« 遅蒔きながらチベット | トップページ | 映画「靖国 YASUKUNI」 »

2008年3月27日 (木)

映画「フィクサー」

映画「フィクサー」試写会へ行きました!
Wall_1280_1024_03
公式HP

アカデミー賞7武門ノミネートとか言うから期待して見に行きましたが
はぁー(ーー;)
ありがち・・・
おもんない・・・
すっきりしない・・・

まぁ
スコセッシ監督とはいえ

のデッドコピーである

がアカデミー賞受賞するぐらいですから
アメリカ映画の質が著しく低下してるのはわかりますが・・・

これはヒドイ

とりあえずストーリーはそこそこ面白いんですよ
ありがちだけど

製薬会社が毒売りまくってて
訴訟が起こってる
そして訴訟で完璧に負けるような内部資料の流出をめぐって色々起こる
そういう感じです

ただ監督の手腕でしょうね
見せ方がヘタ
最初にいきなり途中のシーンを持ってきてから過去に戻り本筋に入るのも
もはや定番過ぎるうえ
無理矢理使ってる感じでイマイチ
最後に一応、勧善懲悪な終わり方するんですけど
そのときのカタルシスっていうんでしょうか
ストレス浄化度が異常に低く
勧善懲悪なわりにイヤな気持ちで終わるし

女優・俳優陣はよかったですよ
でもね
うーんなんでしょうね
ハリウッド的な基本は抑えてるけど
もしかして監督才能ない?みたいな・・・そんな感じです

関係ないですが
試写会で20人だけに(会場1000人ぐらいはいたかな?)ハカリのイシダ(スポンサー)のカレンダーが当たる
というイベントというかそういうものがあったんですが
僕と一緒に行った妹の両方当たっちゃって
「実はほんとは全員にもらえるんじゃないのぉー?」とか思ってもらいに行ったら
ほんとに20人分しかないみたいで
こんなところで運を使ってしまった自分にとても後悔した次第でありました

|
|

« 遅蒔きながらチベット | トップページ | 映画「靖国 YASUKUNI」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

「デッド・サイレンス」とか
「魁!男塾」(^^;)はどうでした?

投稿: kuroneko | 2008年3月28日 (金) 午前 01時26分

「デッド・サイレンス」は
現在、行こうか行かないでおこうかって感じで
一緒に行く予定の友達が行ければ行くと思います

「魁!男塾」は
日程、間違えてまして
行こうと思ってた日には公開終わってました・・・(^_^;)
もうすぐDVDが出るのでほしいなーと思いつつ
お金が・・・

同じく 坂口拓 主演の映画「デス・トランス」はDVD買いました
なぜか今新古で半額ぐらいなんで
参考↓
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%82%B9%EF%BD%A5%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9-%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%A0%EF%BD%A5%E3%82%A8%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E5%9D%82%E5%8F%A3%E6%8B%93/dp/B000GYI0IE/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=dvd&qid=1206688313&sr=1-1

投稿: 万物創造房店主 | 2008年3月28日 (金) 午後 04時17分

「デッド・サイレンス」は評価が分かれているようですね。
「魁!男塾」はちょっとだけ興味あります。
皆で校歌を熱唱するシーンなんてのがもしあったら
観てみたいかも(^^)
お馬鹿な展開の作品とかって結構大真面目で作ると
ホロっとなったりしますね。

投稿: kuroneko | 2008年3月29日 (土) 午前 01時37分

・派手さはないが構成が巧みで頭脳派な作り
・脇の脇に至るまでキャラクター形成をかなり綿密に施した
・焦燥と失望を抱え落ちていく男という難しいキャラクターを熱演(したクルーニー)
・全体的に素晴らしい演技合戦
・現代ハリウッド映画に一石を投じるだろう
・ラストを見れば、作り手の真意がわかるはずだ

以上は「ぴあ」今週号(関東版)の「フィクサー」紹介文(一部)でした
ラストを見れば、作り手の真意がわかるはずだ!。。
そうです(^^)見せかたの問題?
ハリウッドはどうもここ数年手詰まり感がありますね。
逆に若手が出るチャンスですがブロックバスター的な
新星もなかなか現れない感じです。
お金儲けと人生設計の上手いお利口さんばかり目立つ
印象を受けます。

投稿: kuroneko | 2008年4月12日 (土) 午前 12時57分

ものは言いようですよね
まぁ「ぴあ」で酷評なんてのはありえないのでこんなもんでしょう

確かに個々の役者さんの演技はよかったですよ
シナリオも製薬会社と弁護士で今風と言えば今風なんですけど
全体の作りがねぇ・・・

しかし・・・
>現代ハリウッド映画に一石を投じるだろう
ありえません・・・(ーー;)

>ラストを見れば、作り手の真意がわかるはずだ
ただの勧善懲悪に真意とかあるんですかね・・・

投稿: 万物創造房店主 | 2008年4月12日 (土) 午後 05時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93245/40652958

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「フィクサー」:

« 遅蒔きながらチベット | トップページ | 映画「靖国 YASUKUNI」 »