« 第八回京都映画サミット開催のお知らせ | トップページ | 「ムカデ人間」見に行って来ました! »

2011年8月10日 (水)

NHKBSで「人間の條件」が一挙放送!

BSプレミアムで
8月15日(月)から
「人間の條件」6部作を一挙放送するようです

昔、映画館では
全6部作 9時間31分を一挙に見せていたらしい

そういう公開しちゃう方も見る方も尖がってるなぁー
かっちょえー

テレビでは、1979年1月2日に東京12チャンネル(現・テレビ東京)が開局15年記念事業としてこれら6部を12時間ノーカット(途中ミニ番組による中断をはさむ)で一挙に放送した。

らしい

んーすばらしいー

ただ、内容はかなり嘘が多いらしく
正しい知識を持って見ないとダメな作品なので気をつけて下さい

さぁみなさんツッコミながら楽しみましょう!

|
|

« 第八回京都映画サミット開催のお知らせ | トップページ | 「ムカデ人間」見に行って来ました! »

コメント

さて
全6部見終わりました

嘘が多いと聞いていたのですが
思ったよりリアルでした

たぶん監督が戦争経験者だったからでしょう

特に3部4部の訓練~戦闘がキューブリックの「フルメタルジャケット」の日本版(こっちが先なんですけどね)って感じがして、なかなかよかったっす
もしかしたらキューブリックもコレ見てたのかもね

1部2部は「蟹工船」みたいな、奴隷のように使われる労働者の権利を問う内容の社会派ドラマ
満人を搾取する悪い朝鮮人・中国人も出て来るので、定番の日本軍の首切り処刑シーンは出て来るものの、まぁそれなりに平等に作ってある感じはした

ただ、日本人以外がこの映画を見た場合、日本語を話してるのは全部日本人と思っちゃいますよね

5部6部は日本軍が崩壊して、とりあえず生きて日本に帰ろうとする逃亡劇なのだが
どんどん予算が縮小されたのかやたらと日本ロケですまされてるっぽく、実に尻すぼみな感じ
5部はまぁおもしろいのだが
6部が実につまらない

6部では投降してソ連捕虜になるのだが
原作由来なのか、最初の頃からチラチラ垣間見られる共産圏(ソ連・中共)への変な理想化が、よりハッキリした形で出てくる

まぁ北朝鮮が理想郷みたいに信じられてた時代やから仕方ないんかもしれんけど

収容所で日本人に暴力振るうのも、なぜかえらそうな日本人オンリー
ソ連は国際法を守っていて、共産主義だから本来は全ての人間を平等に扱う、こういうときだから、少し冷淡になっているだけ
でも暴力は使わないよ
日本人はファシストだから扱い悪くても仕方ないかもね
みたいな

主人公も流れてくるロシア民謡を聞いて、「本来はみんな陽気でいい人ぱかりなのだろう」とか言う

ソ連兵に強姦された女たちも
「ソ連兵は強姦したあと食料を置いて行ってくれるだけまし、日本兵はやり逃げ食い逃げ」とか言う
(実際強姦された人はこれを見てどう思うのか・・・)

色々な中共・ソ連兵の悪劣な所業を登場させつつも、理想の国でも末端には分かってない悪いヤツもいるとか
思考停止した変な理解で終わっている

日本が負けそうだから火事場泥棒のように参戦したソ連をそこまで持ち上げられる神経がわからんです

本来なら最低でも日本人が経営してた収容所もソ連の収容所も一緒
戦争はみんな悪鬼にしてしまう
みたいなくくりが本来なんではないかなぁと思うのですが・・・

ちゅーわけでこ映画
面白いのは4部までですかね
譲って5部まで
6部は蛇足な感じ
主人公もどうせ死んで終わるし

急なソ連への投降も理解し難かったけど

食べ物のないジャングルでの逃亡生活・劣悪な収容所で病気にさえならなかった主人公があの状態で死ぬのがよくわからんです

原作者もラストは悩んだと思いますけど
あまりにも安易な終わり方をしてしまっていますね
あの場合
人殺してでも悪魔になってでも執念で日本に到着するのがよかったんでない

で、日本に到着した瞬間殺されるとか

投稿: 万物創造房店主 | 2011年8月21日 (日) 午後 02時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93245/52440133

この記事へのトラックバック一覧です: NHKBSで「人間の條件」が一挙放送!:

« 第八回京都映画サミット開催のお知らせ | トップページ | 「ムカデ人間」見に行って来ました! »