« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の3件の記事

2008年8月26日 (火)

北京五輪が終わった・・・

北京五輪が終わったので感想を箇条書きでダラダラ書いてみようと思う

①日本の女性は強いです
今回
多くの男性競技が散々だったのに対して
ソフトボールや柔道、卓球、バドミントン、バレーetc.
女性陣がかなりがんばっていた印象がかなり強い
いや、すばらしかったです
男はダメダメ
今の日本の縮図を感じました

②ジャマイカ人・黒人多し
最近、欧米は金で雇われた選手がやたらと多い感じ
その国がオリンピックで金をとる量を増やすため
金を積みスカウトして帰化させて代表に祭り上げるのだが
それってオリンピックの趣旨に反してないのかなぁと思う
イギリス代表ならもとからいるイギリス人から出せよ

③チャンイーモウはよかった
開会式の監督をスピルバーグにオファーして「人種弾圧・民族浄化をしてる国のオファーは受けない」と断わられたとかいう話があったが
チャンイーモウでよかったのではないかと思う
最近の「HERO」「LOVERS」はデキがよくなかったからダメかもなぁとか思ってたけど
なかなか演出が面白かった
開会式のちょろっとしか見てないが
やはりアジア的な美しさなんてのははスピルバーグでは作れなかっただろうと思った

④放送は欧米のタメ?
今回、アジア圏では深夜の変な時間にやたらと試合が組まれていたのだが
どうやら欧米の見易い時間に合わせたためらしい
金のからみもあるだろうが
中国開催で何故欧米に生で見せてあげるために試合を組まなければならないのかわからない
VTRでいいだろ
まぁ所詮オリンピックは白人のものだということか・・・

⑤10秒遅れ
中共が検閲するため
実質は全ての映像はライブではなく10秒遅れだった
はたしてその機能は活かされたのだろうか
知らぬ間にチベットの旗を掲げる人がカットされたりしたのだろうか
気になるところである

⑥テロと虐殺
オリンピックの裏でテロが起き、虐殺も起きていた
しかし中国国内では何も報道されず
何もなかったように笑顔の中オリンピックは進んでいった
よかったのか悪かったのか・・・

そしてもっとも気になるのが
ダライラマが「オリンピック中に大規模なチベット人の虐殺が行われた」と言っていること
四川大地震のときにもチベットには救助隊は全く行かず
暴動鎮圧の軍隊だけが送られ
地震のどさくさに紛れて殺しまくってるのではないかという噂もあったが
それからずっとオリンピック終了までチベット人狩りが続いていたのだろうか?
現在のチベット情勢は厚いベールに隠されたままだ・・・

⑦JUDO
ポイント制でレスリングと変わらなくなってきた柔道
始め終わりの礼もきちんとできない選手が多くなってきた柔道
柔道着が帯から外れて乱れても直さない選手
それを直しなさいと言わない審判
自分が倒されてもとにかく相手も巻き込んで引き倒そうとする行為
全体的に実に見苦しい
そこに「道」はもうない
もう柔道をオリンピック種目から外して
名前を「JUDO」から「JU-Wrestling」に変えるべき

⑧オリンピック種目
走る、投げる、飛ぶだけでいいと思う
少なくとも審判の微妙な判定で勝ち負けが決まる競技は外すべき
賄賂や買収の温床

⑨オリンピック誘致
中国はオリンピック誘致のために
アメリカの工作会社に莫大な金を払ってオリンピック委員の買収や裏工作をし
かつアメリカの政治的な要求に色々譲歩したわけだが
はたしてそれだけの価値はあったのだろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年8月17日 (日)

あまりにも哀れ・・・

ついさっき
店の外でガチャンって音がしたんで
出て行ってみたら
おばあちゃんが止めてた自転車に乗り込んで発進しようとしていた
外に並べてある商品を見たら
はんぱもの100円コーナーのグラスが1個割れていた

おばあちゃんはこっちを振り返りながら
必死こいて自転車をこいで逃げていた

私は怒るというよりも
100円のグラスで必死こいて逃げるおばあちゃんが可哀想になった
はんぱものコーナーは
ヒビがいってるもの等どうしようもないものを入れてあるコーナーだから
別に弁償しろとかは言わないのに・・・

ほんとに
あまりにもその姿は哀れでありました・・・

しかしねー
とりあえず一言謝れよ
謝罪は日本の文化だと思っていたが昨今はそうではないらしい
謝罪したら負けじゃ大陸と変わらんなぁ

「最近の若いもんは・・・」という言葉が世の中ではよく言われるが
前から言ってるように
「最近の年寄りは・・・」とほんとうに私は言いたい

そんなわけで今日再び
つくづく日本はお歳よりがすでにダメになっている国なんだと思った
若い世代が起こしたアキバ事件も
その親・そしてその親を育てたジジババに原因がもう既にあったのだろう

最近、日本政府のダメさを見るにつれ
今のお年寄りは本当に日本を作って支えて来たのか?
日本を崩壊させて来たのではないか?
そんな考えがよく浮かぶ

私たちは年金がもらえるかどうかわからないと言われる中で
たいした期間年金を払っていないにもかかわらず年金をたくさんもらっているお年寄りがたくさんいる
しかし
『年金は若い世代がお年寄りを「ご苦労様」と言って支えるシステムなんだ』
そのひとことで片付けられてしまう

私たちに年金をあげたいお年寄りとあげたくないお年寄りを選ぶ術もなく
日本を作ってきたお年寄りにも
日本を崩壊させてきたお年寄りにも
等しく年金は払われる

これなら
親の面倒は子供が必ずみるって決まってる方がよかったかもしれない
少なくとも少子化を防ぐという意味では貢献してるわけだし

それに
働かずにお金が手に入るのはよくない
人間が退化する
人間やはり死ぬまで働くべきだと私は思う
お年寄りには年金より労働(雇用)を!
ミドリ安全のCMのように

人間やることがなくなったり
生きる目的がなくなったりすると
死へのスイッチが入るのだと思う
そのひとつの現れが痴呆なのではないだろうか
老人ホームで目的もなくボケながらただ生きているお年寄りを見ると
つくづくそう思う

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2008年8月 9日 (土)

Access

Access

私はもともとTMネットワークが好きで
その後はB'zへと流れていった人間なので
当時、小室直系であるにもかかわらずAccessは全くスルーしていたのですが

最近、昔やったディーヴァというゲームの作曲や
T&Eソフト 創立5周年記念ゲームミュージックライブラリーの編曲に
(両方とも当時の音源の性能をフルに使った感じのむちゃかっこいい音楽でしたねぇ)
当時弱冠19歳の浅倉さんがかかわってたことを知ったこと

イギリス人のティムくんが何故かイギリス時代からAccessが好きだったと言ってたこと

まぁそんなことが重なって
急にAccessに興味が涌きまして
ブックオフの250円コーナーでAccessの
1stアルバム『FAST ACCESS』

3rdアルバム『DELICATE PLANET』
を買ってみました

今聴くとなかなかよいです
確かに小室直系

どうやら去年ぐらいから
本格的にライブしたりアルバムを発売したり
しておられるようなので
これからもがんばってほしいですね

Access公式HPはコチラです

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »