« 授業が始まりました | トップページ | 神泉苑祭のため休みます »

2007年4月12日 (木)

日本の“名盤”続々とCD化

元記事
Ent0704120031

これは熱いぜー

ずーっとレコードも廃盤希少状態で
海外のマニアに高値で取り引きされてた
マニアックな和製ハードロックのアルバムが多数CD化されて出てるみたい

特に気になるのが
つのだ☆ひろが、ギタリストの成毛しげると結成したハードロックバンド、ストロベリー・パスが唯一出したアルバム「大烏が地球にやってきた日」(71年)
上の写真はこれのジャケ
なんと
ブラックサバスに匹敵するハードロックバンドと書いてある

しかもこのシリーズ全部1300円なんやってよ

おぉーすげー
買う
買う
ぜってー買う
いっぱい買う

ネイギッドラインシリーズのHP

|

« 授業が始まりました | トップページ | 神泉苑祭のため休みます »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本の“名盤”続々とCD化:

« 授業が始まりました | トップページ | 神泉苑祭のため休みます »