« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月の3件の記事

2008年2月27日 (水)

ジャッキーの父、房道龍さん死去

『<訃報>ジャッキーの父、房道龍さん死去=「新宿事件」撮影で看取れず―香港(Record China)』
ジャッキーのお父さんが亡くなられたみたいです

ジャッキーのお父さんと言えば
↓これが記憶に新しいところです

ジャッキーの自伝かと思いきや
ジャッキーのルーツを探る映画で
実はお父さん主演のドキュメンタリー
めちゃ個人的な内容だがジャッキーファンなら見とくべき!
ただし
メイベルチャン監督ながら個人の歴史検証では限界があり
日本軍描写に使われてる写真に現在捏造写真と言われている写真も含まれているので
そのあたりは大きな心で見て下さい

さらに↓コレでは・・・

香港のB級帝王バリーウォン監督で
リーリンチェ(現ジェットリー)主演のダイハードパクリ映画
僕の中ではダイハードを超えました

実はこの中で
ジャッキーのお父さんは出てないものの
ウーマが全編通してジャッキーのお父さんの真似をしてるのである

この際
ジャッキーファンなら
ジャッキーのお父さん追悼の意味も込めて
上記の2作
是非連続で見ていただきたい!
※「ハイリスク」にはジャッキーチュンしか出てません

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2008年2月 7日 (木)

実写版「魁!!男塾」

漫画が実写になると
ほとんどがハズレ作品になってしまうことが多いのですが
最近めちゃ気になってる映画があります

それが!「魁!!男塾」です!!
Otokojyuku_wp1s
公式HP

たぶん僕と同じ世代の男どもはこの漫画をほとんど読んでるんじゃないだろうか
その愛すべきバカ漫画を
なんと北村龍平監督の最高傑作「ヴァーサス」↓

に主演して
日本人にもここまですげーアクション映画が作れる
ってことを見せつけてくれた坂口拓が監督・脚本・主演(剣桃太郎)して、実写化してしまったのです

『ヴァーサス』 北村龍平監督が超低予算で作ったゾンビアクション映画で、 Amazonの評価を見ての通り(1か5と両極端) 世界ではめちゃめちゃ評価高い映画なのですが(アメリカではDVDが30万枚売れたとか・・・)、日本ではクズ映画だと言う人もいて過小評価されている映画です。 まぁ前半ノーギャラで出てる部分の俳優さんの演技が微妙にやる気ない部分はありますが、 個人的にはめちゃおもしろかったです

で、キャストを見ると・・・
Otokojyuku_wp4s
意外にハマッテル・・・
特に照英の富樫がすげぇー

しかしこれまた京都では「みなみ会館」という
ミニシアターでしか上映してない
なぜ?ホワイ?
天下の男塾だぜ!
TOHOシネマズぐらいでやれよな!

ちゅーか、もう終わってる?

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2008年2月 4日 (月)

神泉苑節分祭お手伝い終了

1日~本日4日まで
神泉苑節分祭の手伝いに行ってまして
お店はお休みしてました

もしその間に来られた方がおられたら
ごめんなさいです

明日からは通常に営業する予定です

ところで今日片付けをしてたら
驚くことが起きまして
いやー女性の土下座はじめて見ました

片付けるものを運んでると
住職が呼ぶんですよ
「ちょっと来て下さい、行くとこがないって言ったはるんですけど・・・」って
僕はてっきり
このあと観光するスポットがなくて、この辺にどこかいいとこないか?
って聞いておられるのかなって思ったんですけどね

行ってみたら
いきなり若い女性が玄関土間で土下座したはって
「すいません、私どこへも行くところがないんです、何でもしますから置いてもらえませんか?」
とか言ったはるんっすよ・・・(^_^;)

でもね
目が明かに病的な怯えた目をしてるし
いかにも
「精神病で家族に入院させられかけ逃げてきました」
ぐらいしか考えられんような人で
住職さんも非常に困っておられる感じだったので

何か家族に暴力などの問題があるなら警察に行かれた方がいいですし
弁護士に相談する方法や
役所に相談する方法もありますよ
逃げて隠れておられるだけでは何も解決しませんよ
みたいな感じで説得したら
納得されたのか
諦められたのか
帰って行かはりました

ちょっとかわいそうな気がしたけど
まぁ仕方ない

結局、事情を聞いても何も話さずじまい
年齢が26歳ってことだけ答えてくれました

彼女は今頃どこへ・・・

昔話なら泊めてあげたら恩返しとかあるんですけど
現代においてはなかなか難しいですよね

みなさんならどうします?

泊めてあげて
何でもするんやんな・・・ぐへへへへへ・・・とかですか?

| | コメント (12) | トラックバック (0)
|

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »