« 韓流と嫌韓流 | トップページ | 第1回京都映画サミット「Mishima」 »

2010年9月10日 (金)

小沢氏「A級戦犯の合祀問題を再検討」

朝鮮日報に以下のような記事が載っていた

靖国:小沢氏「A級戦犯の合祀問題を再検討」

民主党代表選に出馬している小沢一郎・元同党幹事長は、太平洋戦争のA級戦犯が靖国神社に合祀(ごうし)されている問題について、再検討する意向を表明した。

 小沢氏は8日午後に行った記者会見で、A級戦犯の合祀の問題についての質問に対し、「A級戦犯は戦争で死亡した人たちではないため、戦死者たちをまつる靖国神社の趣旨に反する」と述べた。また、「A級戦犯が合祀される前は、天皇も靖国神社に参拝していたが、合祀によって政治問題化したため、その後は参拝していない。靖国神社が本来の姿に戻れば、総理大臣をはじめ、誰が参拝しても外国から批判を浴びる理由がなくなる」と語った。

 一方、在日韓国人などの永住外国人に対する地方参政権付与の問題については、個人的な見解と前置きした上で、「日本国籍を持たない人の国政への参加は認めることはできないが、地方参政権の付与は世界的に認められる傾向にある。税金を納めているため、個人的には参政権を付与するのが望ましいと思う」と述べた。
(朝鮮日報 2010年09月10日)

つくづく無知で自分の利益しか考えていない人間だと思った

まず、合祀と分祀がわかっていない

合祀は御霊と御霊をくっつけひとつにする作業であるのに対し
分祀は御霊のコピーをして同じ御霊をふたつ作る作業で
これは何々大社の分社などを作るときに行われる作業であり
ほとんどの人が思っている分祀というもの(特定の御霊だけをとり除く)は存在しないのである

ゆえに一度合祀した御霊を一部だけ分けるという作業が不可能なのが神道の常識

しかも、たぶん中国人や韓国人、日本人の多くもわかっていないのが
靖国神社に位牌も遺骨も何もないということである
あるのは
ただ単に奉ってある中に含まれているという設定だけで
全て想像の世界だけのものである

物理的にも分けようもないのである

文句を言うヤツラは他人の頭の中まで制約しようというのだろうか?

また、A級戦犯の方々は戦勝国の一方的な裁判で処刑されたが
のちに日本国内法では無罪となっている

無罪のものを
しかももう仏になっている方々を処分しようというのだから
冤罪事件の足利事件より性質が悪い

墓を掘り返して死体に罰を加えたりするのは、昔から続く大陸の思想である
日本に中国や朝鮮的な思想の方々がこんなにいるのかと思うと、悲しくなってくる

また、在日外国人参政権は完全に憲法違反である

日本国憲法

第15条第1項 「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である」

第43条第1項 「両議院は、全国民を代表する選挙された議員でこれを組織する」


在日外国人に参政権を与えるには、まず、憲法を改正しなくてはならない

お隣、韓国は外国人に参政権を与えて入るが
金持ち等の条件をクリアしたものしか与えられず
実際、選挙権を与えられた在韓日本人は51人しかいない
東南アジアからの移住労動者80万名のうち投票権を得たのも11人しかいない
それに対して
日本では在日韓国人42万0305人に与えられる予定だ

韓国の場合、日本で外国人参政権を成立させるための圧力として足早に外国人参政権を成立させた感があり
それが
今後、色々な問題が浮上すると思われる

韓日とも今後最も警戒しなくてはいけないのは
中国人の移住である

2008年の調査では正式に外国人登録を行っている在日中国人は655,377人で
2009年には680,518人と順調に増えている
逆に在日韓国朝鮮人は2008年589,239人、2009年578,495人と減ってきている
(その他、把握されている不法滞在者数は朝鮮人約23,000人、中国人約15,000人)

これは
在日、韓国朝鮮人の2世、3世が日本に帰化して減る一方、新たな移住が少ないからであると思われる

平成19年度帰化人数
韓国・朝鮮人 8,546名
中国人 4,740名

ところが中国は
国策として移住を奨励しているし
何しろ十数億人間がいて、人間が余って、一人っ子政策までしている国である
中国への帰化や永住権の付与をほとんど認めないし
一旦中国籍を抜けた者の中国籍の再取得もほとんど認めない
なかなか一貫した国である

まずは+1億人移住計画を立てているらしいので
今後、中国人は国策としてどんどんまわりの国に移民させられていくだろう

そのときに韓国は今のままでいられるのか?
外国人参政権を後悔しないのだろうか?

韓国の人口は五千万人ほどで、日本と同じく少子化かによって人口減少が起こっている
日本の人口は1億五千万

韓国は外国人参政権アリ
日本は今のところナシ

中国は朝鮮半島、沖縄を歴史的に中国領土と言っているが
とりあえず日本列島は中国領土とは主張されていない

さて、先に中国に飲み込まれるのはどっちかな?

それから
韓国は外国人の前にまず在日韓国人に参政権を与えないとまずいでしょ

あと
地方参政権ならいいじゃないかという議論もあるが
地方分権を目指し地方の強化をしていく方向である昨今
これも問題があるように思う

今でさえ
名護市の反対だけで自衛隊やアメリカ軍の配置等、国防に影響したり
アメリカとの関係に影響を与えたりしている状況をみると
地方といえども馬鹿にできない

特に国境に近い自治体で、かつ人口の少ない自治体などは

例えば対馬などを見ると
すでに「対馬は韓国領土」という主張とともに韓国人による土地取得が多く行われている状態であり
外国人参政権を認めた場合、オウム真理教がやったような意図的な移住、自治体の掌握が行われる可能性もありえる

掌握⇒独立宣言⇒竹島と同様に韓国軍占領⇒アメリカは中立不介入⇒市民の反対により自衛隊はとり返しに行けず
というシナリオも考えられなくはない

法というものは
あらゆる馬鹿げた状況をも考えて作らねばならない

それを怠ると
子供手当てを554人分もらおうとした韓国人のような人間が現れてしまうし
子供手当てが、実際存在するかどうかわからない外国人の本国の子供に対しても払われてしまったり
中国人48人が親戚揃って移住して来て、生活保護を大量申請したり
等々で
慌てて取り繕うはめになるのである

みなさん、よく考えましょうね

|
|

« 韓流と嫌韓流 | トップページ | 第1回京都映画サミット「Mishima」 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>みなさん、よく考えましょうね

今から今後10年間の我々日本人の
一つ一つの行動、通していく一つ一つの
法案は子々孫々まで影響を与えるものとなる
かなり重大な分岐点にきていると思います。
本当~~~~~~~~によく考えましょう!
とりあえずもう一回政権交代から始めましょう!
 
  
さて、近日中に「上京」いたします。
店主さんのご都合よろしければ、
第1回京都映画サミットやりましょう(^0^)

投稿: kuroneko | 2010年9月20日 (月) 午後 09時12分

>近日
コメントみてなかったので
このコメント見た時にはもう店にクロネコさんは現れておりましたとさ・・・(^_^;)

というわけで昨晩
「第1回京都映画サミット~第一部~」開催させていただきました

投稿: 万物創造房店主 | 2010年9月23日 (木) 午後 01時17分

お店のブリグなんだから、毎日チェックすればいいのに・・・(ーー;)

あ、知っていたら、イノシシちゃんを送り込みましたのに(笑)
第二回にでもお届けしますね。。。

投稿: 理想 | 2010年9月23日 (木) 午後 10時31分

>第二回にでもお届けしますね。。。
第二回は早くも海外で開催の可能性
もあるので理想さんもよかったら
お仕事放り投げて(←自己責任で)
どうぞ(^^)

投稿: kuroneko | 2010年9月24日 (金) 午前 12時43分

>コメントみてなかったので
店主さんの三年ぶりの再会コメント
「いきなり来られても。。(ーー;)」
ちょっと脱力でしたが(^^;)
まあ結果オーライで良かったっす(^-^)

投稿: kuroneko | 2010年9月24日 (金) 午前 12時51分

>「いきなり来られても。。(ーー;)」
まぁそういう意味でもないんですけど
とりあえずコメントも見てなくて、クロネコさんの顔も忘れてたので
状況把握に時間がかかりました

なんちゅーか
せっかくなら前もって計画して、人をある程度集めたかったんですよね
理想に猪を送ってもらわんとあかんかったし・・・
あ、でも理想は猟師のおとんが入院中やから無理か・・・

明日はとりあえず一人増えるのでなかなかワクワクですね

投稿: 万物創造房店主 | 2010年9月24日 (金) 午前 01時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93245/49409321

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢氏「A級戦犯の合祀問題を再検討」:

» 地獄の扉を開いてしまった日本人(開かされてしまった?)=政権交代・民主党で日本人滅亡 外国人参政 [民主党で日本人滅亡 外国人参政権反対(旧外国人参政権反対【旧々日本愛国者】)]
地獄の扉を開いてしまった日本人(開かされてしまった?)=政権交代・民主党で日本人滅亡 外国人参政権反対⑥・gの意見7 [続きを読む]

受信: 2010年9月11日 (土) 午前 11時13分

« 韓流と嫌韓流 | トップページ | 第1回京都映画サミット「Mishima」 »