« 明日テレビに出ます! | トップページ | マイナーチェンジ »

2007年11月20日 (火)

くも写真集

昔にX型のジェット雲見た・・・という会話から
「いつか雲写真集をアップしよう!」
と言い放って
かなりの時間が過ぎましたが

ついにアップしてみようと思い立ちました

ではでは行ってみましょう
最初の写真
「ジェット雲X」
K3100015
ジョンカーペンター監督の最高傑作はやはり「遊星からの物体X」だと思うのです

次は「すじ雲乱舞」
K3100018
おでんに牛すじは外せませんね
すじ肉カレーなんかもけっこう好きです、わたくし

さらに「すじ雲涌き涌きあがりの図」
K3100017
京都の豆腐は涌き水で作られてるからおいしいんだな
豆腐の構成物質のかなりの部分が水なんだから当たり前と言えば当たり前

次はみなさんご存知
「ひつじ雲に群れられる京都タワー」
K3100020
「羊たちの沈黙」はヒッチコックの「サイコ」から一歩抜け出た新しいサイコ野郎時代を切り開いた名作だと思うのです

次は「鏡に映った世界」
K3100022
鏡って何故かなんだか怖いのは僕だけ?
頭ではただ光りを反射してるだけってわかってるんですけどね
深夜とか鏡を覗くのけっこうイヤだったりします

そして最後は「鱗雲来襲!!!」
K3100021
宇宙人来襲モノってたくさんありますけど
やっぱり一番印象に残ってるのは「V」
ドラマですけど
当時めちゃはまって見てましたね
同じような感じで
ジョンカーペンター監督の「ゼイリブ」もなかなか好きです

そんなわけで雲写真集
とりあえず終わりです

撮影は全て携帯カメラです

また、面白い写真が撮れればいつかアップしたいと思います

|
|

« 明日テレビに出ます! | トップページ | マイナーチェンジ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

誰もいない学校の教室の鏡とか怖いですよね。
鏡=怖いとくると映っているのは男性より女性を
圧倒的に連想してしまうのはなぜなんでしょか。。(^^;)
「遊星からの~」はこの間ふと思いたってDVD
買って10年振りくらいに見ましたけど改めて傑作
だと思いました。前半の「物体X」の解剖シーンは
今見るとキモイというより圧倒的な造形が
「美すぃ」です。

投稿: 東京漂流 | 2007年11月20日 (火) 午後 11時43分

「遊星からの物体X」の"物体X"ってこの映画の
内容とマッチしていて佳作な邦題だと思います。
原題は確か「THE THING」で原題もいいえて妙
だと思います。他にいいようのない生命体ですも
んね。(^^)「羊達の沈黙」も謎めいていい邦題
だと思います。こちらの原題ってなんでしょう?
そういえばお邪魔した時は「スパルタンX」の
題の話ししましたね(^^)って「雲」からずいぶん
離れたこと書いてしまいました。スンマセン(^^;)

投稿: 東京漂流 | 2007年11月20日 (火) 午後 11時56分

>男性より女性を男性より女性を
古来より鏡を使うのは圧倒的に女性の方が多いですからね
女性の方が執念深いとも言いますし
鏡に念がこもってるとしたら女性の場合が多いのかも

>羊たちの沈黙
の原題は「The Silence of the Lambs」で
そんままです

ここ最近でいちばん
邦題が原題よりいいなと思ったのは
レスリーチャンの遺作の「カルマ」で
http://www.forleslielovers.net/movies/inner_senses/index.html
原題「異度空間」より、かなり映画の内容にぴたりときて、いい感じです

投稿: 万物創造房店主 | 2007年11月21日 (水) 午後 03時52分

「スパルタンX」に関しては
もう、すごいセンスとしか言いようがないですね
いいかげんなのか
センスがあるのか
なんつっても
原題:快餐車
英題:Wheels on Meals
ですからね

スパルタンの欠片もない

いちおう車の名前が「スパルタン号」ということにして無理矢理辻褄はあわせてるみたいですけど
いったいどこから「スパルタン」は出てきたんでしょう・・・?
無から有を作る!
まさに芸術!?

まぁでも
プロジェクトA(これはちゃんと原題:A計画)がヒットしたからってのはちょっと安直ですけどね

ちなみにサイクロンZは原題:飛龍猛将で
これまたまったく別モノです

投稿: 万物創造房店主 | 2007年11月21日 (水) 午後 04時09分

「羊たちの沈黙」は原題名と全然違ったら
邦題付けた奴凄いなーって思ったけど
さすがにそのまんまなのですね。かの「E・T」
とか「スターウォーズ」は逆に原題のままにした
成功例ですね。予定されていた邦題はそれぞれ
「地球外生命体」とか「惑星間大戦争」とかだっ
たらすぃです。。アブナイ所だった?(^^;)原題も
邦題も内容との差異を考えるのも映画の愉しさ
ですね。

投稿: 東京漂流 | 2007年11月22日 (木) 午前 01時32分

そうですね
「E.T」も「地球外生命体」も意味はたいして変わらないけど
受けるイメージは全くちゃいますからねぇ
「地球外生命体」はなんか、ごっつ過ぎて
あのかわいさ(よく見るとあまり可愛くないですけど)の入る欠片もありませんよね

しかしまぁ両方とも漢字で書き換えたそのままで面白みのない邦題ですなぁ
もうちょっとセンスのある人が考えたらもっといいのあったかもしれませんよ

「宇宙から来た短足!」(B級臭ぷんぷんするなぁ)
とか
「銀河騎士伝説」(銀英伝のパクリか・・・)
とか

>邦題も内容との差異を考えるのも
そうそう
邦題と原題と内容を照らし合わすのって
けっこう新たな発見があったりして楽しいですよね

投稿: 万物創造房店主 | 2007年11月22日 (木) 午後 05時34分

>「宇宙から来た短足!」
イォーク族襲来?てことはエピソードⅥすか?(^^;)
ビデオショップでマジで見つかりそうな題すね。
Mr.Booとか70年代香港映画系の香りが。。(^^)

>「銀河騎士伝説」
これはありえたかも。違和感ないすね。当確(^^)
でも確かに安易っつかパクリ?(^^;)

「E・T」は「ジョーズ」とかですでに充分に実績
があったスピルバーグゆえに配給会社関係内でも
原題のままで「イケル」という冷静な?読みがあっ
たらしいですがジョージ・ルーカスは実績は今ひ
とつ(つか無名に近い)だったので「惑星間大戦争」
とか「宇宙大戦争」とか(同じや!)の決定まで本当
にあと僅かのとこでなにやら回避されたようです。(^^;)

まあ蓋を開けるまで直訳か超訳かどっちが正しい
のやらガラガラポン!っていうのが本当は映画の
醍醐味のはずだけど最近の業界の保守保守保守
振り(しかもツマラン)はもう本当に溜息っす。。

マジで俺やったろかい!って逆に思ってしまいま
すね。ここまで製作&配給側がサラリーマン化して
しまうと。(+_+)

投稿: 東京漂流 | 2007年11月23日 (金) 午前 01時17分

>「宇宙から来た短足!」イォーク族襲来?
あ、E.Tのことっす
「宇宙から来たお友達!」
の方が子供向けでいいかな・・・
でもやっぱこれは「E.T」以上は難しいですね
「es」とか「IT」とか「Saw」とか記号的で短いやつはそのままがいいかも

>マジで俺やったろかい!
それはときどき思いますね
映画の配給とか
DVDの企画とか
俺がやった方がええもんできる!って

邦題、依頼さえあればいつでもつけますよー(^O^)/

ほとんどの大手製作・配給会社はなんだか愛が足りない感じですね
映画好きでもなんでもないただのサラリーマンの仕事みたいな感じをよく受けます

投稿: 万物創造房店主 | 2007年11月23日 (金) 午後 07時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93245/17129722

この記事へのトラックバック一覧です: くも写真集:

« 明日テレビに出ます! | トップページ | マイナーチェンジ »