« 大文字も終わり・・・夏ももう終わりか・・・ | トップページ | 選挙へ行ってまいりました! »

2009年8月25日 (火)

ジェニファーリンチ最新作「Surveillance」

何やら知らぬ間に
デビットリンチの愛娘(顔も似てる)
ジェニファーリンチが映画を撮っていて
すでにアメリカでは公開が終わっていて
もうすぐDVDが出るそうな
タイトルは
「Surveillance」
Surveillance

ある殺人事件の調査のため田舎の警察署へやって来たFBI捜査官エリザベス(ジュリア・オーモンド)とサム(ビル・プルマン)は、三人の目撃者に事情聴取を開始する。傷を負った警察官・トラウマを持った少女・ドラッグ中毒の若い娘の話は食い違いを見せ、不可解な惨殺事件はさらに謎を深める。しかし、注意深く証言を追っていくうちにエリザベスとサムは驚くべき真実を突き止めてゆく…。不条理な世界を描き続ける鬼才デヴィッド・リンチ監督の愛娘ジェニファー・チェンバース・リンチが「ボクシング・ヘレナ」以来14年ぶりの作品となるサスペンス・スリラー。三人の証言とフラッシュバック映像を繋ぎ合わせてゆく巧みな構成、父親譲りの残酷な描写や悪夢のような世界、そして難解なストーリーがしっかりと描かれた意欲作。主演は「レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い」「サブリナ」のジュリア・オーモンドと「ロスト・ハイウェイ」のビル・プルマン。

とのことです

めちゃ面白そう!

日本の劇場公開はいつ?
できなくても
せめてDVDは出してくれ!

しかし、ジェニファーリンチは「ボクシングヘレナ」以来、撮ってなかったんだなぁ
Boxhelena
もったいない

ちなみにボクシングはスポーツのボクシングじゃなくて
箱ing
日本的に言うなら「箱入りヘレナ」箱入り娘みたいなもんです

超エリート変態美形医者が超ワガママお嬢さんを好きで
交通事故にあったのを幸いに
手足をちょん切っちゃって自宅で監禁・箱入り娘奉仕するお話

この映画、僕はめっちゃ好きなんやけど
一部ではすごい酷評されてたし
(というか一部しか褒めてなかった?)
なんつっても
第14回ゴールデンラズベリー賞 最低監督賞 受賞
日本ではDVD化もされていない
という筋金入りのダメ映画扱いなんです

ネタが変態・フェチな内容だから一般人は拒否反応を示すのかなぁ・・・

マドンナが出演を拒否して、キムベイシンガーが多額の賠償金を払ってまで途中降板した後を(そんなにあの役が嫌だったのだろうか・・・)
シェリリンフェンちゃんが演じたわけですが
これ、めっちゃ正解
ツインピークス時から異彩を放っていた彼女にぴったりの役です
Sherilyn_fenn01
マドンナやキムベイシンガーじゃあの味は出せません
ジュリアンサンズの普通のいい人っぽくてビジュアルかっこいいのに変態ストーカーなところもグー!
そのハーモニーがなんとも言えない美しいよい味を出してます
Boxinghelena
まぁアレですよね
こういう映画はふつう
マニアな人が見てカルトな人気で終わるところを
なまじツインピークスが世界的にヒットした直後で
デビットリンチの娘で
映画版ツインピークスの脚本もやってたりしたから
見ちゃいけない人まで見ちゃったんでしょうね
チラシにに「一般人お断り」って書かないとダメでしたね

どんな映画か確認したい人は
ビデオではけっこう数出てるみたいなんで
レンタルとかで探せばあるかも
見つからなければうちの店にもビデオ売ってます

当然、僕もビデオ一本持ってます

|
|

« 大文字も終わり・・・夏ももう終わりか・・・ | トップページ | 選挙へ行ってまいりました! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93245/46025723

この記事へのトラックバック一覧です: ジェニファーリンチ最新作「Surveillance」:

« 大文字も終わり・・・夏ももう終わりか・・・ | トップページ | 選挙へ行ってまいりました! »