« 今敏監督死去 | トップページ | 韓流と嫌韓流 »

2010年9月 3日 (金)

親日派狩りを絶賛する人間が日本にいるとは・・・

京都新聞に「東アジアの時代」という連載モノがあるのだが
それの第3部第7回があまりにもひどかったので
少しそれについて書いてみようと思う

この記事は
大阪産業大学教授の藤永莊氏が話す内容を記者がまとめた感じで
なんと
韓国の親日派狩りを絶賛する内容になっている

日本で今までほとんど報道されなかった親日派狩りが新聞に載ったということはすばらしいことだと思うが
絶賛はおかしいやろ・・・人間として・・・

ここでおさらい

「親日反民族行為真相究明特別法」
目的:日本の植民地統治下(1910~45年)の「親日派」を特定し制裁を加える
親日派条件:◎日韓併合条約を推進した官僚や将校
 ◎独立運動を取り締まった警察官、司法関係者
 ◎創氏改名勧誘者
 ◎神社造営委員
 ◎メディアを通じて日本の侵略戦争に協力した者
認定方法:調査委員会が調査・認定

もともとは当時与党であったウリ党がハンナラ党の政治家を狩るために作られた色合いが濃いのですが
後にウリ党内にも親日派の条件に当てはまってしまう政治家が判明し、ブーメランアタックを受けることに・・・

親日派に認定された人たちは親日派名簿に載り、公開されるので、子々孫々まで売国奴として社会的に差別され、村八分にされることになります
また、財産も没収されたりします

認定について身内には甘く政敵には厳しい問題や、賄賂問題、それらに関しての重要史料の意図的無視等、かなり委員会運営自体も怪しいようである

だいたいの人は内容を見ればイヤな法律だなぁーと感じるのがあたり前だと思うのですが
何故か藤永教授は「民主主義の成熟に必須」として絶賛しているのである

確かに多数決ならば人狩りをしても許されるのも民主主義で
ヒットラーが台頭し、ユダヤ人狩りが行われたのも民主主義の結果なのだが
そんな民主主義、誰が望むのだろうか・・・
戦前の特高となんらかわらない言論統制・魔女狩りが民主主義ですか・・・?

しかも「日本人も学べ」とか言うし・・・

もし日本で「親朝反民族行為真相究明特別法」とかが制定されて
自分が名簿に載って社会的に抹殺、財産も没収されたらどう思うのだろう?
日本の「民主主義も進んだものだ」と絶賛するのだろうか・・・

しかも
この法律が最も問題なのは
法治国家での常識「法の不遡及」である

これは後に作った法律で過去の行為を罰せないということであり
例えば
今日から「タバコを麻薬指定して吸ったものは死刑」という法律ができたとする
普通は施行された日から後に吸った人間に対して罰を加えるわけであるが
「法の不遡及」を無視すると10年前に吸った人間も死刑にできるわけである

いわゆる後出しジャンケンのような行為で、普通は許されない

法律ができていないときに吸っても仕方ない、罰するのはおかしい
事後法で罪に問うのは恐ろしい行為
と思うのが普通の感覚だと思うのだが・・・

ちなみに
日本国憲法 第39条には事後法・遡及処罰の禁止が書かれているし

なんと
韓国憲法第13条にも
②すべての国民は、遡及立法により参政権の制限を受け、又は財産権を剥奪されない。
③すべての国民は、自己の行為ではない親族の行為により、不利益な処遇を受けない。
とある

「親日反民族行為真相究明特別法」は①の遡及性・財産権に関しても憲法違反だし
祖父の親日等で財産を没収されている時点で②にも抵触している

たぶん韓国の憲法学者の人たちもこのあたりを危惧している人たちはいるだろう
しかし、言えないのである
韓国では反日行為にどういう形であろうと異議を唱えると社会的に抹殺されてしまうからである

例えば
李栄薫氏(ソウル大学校 経済学部 教授,韓国経済史)は
「日本による植民地時代に韓国が土地と食糧を収奪されたという韓国史教科書の著述は歪曲されたものだ」と発言して大批判を浴びたり
「従軍慰安婦は売春業」「朝鮮総督府が強制的に慰安婦を動員したと、どの学者が主張しているのか」と発言したことにより大学をクビになりかけ、ナヌムの家にて地面に額をつける韓国式のお辞儀をした上で謝意を伝えたが、元慰安婦らに数十分におよび罵倒された
等々
至ってまともな発言をするたびに批判の嵐を浴びてきた
しかし
李明博大統領に代わって少しは風向きが変わったようで
代案教科書 韓国近現代史」というまともな民間教科書を作っておられて
まだまだ批判の嵐はあるものの
精力的に活動されているようである

また金完燮氏は日本でも出版された『親日派のための弁明』の作者で、いたってまっとうな左派評論家・作家であるが

1999年‐親日関連著作が青少年有害図書に指定され、逮捕、名誉毀損罪で有罪となる
2003年2月14日‐「日帝の韓国支配と明成皇后暗殺を美化する本を書き、インターネットに関連の文章を掲載した」容疑でソウル高等裁判所から700万ウォンの罰金刑を命じられる
2003年11月‐過去史真相究明のための国会公聴会に参加するが傍聴人から暴行される
2004年7月27日‐金九の名誉を毀損したとしてソウル高等検察庁に起訴される
2004年10月‐親日著作をめぐる裁判の出廷時に殺人犯朴琦緖から暴行を受け負傷
2005年2月22日 - 2月15日に金完燮がインターネット上に載せた文章を読んだ金乙東(「青山里戦闘」の金佐鎮の孫)に、名誉毀損罪で告訴される
2005年9月2日 -閔妃の写真がニセモノと指摘した等の評論したことにより子孫の名誉を毀損したなどとして9600万ウォンの賠償をソウル中央地裁から命じられる
2006年5月31日 -金完燮への数々の脅迫・誹謗中傷は「独島を日本に返してやれ」などと社会通念を逸脱する内容の文章を掲載し自ら誘発したので不起訴処分とするとソウル中央地方検察庁が発表

また、日本での出版を機に来日することを考えていたが、本人の著書によると、 『パスポートの更新に応じてくれないと』いう事から、事実上の出国禁止処分になっている模様である

等々行政・裁判所までが荷担してかなりの制裁を受けておられる

正直、こんな日本の戦中のようなモノを言えない状態をよしとし
人間狩りを絶賛している教授が日本にいることに戦慄を覚える

いくら日本が自由な国とはいえ
大学教授と言えば、社会的地位もあり、後進の学生を指導する立場である
そういう人間がファシズム信奉者であることは非常によろしくないことである
しかも自分では民主主義のつもりでいるところがさらに性質が悪い

しかも「日本人も学べ」である・・・

最後に
教授は「日本ではあまり注目されず報道されなかったことが残念、もっと報道した方がよい」という感じに書かれているが
確かにその通りである

隣の国で親日の人々が魔女狩りされている事実はもっと新聞に書くべきであった
そしてこの愚行を1日も早くやめさせるべきであった

たぶんこの教授は
各新聞が書かなかったのは
韓国のイメージダウンになりかねないから、気を使って書かなかったことに気付いてないのだろう・・・(-_-;)

|

« 今敏監督死去 | トップページ | 韓流と嫌韓流 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>法治国家での常識「法の不遡及」である

これって今の日本の舵を取っている連中が
本気で全く理解していない感じがありますね。
ここ一年の日本の不気味なまでの停滞の
根本には
 
時系列を無視して物事を進めては絶対にイカン
 
という古来より大変な犠牲を払って人類が学んだ
常識中の常識を今の日本の権力者達が全く
理解していないし、恐ろしいのは理解する気が
そもそもないようにしか見えないことですね。
 
与党の連中や万年野党の連中は本当に何もする
気力もアイデアも元々ないくせに自分達が台頭した
ことそのものによる日本の壊滅の危機に対して
『さらに自分達に全ての権力を集中させよう』と
真面目に考えていることに日本国民は呆れ果て
生きる気力を根底から失いつつあります。
そんなものは政治主導でも何でもない。ただの
ファッショです。
  
戦後の嘘まみれの平和の成果はこんな
情けない連中ばかりをウジャウジャ産みだした
だけなんでしょうか(ーー;)

投稿: kuroneko | 2010年9月 4日 (土) 午前 02時03分

まぁ大学教授さえ「法の不遡及」を知らないのですから
仕方がないと言えば仕方がないのかもしれません
日本国憲法9条保守を声高に唱えている連中も日本国憲法の他の条項をどれだけ知っているのか怪しいですね
義務教育で「法の不遡及」ぐらい教えとかないとダメです

ちなみに東京裁判も「法の不遡及」に抵触しているので、そのあたりも含め教えるべきです

しかしまぁ
民主も若手の中にはまともな人もいるんですけどね
結局、今中枢を牛耳ってるのが北朝鮮を応援して来た旧社会党系議員ですから
あんなことになるのも当然かもしれません・・・

>ウジャウジャ産みだした
アメリカ様のやり方がうまかったですね
昔から植民地支配の常道としては
内部の対立を煽り宗主国様への批判を反らすのが基本ですから

右を名乗る人も左を名乗る人もアメリカ様に洗脳された人たちばかりです
日本には右も左もいません
どっちもたどっていくと結局、愛と自由と平和のアメリカ様万歳主義です
アメリカ様の手のひらの上で右だ左だと争っているのです

投稿: 万物創造房店主 | 2010年9月 4日 (土) 午後 12時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 親日派狩りを絶賛する人間が日本にいるとは・・・:

« 今敏監督死去 | トップページ | 韓流と嫌韓流 »