« 最近気になる映画(タイ関係) | トップページ | 実写版「ドラゴンボール」見てしまった »

2009年6月16日 (火)

京都違法分限免職訴訟 通称「高橋裁判」

京都教育委員会が税金の無駄使いをやめないので
いいかげんむかついてきた

ちゅーわけで
そろそろこのネタを書こうと思う

まぁ私も一応教師であるし
実はこの高橋くんは大学時代の同級生であって
(裁判概要のHPにも高橋裁判とか書いてあるし名前いいよね)
その辺の人よりは事情とか人となりとかがわかるわけで

だからまぁ書いておかねばなるまい

一番最近の記事はコレ↓かな
「指導力不足で免職」二審も違法 京都の元小学校教諭

教員採用から1年間の試用期間中に、「指導力不足」などを理由に分限免職処分とされたのは不当として、京都市の元小学校教諭の男性(36)が、市に処分の取り消しを求めた訴訟の控訴審判決が4日、大阪高裁であった。赤西芳文裁判長は、処分を取り消した昨年2月の一審・京都地裁判決を支持し、市側の控訴を棄却した。

 高裁判決によると、元教諭は04年4月に採用され、市立小学校で5年生のクラスを担任。市教委は翌年3月、児童への指導力が足らず、教員の資質に欠けるとして分限免職処分にした。高裁判決は、このクラスが「学級崩壊」に陥ったと認めたうえで、一審と同様に「元教諭の能力不足が主な原因とは即断できず、学校側の指導や支援態勢も十分ではなかった」と判断。市側の「(元教諭には)不適切な指導が多く、処分は正当だった」とする主張を退けた。

 判決後、元教諭は記者会見で市側に上告断念を求め、「早く職場復帰し、再び教壇に立ちたい」と話した。京都市教委は「主張が認められず残念。判決を精査し、対応を検討したい」としている。

まぁ高橋くんは
採用1年で学級崩壊を理由にクビになったわけですが

学級崩壊がクビの原因になるなら
全国にどれだけクビになる教師がいるんだろうね
ベテラン教師でも学級崩壊起こす昨今だっちゅーのに
全部クビにするんなら理屈通るけどね
実際、ほとんどクビになってない

では、高橋くんは何故クビになったのでしょう

それは【上の先生に嫌われたから】です

お話を聞いて客観的に判断するとそうとしか思えません

まぁ彼は実に真面目な性格で、融通がきかないところがあるんですよね
曲がったことをよしとしないというか・・・
そのあたりでだと思うんですけど
彼は上の教師の方々によく思われてなかったようで
上の人たちはクラスの学級崩壊が起こりつつある高橋くんを助けることもせず
放置プレイしていたとか

そんで学級崩壊したからクビ!

待ってたのかよ!(゜ロ゜;)

新規採用1年目のフレッシュ教師にそれはないでしょ
いくらキライでも・・・

それに
仮に高橋くんがどうしようもない人間で
それをやめさせるために放置してたのを仕方ないとしても
子供たちはどうなんのよ
高橋くんをやめさせる犠牲にするわけ?

それこそまさに教師にあるまじき行為

しかも教育委員会・校長側はロクな反論もできぬまま
これまで京都地裁で戦って敗訴
大阪高裁でも余裕で敗訴してるわけで

裁判の内容の要約も見たが
どう贔屓目に見ても上の人たちが悪い!としか見えない

まったくヒデーはなし

裁判の経緯はだいたいコチラを見てね

あ、ひとつ言っときますと
上のHPは京都市教職員組合で、現在高橋くんは組合の支援を受けて裁判を戦っているわけですが
最初から教職員組合に入っていたわけではありません
免職になってから色々と方策を探るうちに支援を受けることになったそうです
なので
よく言われるように日教組だからクビになったというわけではありません(これはこれで問題だが)


冒頭に戻るのだが
京都市教育委員会は今すぐ税金の無駄使いをゆめろっちゅーの
ええかげん控訴、控訴って
どう見ても負けるのが目に見えてる裁判にいくらお金かけんねんって
さっさと教育委員会職員・校長・教頭
責任とれや

まったく
関係者が定年退職してウヤムヤになるまで裁判を引き延ばす作戦か?

退職金満額もらってウハウハしたいのか?

こういうときこそ共産党つっこめよ
京都市教職員組合と共産党のつながりはそんなもんでしかないのか?

もしかして利益がないと共産党も動かないのか?

しかしまぁとりあえず思うのは
もっといい教師を育てようやってこと
こんなことやってたら
ほんま、いい人材来なくなるよ

そういえば
私も高橋くんも京都教育大出身なんやけど
教育大卒業生
最近肩身が狭いのよね

あの強姦事件と学長のバカ会見で
参考→http://www.j-cast.com/2009/06/02042423.html

教育大の看板に泥塗った時点で切腹モノ
さっさと腹切れよ
お前らのせいで迷惑してる人間が五万といるんだよ
と思うこの頃

しかし
ネットのそこら中に実名やら住所やら写真やら
貼りまくってあるな
こえー、ネット社会
現在私刑執行中って感じやな・・・

さっさと腹切れば世間も許してくれたかもしれんのにな

|
|

« 最近気になる映画(タイ関係) | トップページ | 実写版「ドラゴンボール」見てしまった »

時事」カテゴリの記事

コメント

>それは【上の先生に嫌われたから】です

さもありなん。ですね。

>そんで学級崩壊したからクビ!
>待ってたのかよ!(゜ロ゜;)

さもありなん。ですね。

>教師にあるまじき行為

多くの人が生徒として経験済みかと
思いますが「生徒にとっての教師らしい教師」て
大概は職場で孤立して浮いてますよね。
子供の目から見ても明らかに。

>関係者が定年退職してウヤムヤになるまで
>裁判を引き延ばす作戦か?

さもありなん。ですね。

>こういうときこそ共産党つっこめよ

無理でしょうね。教職関係者は貴重な支持母体の
一つですからね。

>こえー、ネット社会

本当に怖いのは「人の心」ですよね。
ネットもリアル社会も結局生かすも殺すも
全ては人心しだいですよね。

政治も経済も教育の世界も
スキルも意識も「アマ」そのもののの人々が
図々しくのさばって主流のようになっている
のが実は多くの問題の根源にあるのではないかと思います。

世の教師や親達といった子供の人格形成の過程に
寄り近くいる人々がほんの少しだけ自分達の日々の
行いを見直せば日本の将来なんて近くも遠くも
ぐっと良くなると思いますね。

高橋さん、時間はかかるかもしれませんが
教壇に復帰されることと今回の経験を糧として
子供達の心の負の部分にこそ向き合える
素晴らしい教師となることを願います!

投稿: kuroneko | 2009年6月19日 (金) 午前 12時13分

>教職関係者は貴重な支持母体の一つ
僕のイメージでは
教育委員会&管理職→自民
教職員組合→共産
なんですけどねぇ・・・
そのときによって都合のいい方へつくのかもしれません

>全ては人心しだい
そうですよね
そろそろ法律で取り締まることに限界があることに気付かないんでしょうかね
特にネットはそうですよ

結局は道徳のみが平和と秩序を作り出せる唯一の手段だと思いますね

投稿: 万物創造房店主 | 2009年6月19日 (金) 午後 04時31分

>道徳のみが平和と秩序を作り出せる唯一の手段だと

『道徳』って難しいですよね。
今まで教わった中で最も尊敬する小学校の時の
担任だった恩師は「道徳の授業」の時間に
ただひたすら文学作品を朗読してくれたのですが
(音を立てさえしなければ眠ったり自習していてもいいルール)
下手な同和教育と称するものとかよりはよほど優れた
教育だったと思います。おかげで今に続く読書をする
基礎が出来たし物を考えることを言葉を使わずして
教わったような気がします。大人になってからこの
「ただ朗読して生徒に静かに聞かせる」という授業は
職場の同僚や上層部から相当な圧力があったと
恩師から聞きました。この恩師は生徒から絶大な
支持がありましたが当然のごとく出世はせず平の
教師のまま定年を迎えました。

万巻の書物の知識があっても思考能力が無ければ
害悪こそあれ物事は良くならないし秩序は作れたとしても
「平和」はやってこないですね。
秩序は強権さえあれば猿並みの知能でも作れるますし。

適時ミサイルを撃って騒ぎを起こしてもらってその隙を
突くが如く碌な検証も議論もせずに法案を通していくことが
すっかり慣れっこになったこの国によりよい明日は
やって来るんでしょうかね。。

投稿: kuroneko | 2009年6月20日 (土) 午前 01時43分

>同和教育
今から振り返ると恐ろしいぐらい利権と嘘まみれの黒い教育でしたね
だいたいエタ・ヒニンの地位自体、江戸時代に作られたものではなく遥か古代からの流れだし

同和利権で肥え太る同和かどうかもわからない人たちが溢れ
同和の名を借りて糾弾し、たくさんの人間を自殺に追い詰め
同和団体同士が醜い争いをし
同和の特別採用枠で就職した公務員の犯罪が多発し

あれはもう日本の黒歴史の一部ですね
ほんとうはそういうところもセットで教えないとダメですね

>「平和」はやってこない
世を法のみを用いて厳しく治めようとすると

人間は法を抜けることばかり考えるようになる

より細かく厳しい法律を作る

より細かい抜け道を探す

この繰り返しになり、世はどんどん住みににくなり、乱れていく
という事例はすでにはるか昔、史記にももう出てきます

今の日本の政治家はもうちょっと中国の古代のお話を読まないとダメですね

けっこう中国は会談のときなどに中国古事を使って日本を馬鹿にしてきますが
それを理解できずヘラヘラしている日本の政治家はほんまアホです

投稿: 万物創造房店主 | 2009年6月20日 (土) 午後 04時52分

高橋くんがついに勝訴しました
最高裁が教育委員会側の上告を棄却したのです
おめでとうございまーす(^。^)/
しかし
教育委員会に睨まれたままちゃんと復職できるのだろうか・・・
心配やね
このまま市民グループ等が糾弾して、校長と教頭、教育委員会の関係者のクビをとれば、もう誰も嫌がらせできないかもしれんけど
そうそう
とりあえず自分たちの愚行を棚に上げて勝てない裁判に税金投入した
校長・教育委員会は責任とれよな

投稿: 万物創造房店主 | 2010年2月28日 (日) 午後 05時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93245/45359796

この記事へのトラックバック一覧です: 京都違法分限免職訴訟 通称「高橋裁判」:

« 最近気になる映画(タイ関係) | トップページ | 実写版「ドラゴンボール」見てしまった »