« 親日派狩りを絶賛する人間が日本にいるとは・・・ | トップページ | 小沢氏「A級戦犯の合祀問題を再検討」 »

2010年9月 4日 (土)

韓流と嫌韓流

昨日に続いて
京都新聞の「東アジアの時代」第3部第8回もたいがいやったんで
今日はそれについて書いてみようと思う

この回は
同志社大学太田修教授が「韓流と嫌韓流」について書かれているのですが
そもそも、この教授
嫌韓と嫌韓流の区別ができていない

「嫌韓」はただ単純に韓国が嫌いという立場で
「嫌韓流」は韓流を嫌うという立場であり
本来は大きく違う

嫌-韓流は要するに
もともと韓国という国に日本人は無関心だったわけであるが
日韓ワールドカップや韓流ドラマによって関心を持ち始めたわけである
そのとき
韓国について色んなことを知ろうという気持ちが涌いてくるわけであるが
調べれば調べるほど、知れば知るほど
テレビやドラマの中では日本と同じように見えた韓国が
反日でアイデンティティが成り立っている未成熟な国だと気が付いて来る
そこで
日韓ワールドカップや韓流ドラマでマスコミが築き上げた韓国像が美化された虚像であることに気付くわけである
そういった
戦中の大本営発表のごとく情報操作をしようという日本メディアを嫌うのが嫌韓流なのである

逆に太田教授の言うような嫌韓は嫌韓厨と呼ばれ
多くの場所で嫌われている

嫌韓厨【けんかんちゅう】[名]

韓国が嫌いな厨房。
韓国憎さのあまりに時と場所をわきまえずに2ch中のあちこちのスレに嫌韓コピペや嫌韓カキコをして普通の住民に迷惑をかけている。
(2ch管理人のひろゆきは 厨房とは別に組織的な「職業右翼」の存在も指摘している。)
韓国が嫌いというより韓国をネタに日々のストレスを発散したり、寂しさを紛らわすために(韓国ネタだとレスが異常に多くつく) ネタ的に書き込みをしている厨房も多い

【特徴】
・宗教の勧誘のように人を巻き込もうとする
・スレの流れなどおかまいなしに突然叩きをしたりコピペを垂れ流す
・文句を言われると逆ギレして脊髄反射のごとく
「チョン死ね」「在日発見」など同じことしか言えない
・他人のことをどうこう言う前におまえはどうなんだ?と思わせる馬鹿が多い
(2ch字典より)

まぁ実際は嫌韓と嫌韓流の中間的人間等々多種多様な人がいるのだが
とりあえず「韓流と嫌韓流」を語るなら
少なくともここらあたりを区別しないと
実際には千差万別な色があるのにもかかわらず
嫌韓と親韓の黒白2種類のカラーしかないように見えてしまい
これは両方の国にとってよくない影響を与えかねないので気を付けてほしく思う

ま、もっとも
最初から対立を煽るのが目的なら実にまっとうな手段であるが・・・


また、太田教授は嫌韓流には三つの原因があると語っている
①昨今の社会不安のストレスが弱い立場の在日コリアンへの攻撃へと向かった
②「日本が未開で野蛮だった韓国を文明化した」とする植民地時代の差別意識と排除論理が残っている
③「直接関係ない戦後生まれが、なぜ謝らせられるのか?」という感情

とりあえず嫌韓流=嫌韓という意味で読んでいきたいと思うが
まずわけがわからないのが①
ここであえて在日コリアンだけを取り上げるのかがよくわからないし
これは原因じゃなくて嫌韓の結果の一現象にしか過ぎないのではないだろうか?

②に関しては言い回しが朝鮮人っぽいと思うのは僕だけ?
「古代に朝鮮が未開で野蛮だった日本を文明化した」と教科書に書いて教えているそのまま
日本人は「未開で野蛮」なんて失礼な言葉はあまり使わないと思うが・・・
まぁどちらにしろ
日本が江戸時代がそうであったように朝鮮半島も李朝時代は封建社会であり
その体制を崩して文明開化させたのは開国派朝鮮人とそれを助けた日本の志士たちであるのは事実で
孫文を応援していた志士たちが評価されているのに対して、同じグループである朝鮮開国派を支援した志士たちが全く評価されていないのはあまりにもおかしな話しである
韓国でも朝鮮開国派はまるで売国奴のような扱いで、今の近代化の恩恵を受けながら、彼らを評価しないのは如何なものかと思う次第である
また、日本国政府自体が朝鮮の文明開化を開始したという認識も間違っている
当時、日本国政府は西洋列強の顔色を伺うあまりめんどうなことに関わらないようにしており
朝鮮の開国派にも、孫文にも冷たかった
それを支援したのが玄洋社等の志士たちである
日本国は開国派や志士たちの切り開いた道に後乗りしただけである

③は正常な日本人なら誰もが思うだろう
大陸文化では子々孫々罪が残るので、子孫が謝罪し続けるのは常識だが
日本文化ではそうではないから
死者も仏、死んだら罪を問わないのが日本だ
死体になってからも罰を与えつづける文化には嫌悪を覚え、染まりたくないのが日本人だ

最後に太田教授は
韓流にも嫌韓流にも過去と向き合うことが抜け落ちている
過去に向き合うことで
人権を大切にする国を作ることができ、民主主義も前進させられる
と締め括っているが

こちらにはほぼ同感である
(正しい嫌韓流には歴史を学ぶことも含まれるが)
日本人も韓国人ももっと歴史を学ぶべきである
それはただ単に教科書に書かれた年号等を覚えるのではなく
あらゆる本や記事を読んで、自分なりの歴史ストーリーを想像して作り出すことが重要である

ほとんどの歴史本は意識しているかどうかは別にして、なんらかの作者の意図により書かれている
それゆえ
常に100%は信じず
色々な立場の文章から平均点を自分で見付け出し
事実だけを積み上げ
自分なりのストーリーをイマジネーションで作り上げるのが重要なのである

そして歴史に良い・悪いは存在しない
良いことも悪いことも、歴史の積み重ねによって現在があるのであり
悪いと思われることもなければ現在は生まれない
現在、自分やこの世が存在することが否定できないのであれば、歴史は否定すべきではない

しかし未来は変えられる
歴史から失敗を学び、未来に活かすのが重要なのである
歴史はアイデンティティ-を確立させるためのオモチャではない

大本営発表と変わらぬ粉飾報道を垂れ流すマスコミ
民主主義や人権を錦の御旗に言論統制を画策するファシスト
戦中と同じような体制の官僚主導政治

看板が掛けかえられただけで、本質は戦中と同じである

日本人は歴史からいったい何を学んだのだのだろう・・・

|

« 親日派狩りを絶賛する人間が日本にいるとは・・・ | トップページ | 小沢氏「A級戦犯の合祀問題を再検討」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓流と嫌韓流:

» 吐け!吐くんだ!ジョー!!! [パピヨンのブログ]
Q太郎です。遂にこの日がきましたか!お塩さんの初公判!わしゃ待っておったよ!しかしハゲだ!白髪だ!といわれていた頭髪は現在ロンゲで白髪はほとんど見られないそうだ。画像はないのか!画像は![続きを読む]

受信: 2010年9月 4日 (土) 午後 04時16分

« 親日派狩りを絶賛する人間が日本にいるとは・・・ | トップページ | 小沢氏「A級戦犯の合祀問題を再検討」 »