« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月の7件の記事

2011年9月30日 (金)

ナチュラル ボーン テラーズ ZERO 「直撃!片腕地獄拳」

出すキャラがないので
コレクションしてた
もうひとつのバービー(グリースエディション)

開けちゃいました


できましたー

エピソード0
Natural_born_terrors_zero
完結の3ほったらかしで
スターウォーズサーガみたいになっております

今回は石井輝男&ジミーウォン風味です
エログロバイオレンスに力を入れております

ナチュラル ボーン テラーズ ZERO 「直撃!片腕地獄拳」 予告編
まいすぺーす

ゆーちゅーぶ

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2011年9月26日 (月)

ナチュラル ボーン テラーズ2

前回トレーラーが好評だったので
さらに続編、2のトレーラーを作ってみました
Natural_born_terrors2

今回はアクション重視です

写メの静止画でどこまでアクション風味が出せるか
そのあたりに挑戦です

制作手順は
1、フィギュアを並べ写メを撮る
2、紙芝居ソフトで写真を並べてムービーに出力
3、ムービー編集ソフトで効果音・音楽を入れる
以上です

全てフリーのソフトでできちゃいます
みなさんもやってみませう

「ナチュラルボーンテラーズ2」予告編 あっさりver.
マイスペース

ゆーちゅーぶ

「ナチュラルボーンテラーズ2」予告編 こってりver.
マイスペース

ゆーちゅーぶ
こちらの方がやはり再生がスムーズ

それでも
もとの動画ファイルをパソコンで再生したときからは
コマ落ちと画質劣化してるねー

これはネットワーク環境によるのかなぁー
光とかだともっとキレイ?

誰かご報告を!

| | コメント (13) | トラックバック (0)
|

2011年9月25日 (日)

第十回京都映画サミット開催のお知らせ

来る
10月15日土曜日
万物創造房閉店後20時より
第十回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のお題は
「似非ニンジャムービー」です

何故かニンジャって世界どこでも人気で

何故か世界のいたるところでニンジャ映画が作られてるんですよね

そんな
確かに忍者なんだけど
何かがおかしい
もしくは
大きく間違ってる

そんな世界の人たちが愛して止まないニンジャ映画を色々観たく思います

ラインナップとしては
「アメリカンニンジャ」
「ザ・ニンジャ」
「ハンテッド」
「忍者大戦」
「忍者vs阿羅漢」
「少林寺vs忍者」
そして
日本代表として
「未来忍者」

あたりで

参加費は何かみなで飲み食いするものです

ちなみに
日本酒・缶ビールは現在余っております
ソフトドリンク系は毎回足りなくなるのでこぞってお持ちください

また
スペースの都合上
先着10名様までとなっております

それでは参加希望
お待ちしております

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2011年9月22日 (木)

ナチュラル ボーン テラーズ

この度
個人的に
ブルースリー
1/6フィギュアを購入いたしました

なんと
オークションで7400円(送料込)

んー超安\(◎o◎)/!

で、色々とコレクションしていた武器を持たせて写メを撮りまして

日本ヤクザ風
Nihontobl

ジョンウー映画風
Jhonwoobl
ちなみに白いスーツは
リカちゃんのパパのヤツ

840円なり

実はリカちゃんもバービーもジェニーも1/6サイズなんですねー
でも
パパはいけるけどリカちゃんもジェニーも子供なのでやや小さく
アメリカ人大柄バービーに服を流用したりはできません

バービーはブルースリーより背が高いし
ある意味リアル

バービー(映画「グリース」エディション)とからませてみる

Baaarbiebl2

Barbiebl4

それらの写メを
間彩さんに送って見せたところ
「映画にしよう」
と返信が返って来たので
とりあえず店も暇なもんで
ザクッとコラージュして
こんなものを作ってみました
Natural_born_terrors
ポイントは「ナチュラルボーンキラーズ」と一字違いで
「キ」と「テ」を勘違いしてレンタルで間違えて借りちゃいそうなタイトルです

これを送ると
今度は
「トレーラーを作れ!」
と指令が来たので
紙芝居ソフトで簡単なトレーラーも作っちゃいました


マイスペースにアップしようとしたらできない・・・

どうやら
一部に使った某アーティストの曲がひっかかってるようです
一部なのによく検知するなー
全曲オリジナル音源で作り直します

でけたー
ショートバージョン まいすぺーす

間彩さんから再び
「例のアノシーンがない!」
とかメールが来たので

作りましたよ
ロングバージョン まいすぺーす
R18 です(*^_^*)
ちょっと話変っちゃってますけど・・・(^_^;)まぁいいや

マイスペース重くて音が遅れるので
ゆーちゅーぶにもアップしました
ショートバージョン

ロングバージョン

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2011年9月11日 (日)

第九回京都映画サミット「スーちゃん・テンテンちゃんがいてるとまず見れない映画」

昨日行われた
第九回京都映画サミット

常連メンバーの
間彩さん欠席
スーちゃん行けるかわからない

そして
一番マッハを見たがっていたテンテンちゃんも欠席

というわけで
お題「マッハ!!!!!!!」を急遽取り止め

緊急お題
「スーちゃん・テンテンちゃんがいてるとまず見れない映画大会」
に変更されました

さて何を見たのかといいますと・・・

一作目
「ソドムの市」

マルキ・ド・サドの小説「ソドムの120日」の設定をナチに置き換えた

ある意味イルザシリーズなどの
ナチプロテーション映画に分類してもいいかなと思う映画であるが

ナチプロテーションが観客を喜ばせるために作っているの対して
こちらは全く観客に媚びることなく
ひたすらパゾリーニ監督の主義主張で貫かれている

ナチ影響下のイタリアのムッソリーニがぶち立てた政権、サロ共和国の田舎の豪邸で
顔重視?尻重視?家柄重視?と
選定基準のよくわからない美少年・美少女を飼い
わんわんプレイ・超尻フェチ・前も後ろも強姦・食糞・飲尿・エロ話・惨殺 etc.と
変態プレイ三昧で美しくもありグロテスクでもある世界を
巨匠モリコーネの音楽が叙情的に彩る

人によってはもう二度と見たくないという人もいるほど
人間の醜悪さと美しさの間の微妙な世界を曝け出した強烈な映画

ちなみにパゾリーニ監督はこのとき使った美少年の1人を実際に飼い始め
直後この少年に撲殺されるという
すさまじい死に方をしている

たぶんこのような映画は二度と作れないだろうなー
 
 
 
と・・・
ここでスーちゃん登場
「バイト終わってちょっと来ましたー」

とりあえず
慌てて
映画の路線を修正

二作目
「トッポジージョのボタン戦争」

日=伊合作パペット映画
なんと
パペット師はイタリア人だが
監督が市川崑
共同脚本・作詞が永六輔
音楽が中村八大
とすごい面子で作られている

内容は市川崑らしく影の濃いシュールでダークな雰囲気で
とても子供向けに作られたとは思えない内容

冒頭から寂しく独り言を話し続けるジージョが孤独感満開で超可哀想だが
マトリックス並みの弾丸扱いを見せ銀行強盗を防ぐ活躍をするも
誰にも気付いてもらえず足蹴にされ
唯一の友達と思っていた風船ちゃんも死亡
さらに悲惨な感じに・・・
遺体を洗うジージョ・・・
あまりに可哀想過ぎて・・・泣けちゃいます(/_;)

個人的には
銃を撃とうとしてる銀行強盗に地味に陰険な意地悪をして撃たせないジージョと
弾丸掴み取りをするジージョが良かった

ちなみにボタン戦争のボタンは・・・服のボタンではありません
なんと・・・核ミサイルのボタンなんです・・・
銀行強盗の狙いが何故か核ミサイルのボタンで、ジージョは世界を核の火から救ったのでした・・・
 
 
三作目
「マチューテ」

タランティーノとロドリゲスの「グラインドハウス」の冒頭
フェイク予告編として挿入されていた「マチューテ」がまさかの映画化!

この勢いで
「ドント!」
「ナチ親衛隊の狼女」
「感謝祭」
も映画化を!

内容は70年代ブラックエクスプロテーション映画オマージュの
銃撃ガンガン・爆発ボカボカ・ナイフひゅんひゅん・血がドバドバ・首がすぽぽーん・ちょっとエロエロな映画
当時は黒人主役が主流だったのをのをメキシコ人に置き換えた感じ

きちんと予告編にあった場面も出てきます

ストーリーはそれなりに面白いけど
まぁストーリーなんてどうでもいい感じで
ひたすらかっちょいい戦いが続く!

けっこう血が飛び・手が飛び・首が飛び
スプラッター描写が激しいけど
ホラー映画を怖がって見てたスーちゃんが笑って普通に見てたところを見ると
意外に誰でも気持ちよく見れるスプラッター描写なようだ

キャストもデニーロ、ジェシカアルバ等々すげー豪華なんだけど
一番よかったのはやっぱりセガール

ちょっとデブっちゃったセガールは無敵の正義の味方より、死んじゃう悪の手先が似合ってる!
しかも十文字切り切腹で死にます・・・(ToT)/~~~

何も考えずにサクッと楽しめる
エクスプロテーションのお手本的映画でしたー
 
 
ここで
スーちゃんが帰ったので
再び元の路線に戻りました

四作目は
「ピンクフラミンゴ」

お下劣系オシャレ映画で
カルト最低監督ジョンウォーターズの代表作

役者さんの演技は微妙だけど個性は強烈で
音楽やファッションがオシャレ
で、ひたすらお下劣

ストーリーはほんとどうでもよく
誰が世界一お下劣かどうかで揉めるという話

で、また
この映画も途中で気持ち悪くなって脱落した人を知ってます

僕は全然平気ですけど

お知りの穴で歌ったり
復讐のために相手の家の家具という家具を嘗め回したり
何かと超お下劣でヒドイ
そして
ラストまで行き着いた人には
衝撃の犬のウンコ食べ映像がオマケでついていて
このウンコ食べ映像は
「ミミズバーガー」の甘噛みミミズ踊り食い
「ソドムの市」の上品な糞食シーンを抜いて
怒涛の映画史上世界一のお下劣ゲテモノ食いシーンです

まだ「ソドムの市」はウンコに似せた何かを食べている可能性を残しているが
「ピンクフラミンゴ」では長回しのまま、犬から出た瞬間リアルに食べている

くしくも
今日は二大ウンコ食映画を両方観てしまったわけですな~
 
 
五本目
「LAゾンビ」
Lazombie

2010年、ロカルノ国際映画祭の正式招待作品だったにもかかわらず、メルボルン国際映画祭では上映を禁じられた。映画祭側は上映を強行しようとしたが、事務局に押し入ってきた警察が上映用マスターを押収し、その上、「焼却」したのである。

という曰く付のゾンビ映画
公式HP
驚いたことに日本でも一度だけ公開されているようだ
今回見たのはハードコアver.で
どう違うかというと
たぶんゲイのFUCKシーンがふんだんに入ってるか入っていないかの違いだと思う
まぁ普通の人はノーマルver.の方が全体の流れがよくていいかも

オシャレな音楽とオシャレな画面で
オシャレなメイクのマッチョゾンビが死んだ人の傷に男性器をツッコミ精液で癒して生き返らせた後
FUCK・・・ひたすらゲイFUCK
その繰り返しな映画
特にストーリーなぞはございません

しかし
ゲイの人は何故みんなマッチョなのだろう・・・

よほどのゾンビマニアで
変り種のゾンビ映画が見たい人かゲイの人にのみオススメ
一般人の方は見ない方がよろしいかと思います
 
 
六本目
「バッドバイオロジー狂った♂♀ヤツらども」

フランクヘネンロッター監督
この監督の「バスケットケース」って作品が僕はけっこう好きなのだが
あの映画を撮ったときからかなり時間がたって、もうだいぶおじいちゃんになってるはずなのに
未だ、なんらパワーが落ちていないことにビックリした

映像がデジタルっぽくなってたり
音楽も今時なラップ系でかっこよくなっているが
チープなグロモンスター
アホながら哀愁漂う物語

同じ感覚を持ち続けて、未だにこういう映画を撮り続けている監督に乾杯!

そんな感じで本日の映画サミット

しゅーりょー

| | コメント (6) | トラックバック (0)
|

2011年9月 3日 (土)

恋人監視アプリが鬼畜で話題らしい

8月28日に公開されたばかりの『カレログ』
Karelog
携帯電話を利用し
彼の位置情報
彼の通話記録
等々がわかってしまうアプリである

この「カレログ」が
ヤンデレ系女子御用達の鬼畜アプリとして話題沸騰中らしい

カレログHP

こういった恋人監視アプリ
実はお隣韓国では1年前から登場していて
かなり社会現象になっていたようだ

昨年登場して以来、話題を集めているのがスマートフォン用アプリ『オッパミッチ(お兄ちゃんを信じているよね)』。韓国では、恋人監視アプリの中で最も有名なアプリといえる。相手が今どこにいるのがリアルタイムで確認することができるのだが、恋人同士のトラブルが相次ぐことから「悪魔のアプリ」、「破局アプリ」とも呼ばれている。

もちろん、対策アプリも登場。『オディゲ』というアプリは、利用者が実際にいる場所とは違う、事前に指定した任意の場所を相手に表示する。つまり、恋人と位置追跡アプリを使っていても、これを使えば相手にうその場所を教えることも可能。だが、ここまでくると、いたちごっこといえる。

最強の恋人監視アプリと言われている『カップル覚書』では、位置共有、位置追跡、通話内容、メッセージ共有など、かなり強力
アホです
こんなんやりたがる女とはソッコー別れます、わたくしなら

韓国では逮捕者も出ていて

『オッパミッチ』を作った開発者キム氏(25)は、2011年6月18日、ソウル九老警察署に、放送通信委員会に申告なく他人のスマートフォン位置情報(GPS)を利用したサービスを数十万人に提供し、合法的な手続きで利用者に同意を得なかった容疑で立件されている。

らしい

しかし日本版が恋人追跡ではなく
彼氏追跡アプリになったのはなぜなのだろう?

日本は女性団体がうるさいから
女性を外した設定にしたのだろうか・・・

確かに
彼女監視アプリとしてスタートしたら
瞬く間に女性団体に吊し上げられ、大変なことになってたように思う

日本て不思議な国ですね
男には何をしても差別にならない

実は日本って男性社会に見せかけて
卑弥呼の時代から変わらず女性支配の国なのかもしれません

明治に西洋キリスト教的思想が入ってきて
女性を下に置くようになったが
そろそろそれが弛んできて
揺り返しが起こっているのかもかも

ちなみに
土俵や山に女性が入ったらいけないってのも
穢れうんぬんじゃなくて
神様が女性だからなんですよね

女性の神様が嫉妬して災いが起こるという

それくらい
女性は支配的でかつ嫉妬が強いもの
というイメージが古代からあったということですか

女性蔑視文化の西洋にはレディーファーストという思想があります
下のものを大事にするという

これを日本において見てみると
夫を立てるという思想にあたる気がします

実質支配している妻が対外的には夫を立てると

昨今、鬼嫁ブームですが
実質支配していても対外的には立ててあげて欲しいなぁと思う今日この頃です

その方が世の中うまく廻る気がします

男は褒めて、煽てて使ってやって下さい

恋人監視アプリはやめましょうね!

| | コメント (8) | トラックバック (0)
|

2011年9月 2日 (金)

「レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー」を見て来ましたー

「レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー」
直訳すると
レイキャビィク(アイスランドの首都)鯨ウォッチツアラー大虐殺
Reykjavik
見に行っちゃいました

公式サイト

タイトル通り
テキサス チェーンソー マサカー(邦題「悪魔のいけにえ」)オマージュ?のスラッシャー映画
「悪魔のいけにえ」のレザーフェイス役、 ガンナー・ハンセンもちょい役で出ている
(上のジャケの串刺しにされている白髪の男)

たいして面白ないやろなーとか思って
期待せずに見に行ったら
意外に面白かった

スプラッター描写は今ほど激しくなくて80年代アメリカていどなんで
(まさに「悪魔のいけにえ」ていど)
そこらへんを期待してる人は期待外れかもしれないけど

何がよかったって
出て来るツアー客がほとんどビッチでファックな人ばかりなところですかね

観客はどちらかというと殺人鬼側に感情移入して
一人殺されるごとにスッキリする感じ

その替わり怖さやドッキリ感はあんまりないんやけどね

殺人鬼ファミリーも意外にまともやし・・・

そんで
そのビッチな中でもひときわ光っているのが裕木奈江
他の女どもがバカビッチなのに対して
裕木奈江は頭のいいクールビッチなのだ
人の命を犠牲にしても自分だけは助かり、殺しも厭わない
しかも事件を利用して一攫千金

キャストロールは2番目だが
この映画、裕木奈江が主役です
Yukinae

キャストロール1番目のヒロインに思える女優さんは明らか脱ぎ要員
一人だけチラリシーンが多い
まぁでも、他の人に比べるとかなりまともな人間なのです
しかし
脱出後、救命ボートがでかいシャチに襲われると急にバカっぷりを発揮
「鯨の仲間はラブリーでピースフル、人は襲わないのよ、港に案内してくれようとしてるのよ」とかホザキながら
シャチを撃とうとしてた人を邪魔する
結果、救命ボートごと海の中に引き摺り込まれて
ヒロインだけが海にプカプカと助かるんやけど・・・
(助かったと思ってたら監督さん曰く「死亡」とのことです)
うーん
捕鯨国日本人としてはシャチに食べられたらよかったのにーと思いました
 
 
そういえば二箇所
すごく巻き戻しして確認したくなったばしょがありました
かといって
映画館は巻き戻せないんで
困ったもんだ・・・

1.海に浮いていた腕にサソリの刺青があった

これはもしかして
最初に一人で脱出ボートで逃げちゃった男の腕なのか?と思ったが
サソリの刺青があったかどうか覚えてない
もっとサソリの刺青を強調するエピソードをちょっと入れといてほしかったなぁ・・・

2.ラストに裕木奈江が他の人の名前を名乗っている
たぶん、仕えてた奥さんと入れ替わって財産を乗っ取るみたいなありがちな話しやと思うんやけど 奥さんの名前覚えてないしー

そういえば
この日本語の怪しい日本人夫婦はいったい何人やったんやろ?
途中でドイツ人ビッチおばちゃん三人を見て「韓国の娼婦よりブサイク」とか言う台詞があったのだが
実は韓国人?
残念ながらHPのキャストにはそこまで書いてない

エンドロールで確認するしかないのかなぁー
 
 
ちなみにラストあたりで割り箸アタックで殺されていた男
(割り箸が実にバカでいいなー、割り箸で次々に芸術的な殺人を繰り返してく日本人犯人のスプラッター映画とか面白そう「Kyoto Waribashi Massacre」)

割り箸アタック=日本人の仕業=裕木奈江が犯人
です
灯台にあった写真は捕鯨殺人鬼ファミリー→この男も家族
この男が売ってた木彫りの鯨人形+殺人鬼ファミリーの家に作りかけの木彫り鯨人形が大量に山積に→やはりこの男も家族
入れ替わっている事情を知ってるヤツは全部消すと・・・

たぶん

そういえば監督さんのインタビューを見てたら
木彫りと思ってた鯨人形は人骨彫りなんやってー
チラリと鯨の骨彫りかなぁーとは思ったけど・・・
人骨にしては大き過ぎひん?
  
 
ま、そういう感じで1回見ただけでは確信を持てないことが色々とありまして
DVDで確認したいんですけどね
ただ

【8/13(土)より、DVD先行発売&特別割引&パンフレット付き】
渋谷アップリンクXにて『レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー』をご覧の上、
受付でDVDをご購入の方は、通常価格3,990円を2,600円に割引いたします!
さらに!パンフレット(600円)も無料で付いてきます!
渋谷アップリンクX限定&一週間限定企画ですので、この機会をお見逃しなく!!

みたいなのをやられると
2600円パンフ付以上で買うのがひじょーに馬鹿らしい

みなみ会館ではなんで売ってないんだよ!
バカーっ

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »