人気漫画「如来神掌」を映画化したらしい
長いストーリーを93分に凝縮してあるので、とてもサクサク話が進み快適だが
登場人物もそこそこ多く、よく見てないと置いて行かれるかもしれない
(特に女性陣が見分けがつきにくい)
まぁ素直な展開なんでわかりますけどね

しかし
カンフー+SFX満載の戦いはなかなか見ごたえがあって楽しいです
ツイハーク以外にもこういう映画を作ってる人がいたのだなぁとちょっと感心
如来神掌はビーム技なので意外に地味で、どっちかというと敵の足伸び攻撃の方が迫力があってよかった
ほんまCG使わんとよーやってるわぁ・・・
 
 
 
「蜀山奇傅・天空の剣」

ツイハークのSFX満載ファンタジー武侠モノ
面子も豪華で
ユンピョウ、マンホイ、ムーンリーのトリプル主役プラス
サモハン、ブリジットリン、ジディオング等々色々な人が出ている

昔ビデオで見たときは面白いと思ったのだが
今、DVDで見てみるとイマイチ
なんでかな~と思ってビデオを引っ張り出してきて見直してみると

1.字幕が違う
ビデオの方が話がよくわかり、しかもテンポよく面白い

2.音が悪くなってる
DVDの方は何故か効果音や台詞の音がこもっている
そこに音楽だけでかくなっていて効果音が聞こえず全体的にメリハリのないダレた感じに
ビデオより音の悪いDVDっていったい・・・

それ以外に編集などで違うところは見つからなかったが
明らかビデオの方が面白い
たったそれだけで面白さが変わる
映画と言うものは恐ろしいものだ

それから、このジャケはいったいなんなんでしょ・・・
主役三人が全く出ていない表紙って・・・
しかもブリジットリン二人出てるし
映画の内容知らん人がジャケ作ったんでしょうか?
どういう経緯でこうなったんかさっぱりわからん
 
 
 
「スター・フォース~未知との遭遇~」

ジャケとかタイトルを見ると近未来SFっぽく見えるけど
舞台は当時の現代香港
スターウォーズ的なものはほとんどなく、副題の「未知との遭遇」の方がまだ内容に近い

天下のショーブラザーズがMrBoo人気にあやかろうと思ったのか
スピルバーグの「1941」的なモノを作ろうと思ったのか
何を考えて作ったのかよくわからない実に狂ったコメディ映画である

主役はさえない二人+チェリーチェン
(↑この二人が主役だとわかるまで時間かかりました、それくらい冴えない)
脈絡のない適当などうでもいい展開で、本来なら全く面白そうにないのだが
これがなぜか面白くツッコミながら見れるから不思議だ

チェリーチェンがマリリンモンローの格好をして地下から吹く風でパンチラを見せると
車が10台ぐらいクラッシュするのだが
正直、全くストーリーと関係なく、いらないシーンである

そういうどうでもいいシーンにやたらと金をつぎ込んである
アホである

UFOが飛び立ったりするシーンもよくできているし
ダースベイダーもどきもUFO内部もライトセイバーもライトヌンチャクも意味なくよくできている

そういう狂ったショーブラ資金とショーブラ力の入れ方とチェリーチェンの痛いほどのアホ演技
なぜだか笑えるくだらないギャグ
それがごちゃ混ぜになって何だかわけわからんけど全てが面白い

そんな映画です

また、清純派女優チェリーチェンのお色気シーンやアホ演技も希少珍品としての価値があることは間違いないので
そのあたり気になる人にもオススメ

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2012年1月 9日 (月)

「第13回京都映画サミット」開催のお知らせ

来る
1月21日土曜日
万物創造房閉店後20時より
第13回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のお題は
「香港特撮ムービー」です

アニタムイ、ミッシェルヨー、マギーチャンの三大ヒロインでマーブル系ヒーローを香港なりに作った
「ワンダーガールズ東方三侠」
なんと監督は香港ノワールで今をときめくジョニートーと女性アクションを作りたくて仕方のないチンシウトンのダブル監督

ショーブラが作ってたスターウォーズのパクリ?コメディ
「スター・フォース~未知との遭遇~」

ユンピョウ、サモハン、ムーンリー、ジュディオングと超豪華メンバーのファンタジー武侠モノ
「蜀山奇傅・天空の剣」
監督はその昔、香港のスピルバーグと言われていたツイハーク

ショーブラが作ってた日本特撮ヒーローモノのパクリ?
オイルマンに続いてダニーリーがまたまたやらされてます
「中国超人インフラマン」

ショーブラが
大映の特撮クルー全面協力の下作ったファンタジー映画
ティロンが大蛇とかと闘うらしい
「蛇王子」

カンフーハッスルの如来神掌のモトネタ(なぜか拳に改題されておる)
トンデモファンタジーカンフー映画
「如来神拳 カンフーウォーズ」

等々
予定しております

いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするものです

また
スペースの都合上
先着10名様までとなっております

それでは参加希望
お待ちしております

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2012年1月 4日 (水)

いぬがいぬ

P1000323
1月2日の夜
犬に餌をやろうとして呼んでも出てこない

冬は暖かいからか
家の床下によくいるので
昼姿を見なくてもなんとも思わなかったが

さすがに餌を食べに出てこないのはおかしい

風で門が開いたりして
外へ脱走して
また風で門が閉まって入れなくなったのかとも思い

家周辺を見てみたが
姿は見当たらないし
声もしない

とりあえず暗いし
床下で寝入っている可能性も薄いがある
明日、明るくなってから
もう一度見てみようと思い

餌は置いたままその日は寝た

朝、起きて餌を見てみると
微妙に減っているが
これは鳥か鼠か鼬だと思われる

うちの犬ならもっと食べる

床下を懐中電灯で照らして見てみたが
姿は見えない

家の周りにもいない

もしかして脱走中に捕まったかと思い
動物愛護センターに電話してみたが
正月3日までは休みだった

保護活動もしていないよう

とりあえず次は警察署に電話してみる

警察署に保護された犬は現在いないようだ

署員の人に遺失物届けを出すように勧められたので
近くの警察署に遺失物届けを出しに行った

これを出しておけば警察のデータベースに載り
保護されれば知らせが来るはずだ

そして
結局、3日も犬は帰って来なかった

4日になり
動物愛護センターの営業も始まったので
とりあえず電話

今のところ該当する犬は保護されていないとのことで
とりあえず
愛護センターのデータベースにも載せてもらった
これで
こちら側に保護された場合も知らせが来るはずである

みなさんもどこかで見かけたら
お知らせ下さい

名前 マック
特徴 柴犬系雑種 茶に白
    12~13歳
    茶の皮首輪してます

象や猫が死期が近くなるとどこかへ旅立って行く話は聞くが
犬は聞いたことがない

いったいどういうことなのだろうか・・・

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

追記

家族情報によると2日の朝起きると
門が風のためか全開になっていたとのことで
1日の夜から2日の朝にかけていなくなった可能性が高い

しかし
今までなら脱走しても適当にそこらへんを走って
満足したら帰って来ていたのだが・・・

間彩さんの言うように
急に野生に目覚めたのか・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2012年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます

2012
一昨年、クロネコさん間彩さんと始めた映画サミット
順調にメンバーも増え、行うこと計12回となりました

三年目に突入しましたが
まだまだネタはありますので
これからもビシバシやっていきたいと思いますので

みなさん
着いて来て下さいね

最近は普通よりの映画議題が多かったですが
そろそろディープな方へも舵を切ろうと思います

処刑映画大会
人食い映画大会
モンド映画大会
カークラッシュ大会
アレハンドロホドロフスキー大会
マカロニウエスタン大会
マッハ大会
怪談映画大会
女囚映画大会
パムグリア大会
真田広之大会
リベンジムービー大会2
ゾンビ大会2
等々
色々考えております
 
 
 
さて、去年はさらに
となりの人間国宝さんに認定された年でもありました

テレビに出るのは実は二回目です
一回目はKBS京都の姉小路通り沿いのお店紹介みたいな番組で、ローカル局ですから
あまり見た人はいませんでしたが
さすがに「よーいどん」は見てる人がかなり多いらしく
色々な人から反響がありました

お店も放送後、一週間ぐらいはけっこう人が多かったですし
婿に来ないかなんて話も何件か来ました(^_^;)
 
 
 
その他
去年は動画初挑戦の年でもありました

持ってるパソコンのマシンスペックがしょぼいので
たいしたことができないのですが
とりあえずいくつか作りました

主に写メで撮ったものを並べて紙芝居にし
音や音楽をつけてムービーにしています
しかも、わざとノイズやフィルム傷を入れて汚くして・・・
まぁ
超貧弱環境を逆手に取ったような、ある意味新しい動画ができました

けっこう気に入ってます
 
 
 
今年も
去年までのことをよりディープに掘りつつ
さらに新たな事にも挑戦していきたく思います

それでは
今年もよろしくお願いします
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・*

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »