« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月の2件の記事

2009年9月12日 (土)

raging phoenix

よくやく
日本でもジージャーちゃんの初主演作品
「チョコレートファイター」のDVDが発売されますが

タイではすでに次の新作が公開されたようです
Raging_phoenix_poster1
タイトルは「raging phoenix」
邦題にしてみると「蘇る不死鳥」といったところでしょうか

公式HPは⇒コチラ

日本は常に1年遅れですか・・・
だとしたら、見られるのは来年の夏かなぁ
映画後進国になったもんですなぁ・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2009年9月 4日 (金)

miss landmine中止命令

2007_misslandmine

「ミス地雷」カンボジア政府が突然中止命令

カンボジアで8月に開かれる予定だった、地雷被害で障害を負った女性の美を競う「ミス地雷コンテスト」が、開催を認めていた政府の反対で急きょ中止となった。

 「障害者の尊厳を損ねる」との理由だが、主催者は「障害者を励ますのが目的。政府の翻意は納得できない」と反発している。

 コンテストは、ノルウェー人の劇場支配人モルテン・トラービクさん(38)が企画し、昨年アンゴラで初めて開いた。

 2回目の今年は、世界で有数の地雷被害国であるカンボジアを会場に選び、同国の社会省などの協力も取り付けていた。

 ところが、開催予定日8月7日の4日前になって、同省は中止を命じた。政府関係者は、「無用のトラブルは避けたい」と話しており、人権団体から「コンテストは女性軽視」と批判されるのを恐れたらしい。

 トラービクさんは、「障害者の自立支援につながる表現の自由がこういう形で奪われるのは残念」と語る。インターネットに参加者の写真を載せて投票を募り、12月3日の国際障害者デーに結果発表する予定だ。

9月3日 読売新聞

まぁなんちゅーか
こういう企画は僕は多いに賛成
どんどんやるべきだと思う

ホームページを見てもいたって真面目に取り組んでいるし
地雷問題を世界にアピールするということと
地雷で足を失った人に希望を与えるということの
ふたつの目的がうまくミックスできているところがすばらしい

政府としては地雷の多い国と思われたくない等があるのかもしれないし
日本に「障害者プロレス」や「障害者が殺人鬼の映画」を否定する人がいるように
健常者だけが正しくて
健常者だけが何をしてもよくて
障害者を隔離して、表舞台に立つことを許さないような人たちが世界にもたくさんいるのかもしれないが
このミスコンにはそんなものに負けずがんばってほしいと思う

また、
ミスコンを女性蔑視とか思ってるヤツらは
見た目の美しさが人間の能力のひとつということを分かれ
能力を評価しちゃいかんというなら
あらゆる競技もテストも否定しろ
ほんまの差別主義者はあんたらやわ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »