« 「カノッサの屈辱」 | トップページ | 実写版「魁!!男塾」 »

2008年2月 4日 (月)

神泉苑節分祭お手伝い終了

1日~本日4日まで
神泉苑節分祭の手伝いに行ってまして
お店はお休みしてました

もしその間に来られた方がおられたら
ごめんなさいです

明日からは通常に営業する予定です

ところで今日片付けをしてたら
驚くことが起きまして
いやー女性の土下座はじめて見ました

片付けるものを運んでると
住職が呼ぶんですよ
「ちょっと来て下さい、行くとこがないって言ったはるんですけど・・・」って
僕はてっきり
このあと観光するスポットがなくて、この辺にどこかいいとこないか?
って聞いておられるのかなって思ったんですけどね

行ってみたら
いきなり若い女性が玄関土間で土下座したはって
「すいません、私どこへも行くところがないんです、何でもしますから置いてもらえませんか?」
とか言ったはるんっすよ・・・(^_^;)

でもね
目が明かに病的な怯えた目をしてるし
いかにも
「精神病で家族に入院させられかけ逃げてきました」
ぐらいしか考えられんような人で
住職さんも非常に困っておられる感じだったので

何か家族に暴力などの問題があるなら警察に行かれた方がいいですし
弁護士に相談する方法や
役所に相談する方法もありますよ
逃げて隠れておられるだけでは何も解決しませんよ
みたいな感じで説得したら
納得されたのか
諦められたのか
帰って行かはりました

ちょっとかわいそうな気がしたけど
まぁ仕方ない

結局、事情を聞いても何も話さずじまい
年齢が26歳ってことだけ答えてくれました

彼女は今頃どこへ・・・

昔話なら泊めてあげたら恩返しとかあるんですけど
現代においてはなかなか難しいですよね

みなさんならどうします?

泊めてあげて
何でもするんやんな・・・ぐへへへへへ・・・とかですか?

|
|

« 「カノッサの屈辱」 | トップページ | 実写版「魁!!男塾」 »

業務連絡」カテゴリの記事

コメント

>ぐへへへへへ
↑何か今という時代では微笑ましいとすら言える
対応すね(^^;)
やはり警察に任せるのがお互いにとって一番
いいでしょうね。
見た目に路頭に迷っている人って今、東京でも
普通~に沢山いますよ。どの年代にも。
「本当の宗教」の出番かもしれないと思うす
ね。価値観がしっかりしている人見ると
逆にホッとします。初対面でお互い普通だと
わかるとそれだけで何だか嬉しくて会話が
弾むような妙な雰囲気になる時もたまにあります。

投稿: 東京漂流 | 2008年2月 4日 (月) 午後 08時29分

>何でもするんやんな・・・ぐへへへへへ・・・

悪代官出たなぁー!許さん!

キラーン!
シャキーン!
ズチャッ!
ぽんぽんぽんぽんぽんぽんぽん!
ぱかっぱかっぱかっ!

投稿: 理想 | 2008年2月 4日 (月) 午後 11時30分

>か今という時代では微笑ましいとすら言える
まぁ見ず知らずで素性もわからない
あそこまで行っちゃってる人を泊めるだけでもかなりの勇気がいりますよね
「ぐへへ」も刺される覚悟で言わないと・・・

>悪代官出たなぁー!許さん!
ちゅーわけで
あの人にとって
追い返した状態がよかったのか
「ぐへへ」がいいのかはとても難しい問題です

今頃どこかで
凍死してたり
自殺してたり

連れ帰られて精神病院に閉じ込められたりした
かもしれんしね

そう考えると
占い師(催眠術師?)の男が十数人の女性と一夫多妻生活してたのも
そういう人の集まりなのかも
あれはあれでよかったのかも
とか思う今日この頃です

投稿: 万物創造房店主 | 2008年2月 5日 (火) 午後 03時39分

>「本当の宗教」
これは僕も思いますね

今の宗教って
一般の人を相手にはするけど
切羽詰った人や
精神状態のおかしい人
どうしようもない状態の人って
切り捨てられてる気がします

現代においてお坊さん等にそこまで求めるのは酷かもしれませんけど
真に需要があるところを無視して
安全牌だけしか切らない宗教じゃ
先細りの未来しかないように思います

昔はかけ込み寺とかあったわけで
全仏教が結集してそれ専門の組織を作るとか
なんかできないのかなぁ・・・と思います

しかしまぁ京都は商売人のお坊さん多いですよ
寄付より拝観料で儲けてるとこ多いんじゃないですかね

神泉苑は入るのもタダ、見たい放題・拝み放題ですけど

投稿: 万物創造房店主 | 2008年2月 5日 (火) 午後 03時54分

行くところがない・・・
もし、自分がそうなったらどうするか考えたら、
見ず知らずの方に頭を下げて、泊めてもらうようなことは絶対にしませんね。
それを考えたら、泊めて差し上げるのは、やはり両方が常識を逸脱していることになりそうですね。

>ちゅうわけで
そこは、必殺仕事人と眠狂四郎と銭形平次と桃太郎侍と暴れん坊将軍で盛り上がるはずやったのになぁ…(ーー;)

投稿: 理想 | 2008年2月 5日 (火) 午後 10時47分

>追い返した状態がよかったのか
>「ぐへへ」がいいのかはとても難しい問題です

私は追い返して良かったと思います。
御本人のためにも。

年端もいかない子供ではないのでしょうから仮に
>凍死してたり
>自殺してたり
になっても本人の生きる気持ちの弱さの結果だと
思わざるをえないすね。
「突き放してあげ自立を促す厳しさという優しさ」
が今の日本の社会は足らないと凄く思います。

>そういう人の集まりなのかも
>あれはあれでよかったのかも

これはこれで自分も最近強くそう思います。
理屈抜きで「不道徳を承知の上でもたれ合う関係」
も本人達にとっては広義の「救済」なのでしょうなー

「心」という高高度のソフトウェアを持ち80年近く
の寿命を有する我々NINGENの行動ってなかなか
複雑極まりないものですよね。

投稿: 東京漂流 | 2008年2月 6日 (水) 午後 12時52分

>両方が常識を逸脱
まぁ今時、どちらもありえねぇーでしょうな

>必殺仕事人と眠狂四郎と・・・
どう考えてもそこまで飛ぶのは話題的にムリ!

投稿: 万物創造房店主 | 2008年2月 6日 (水) 午後 07時37分

>私は追い返して良かったと思います
ま、僕もそう思います

昔、友人が精神病院に入れられるのが嫌で僕の所に逃げてきたときは泊めましたけど
この人には縁も縁もないし
(↑「えん」も「ゆかり」も同じ漢字だったんだなぁ・・・)

>厳しさという優しさ
今の日本にこれが足りないってのは
僕もよく思いますね
親から子への場合に特に思うときが多いです

>高高度のソフトウェア
このへんを突き詰めて行くと
またまたブレードランナーの世界へ行っちゃいますね

アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか?

投稿: 万物創造房店主 | 2008年2月 6日 (水) 午後 07時51分

ウチのうなぎは、触ろうとすると静電気が起こりますけどね(笑)

投稿: 理想 | 2008年2月 6日 (水) 午後 11時42分

>またまたブレードランナーの世界へ
いっちゃいますね。今、ブレランの原作読んで
います。いやー原作も面白い!それぞれが相関
しながらも原作も映画も完璧に独立して
面白いってちょっと他に思いつかないすね。

>「えん」も「ゆかり」も同じ漢字
こういうのありますよね。自分は"琴線に触
れる"っていうのを活字媒体でしか接していな
くて20代中盤まで"ことせんにふれる"って使っ
てました。(^^;)知人の女性にもしかして
"琴線"のこと言っているの?ってかなり唖然
とされました。
曰く「頭いいと思ってたけど意外に○鹿なのね」
アタタタ。。

>見ず知らずの方に頭を下げて、
何か最近の若い女性は抵抗なくお泊りしちゃい
そうすなー「グヘヘもOKよ」とか自分から言っちゃた
りて。。ってこういうこと言い出しちゃうと
すっかりオヤジィでしょうかね(ーー;)
アタタタ。。

投稿: 東京漂流ネクサス7型 | 2008年2月 6日 (水) 午後 11時56分

>触ろうとすると静電気
いや・・・そういう意味じゃ・・・

「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」は
京漂流ネクサス7型さんが読んでるブレードランナーの原作のタイトル

簡単に言うと
アンドロイド、つまり、人型ロボットはペットを飼いたいって思うのかどうか?
って感じの言葉
本当はもっと深いんだけどね

そして
「オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか?」は
歴史シミュレーションゲームの大御所
光栄が
昔、出していたパソコンゲームのタイトル
内容は
アダルトグッズ販売員の主人公が
いかに団地の奥様方とエッチしてアダルトグッズを売りつけ成績を上げるか
という
アダルトグッズ訪問販売シミュレーションゲーム

投稿: 万物創造房店主 | 2008年2月 7日 (木) 午後 02時30分

>「グヘヘもOKよ」とか自分から言っちゃたり
妄想の中ではありますね
こういうの
でも、実際にあったらたぶんひくと思います

こいつ実はエイズで逆恨みで男に移しまくってるんとちゃう?
(↑実際にあったらしい)
とか
夜寝たら殺されて金品奪われんのちゃう?
思っちゃいます

投稿: 万物創造房店主 | 2008年2月 7日 (木) 午後 03時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93245/17955544

この記事へのトラックバック一覧です: 神泉苑節分祭お手伝い終了:

« 「カノッサの屈辱」 | トップページ | 実写版「魁!!男塾」 »