2017年2月26日 (日)

第74回京都映画サミット「若かりしドニーイェン」大会

第74回京都映画サミット「若かりしドニーイェン」大会

無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ
 
 
 
「ドラゴン危機一発'97」

ユエンウーピンが監督も使ってくれるもののなかなか単独主役にはしてくれなくて
それなら自分でって思ったかどうかはわからないが

ドニーイェン自らが会社を立ち上げ資金を集め
制作・監督・アクション監督・主演を努め作った初監督作

近未来からはじまって、過去を語る作りとか
話も凝ろうとしてるけど話的にはビミョー
中途半端に変化球投げるよりは
逆にもっとストレートな方がよかった気がする

ま、ストーリーはビミョーでも
若かりしドニーイェンとドニイェンチームの身体能力で繰り広げる
アクションに次ぐアクションでどんどん引っ張って行けてる感じ
何かわからんけど兎に角スゲー

色調やアングルにやたら凝ったり
映画として新しいことをやってやる感の力の入り方も感じられるが
アングルに懲りすぎたり、暗すぎたりすることで肝心のアクションがわかりにくくなってたりするのは残念
凝るところとストレートに長回しで魅せるところとのメリハリがもうちょっとほしかった

ラスト前にヒロインの首がスコーンって吹っ飛ぶのは何回見てもドン引く
もうちょっとハッピーエンドにしようやー(ーー;)
 
 
 
「新流星蝴蝶剣」

台湾の小説家 古龍の武俠小説『流星・蝴蝶・剣』二回目の映画化

一回目はショーブラの作った

ミッシェルヨー、トニーレオン、ドニーイェン、ジョイウォンの4人主役なのだが
ビデオのジャケにはドニーイェンの名前は欠片も載っておらず
4人の中で一番主役から遠いジョイウォンが
当時日本で人気があったからか一番目にクレジットされている

当時の日本でのドニーの扱いの悪さが顕著に出てる例かも(´;ω;`)

80年代からハリウッド帰りのツイハーク監督の影響で色々な武侠映画が
ワイヤーアクションや特撮てんこ盛りでリメイクされるんやけど

その中でもトンデモ度が群を抜く一作で
僕は大好きです(゚▽゚*)

自分の持ってる弓で自分を弓にして飛ばすとか物理法則がトンデモで
それをくらった人が飛び散ったり切り株描写もハンパない

アクション監督は女性をワイヤーで飛ばすのが大好きなチンシウトン(チャイニーズゴーストストーリーとかワンダーウーマンの監督)
さすがです
 
 
 
そんな感じで
「若かりしドニーイェン」大会しゅーりょー

;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ではまたー

| | コメント (1)
|

2017年2月15日 (水)

京都御室の転法輪寺に行って来ました(*゚▽゚)ノ

京都新聞に

【涅槃図、修復終え1日から初公開 京都・転法輪寺】

京都市右京区龍安寺の転法輪寺は2月1日から、修復が終わった所蔵の涅槃図(ねはんず)を初めて一般公開する。

 涅槃図(縦5・4メートル、幅3・9メートル)は1764年の作。同寺で代々保存してきたが、カビが生えるなど損傷が目立つようになったため、1年半かけて修復した。

 涅槃図には、弟子たちが釈迦(しゃか)の死を嘆き悲しむ様子や、サイや獅子などの動物が色鮮やかに描かれている。一般の人にも見てもらおうと、釈迦が入滅した旧暦の2月15日に合わせて、2月からの一般公開を決めた。

 兼岩和広住職(46)は「間近で涅槃図を見る機会はなかなか無いと思う。迫力ある様を見てほしい」と話す。

 26日まで。各日午前10時~午後4時。12日は休み。特別拝観料が必要。問い合わせは同寺TEL075(464)2668

という記事が載っており

まぁこの涅槃図だけやとそんなに気にはならへんかってんけど

何やら御室大仏と呼ばれる阿弥陀如来像があるとのことで
そちらがすごく気になって行ってみた次第である(*゚▽゚)ノ

正面はこんな感じ
K0011896

新聞に載っただけあって
平日なのに思ったより人来てた

写真撮影OKとのことなので
ざっと遠景だけ撮ってみた

涅槃図は定番な感じですね
けっこう色々なお寺がでかいの持ってるし
もっとでかいの見たことあるんで
まぁ普通かなーって感じ
K0011894

さて阿弥陀様はこんな感じで
K0011895
見た感じ
丈六よりちょっと大きいぐらいかなーと思ったけど
パンフによると座高が二丈四尺あるらしいんで
実はけっこうでかい

奈良の大仏に比べたら小さいけど丈六を越えてるんで
確かに大仏である

やはりでかいと迫力あるねー

帰りに甘茶の御接待をしたはって
ありがたくいただきました

味がちゃんと甘茶の味してた

このお寺で栽培したはるんですか?
と聴いたら
栽培はしてないらしい

どっかで売ってるんかな

しかしアマチャって植物も不思議やねー
葉をそのまま食べても全く甘くないのに
発酵させると甘くなるという

公開は26日までらしいんで
見たい人は早めに行きましょう

| | コメント (0)
|

2017年2月 7日 (火)

第74回京都映画サミット開催のお知らせ

来る
2月18日土曜日
第74回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のテーマは
ローグワンにも出て世界制覇なしとげた感のある
「ドニーイェン」(甄子丹)
です

Dneey
(写真引用元 http://cosmic-toybox.com/wp-content/uploads/2016/03/dneey.png)

リーリンチェと同じ武術学校の後輩で後を追ってデビューするも
リンチェほどは人気が出ず
(当時、ドニーは男人気しかなく、逆にリンチェは女性人気も高かった気がします)
香港で地味に活躍していたが
近年大ブレイク
リンチェやジャッキーがアクションから撤退する中
ホンモノのアクションを見せてくれる貴重な存在になりつつある

香港を土台に映画を作り続ける気概や
リンチェが出ちゃったエクスペンタブルを、その他大勢じゃヤダって蹴った話もカッコイイ!

今回は主に
自分で映画制作会社をたちあげ製作・監督・主演をこなした

「ドラゴン危機一発'97」

「新・ドラゴン危機一発」

「ドニー・イェン COOL」

を中心に

ドニーイェンの足跡をたどりたいと思います

他にもいちおう
「ドラゴン・バーニング」
「ドニー・イェン邪神拳」
「ドラゴン・イン」
「新流星蝴蝶剣」
とかあります
 
 
 
いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするもの持ち寄りです
また
スペースの都合上
先着10名様までとなっております

それでは参加希望
お待ちしております

| | コメント (1)
|

2017年1月26日 (木)

第73回京都映画サミット「オキサイド、ダニー、パン兄弟映画」大会

第73回京都映画サミット「オキサイド、ダニー、パン兄弟映画」大会

無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ
 
 
 
「タイムリセット 運命からの逃走」

ジャケとかタイトルは全くいけてないですが
なかなか面白い映画です

ヒロインが前世に強盗で五人殺してて
そのときの飼い犬の転生した犬がヒロインを呪い殺しにかかってきて
それを回避するためには5人の命を助けなくてはいけないという
西洋人には何だか理解し難そうなタイ的トンデモ設定が逆にとてもいい感じ

凝ったカメラワークと編集の
全く低予算を感じさせない作りで
最後までハラハラして面白い

低予算でも面白い映画が撮れるという見本のような映画ですなー
 
 
 
「悪夢の夜に震える事実」

よくある主人公たちが怪談を話し合ってる設定の三話オムニバスで
三話目だけがオキサイドパン監督

テレビ映画っぽくて画質は安いけど
やはりオキサイドパン監督の映像は他の二話より一段上で
力の差がよくわかる

話的には
自殺した女の執念によって地獄へ道連れみたいな
イヤーな暗い話やけど
まーそこそこ面白い
 
 
 
「レイン」

なんつーかニキータの男女逆版かな

主人公が耳の聞こえない殺し屋で
薬屋に勤めるヒロインと恋に落ちるけど
やっぱり住む世界が違うんでなんたらかんたら
って感じ

話は単純やけど
映像美の積み重ねとテンポのよい展開
タイの猥雑な感じ
ヒロインの清楚な感じが
いい具合に入り混じって
なかなか味のある映画になっている

映像がオシャレな恋愛物なんで
当時、女子に人気があったように思う

でもけっこう流血するし、バンバン人も死ぬんで
ただのオシャレ女子にはちょっとつらいかもかも…
 
 
 
今回
オキサイドパン監督がサムライミに召喚されて撮った「ゴーストハウス」が残ったので
次回はそれに
大林監督の「HOUSE」等を足して

お化け屋敷映画大会をやりたく思います
 
 
 
そんな感じで
「オキサイド、ダニー、パン兄弟映画」大会しゅーりょー

;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ではまたー

| | コメント (0)
|

2017年1月 8日 (日)

第73回京都映画サミット開催のお知らせ

来る
1月21日土曜日
第73回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のテーマは
「パン兄弟」(主にオキサイドパン)
です

401_img_2

オキサイドパンとダニーパンの双子の兄弟は
香港出身のタイ映画監督・編集・脚本・プロデューサー

1997年「タイムリセット 運命からの逃走」で映画製作デビュー

「レイン」や「アイ」を世界的にヒットさせ

「レイン」→「バンコックデンジャラス」
「アイ」→「アイズ」
とハリウッドリメイクされる

その後
香港・タイを股にかけ活躍中

プライベートでは「アイ」の主演女優アンジェリカリーと結婚するも
不倫騒動を何回も起こしているらしい

今回は主に初期作品に絞って観ていきたいと思います

アーロンクウォック主演の香港映画「極限探偵」三部作とかもあるんですけど
これらはまた今度で
 
 
 
フィルモ


タイムリセット 運命からの逃走(1997年)
レイン(1999年)
ワン・テイク・オンリー(2001年)
悪夢の夜に震える事実(2001年)(3つの短編のうち一話を担当)
The EYE 【アイ】(2002年)
テッセラクト(2003年)
バレット・ブレイク 死のカード(2003年)
バレット・ブレイク 謎のボックス(2003年)
the EYE 2 見鬼2(2004年)
the EYE 3 見鬼10(2005年)
アブノーマル・ビューティー(2004年)
リサイクル 死界(2006年)
妄想 diary(2006年)
ゴースト・ハウス(2007年)
影なきリベンジャー 極限探偵C+ (2007年)
愛·鬥大(2008年)
バンコック・デンジャラス(2008年)
愛情故事(2009年)
風雲 ストームウォリアーズ(2009年)
CHILD'S EYE【チャイルズ・アイ】 童眼(2010年)
冷血のレクイエム 極限探偵B+(2011年)
夢遊 (2011年)
コンスピレーター 謀略 極限探偵A+(2013年)
インフェルノ 大火災脱出(2013年)

 
 
 
いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするもの持ち寄りです

また
スペースの都合上
先着10名様までとなっております

それでは参加希望
お待ちしております

| | コメント (0)
|

2017年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます(。・ω・)ノ゙

K0011805

去年に発売したミニアルバム
「万物創造房音楽集ver.DS-10」
めでたく販売10枚突破いたしました
ヽ(´▽`)/

10枚すっくねーと思うかもしれませんが
このCD売れないって言われてる時代に
うちの店だけの手売りで
視聴してさらに
5曲入りを500円で買ってくれるなんてー
すばらしいことなんざんすよー

ブクオフの280円コーナーに
誰も買わずに捨てられてるCDたくさんあるんですからー

少なくともそれらの倍は価値があると思ってくださったわけでー
  
 
 
そんな感じで徐々に世界に広められつつある万物創造房

フェイスブック、ユーチューブ、インスタグラム、ココログに展開中

今年もよろしくお願いいたします
m(_ _)m

いやーめでたい、めでたい

今年の年賀状デザインは
こんな感じです

2017

さて元ネタは何でしょう!

闘鶏映画っすね

ヒントは「ロジャーコーマン」

ちなみに去年
猿の惑星でした

| | コメント (17)
|

2016年12月18日 (日)

第72回京都映画サミット「アクションだけじゃないタイ映画」

第72回京都映画サミット「アクションだけじゃないタイ映画」

無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ

今回は人少ないのと、明日仕事があるとのことで
早めに終了
二本しか観ませんでした

さて、一本目は
「69」

アマゾンの解説には
「偶然手に入れた100万バーツもの大金をめぐり、大騒動に巻き込まれてゆく女の姿を描いた、話題のタイ映画界が贈る傑作バイオレンス・アクション」
と書いてありますが

違います

バイオレンスはありますけどアクションはありません
バイオレンスブラックコメディです

100万バーツの大金をめぐり死体の山が築かれるという…

昔観て面白かった記憶があったけど
やっぱりまた観ても面白かった

テンポのよいサスペンスフルな展開に
色々と細かい演出と複線の回収
個性豊かな登場人物たち

タイの雑多なパワーと
民族音楽的な音楽
仏教的オチ

金は全くかかってないんですけど
いやーいい感じです

アルバトロスが配給する映画は99%地雷なんですが
たまにこういうのが混じってるからやめられないんですよねー
アルバトロス漁りー
 
 

「シチズン・ドッグ」

シュール映像の恋愛モノです

映画の作り方は基本アメリっすねー

ただ、アメリよりかなりシュール
ホドロフスキーとか好きなんでしょうね

でもねアメリほどおもしろくないっす

テンポ悪いしー
おもしろ映像も飽きてくるしー

ヒロインのキチガイっぷりに
ドン引きやしー

99分しかないのに
恐ろしく長く感じました…

まだ一作目のコレの方が面白かったかなー

 
 
 
今回、オキサイドパン監督の傑作「タイムリセット」が観れなかったので
また改めて
パン兄弟大会でもやりたく思います

そんな感じで
「アクションだけじゃないタイ映画」大会しゅーりょー;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ではまたー

| | コメント (3)
|

2016年12月 7日 (水)

第72回京都映画サミット開催のお知らせ

来る
12月17日土曜日
第72回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のテーマは
「アクションだけじゃないタイ映画」です
です

「マッハ!!!!!!!」の世界的大ヒットでタイはアクション映画の国だと思われがちなんですが
実はその他のジャンルのタイ映画でもなかなか面白い映画があるんです

まずは
香港出身で
タイで映画を作り続け、ハリウッドからもリスペクトされ
数々のハリウッドリメイクの元ネタを作り出した
オキサイドパン監督の処女作

「タイムリセット 運命からの逃走」

タイトルはダメな感じですけど
恋人の命を救うために、死を迎える5人の命を24時間のうちに助けなくてはならないという占いの通りに走り回るおっちゃんの話で
タイムパラドックスと仏教の輪廻をからめてあるところもなかなかよい
金かかってないのにめっちゃおもしろいお手本のような映画です

二作目「レイン」
お洒落映像満載な
マフィアの鉄砲玉が職業の聾唖青年と一般女性との恋愛ムービー

その他
ヒッチコックの「ハリーの災難」みたいな方向性?
死体がどんどん増える系ブラックコメディー
「69」

タイで人気のちびまる子ちゃん的漫画「ヌーヒンちゃん」の実写化映画
「ヌーヒン、バンコクへ行く」

「怪盗ブラック・タイガー」のウィシット・サーサナティアン監督の変な恋愛映画
「シチズン・ドッグ」

という感じで
ま、今回どれも外れないですよ

「69」は99%外れなアルバトロスが配給ですけど…

1%の方です
 
 
 
いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするもの持ち寄りです

また
スペースの都合上
先着10名様までとなっております

それでは参加希望
お待ちしております

| | コメント (0)
|

2016年11月23日 (水)

第71回京都映画サミット「トンデモ赤ちゃん映画」大会

第71回京都映画サミット「トンデモ赤ちゃん映画」大会

無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ
 
 
 
「ザ・ベイビー」

「ダーティーハリー2」「続猿の惑星」のテッドポスト監督

赤ちゃんとして育てられた
赤ちゃん語しか話せず、はいはいしかできない成人男性を
女たちが取り合う中
だんだんこじれていってキャットファイト→殺し合いになる話

エイブポルスキーという他でも何本か同じような低予算映画で製作脚本してる人が脚本と製作やってるんやけど
なんでこんなアホな話を思いついて、しかも作っちゃったのかがすげー謎

こんなアホな話を真面目に演じる俳優・真面目に作る監督スタッフ
それが功を奏して、すごく味わいのある映画になってしまっているところがまた不思議

今回の中で一番記憶に残った
 
 
 
「暗黒ベビィビクチム」

99%クズ映画たまに宝石が落ちてるアルバトロス製品
これはクズ映画の方でした

ビクチムがCGじゃなくてちゃんと作ってるとこは買えますが
撮影から編集までテキトー過ぎです
素人が作ったとしか思えないデキ

画質からして使ってるカメラも安そうです

ビクチムも細かいところは動かず人が投げたり、揺らしたりしてるていどです

ビミョーに不細工なおねーちゃんが脱いでくれますし
血もそれなりに出ますし
がんばってサービスしてるのはわかるんですけど

それでもつまんな過ぎー
いいところが特に見つからない…(ーー;)
 
 
 
「悪魔の赤ちゃん」

「ブラックシーザー」とか「ハーレム街の首領」を撮ってる
ラリーコーエン監督・脚本・製作

実際は悪魔の赤ちゃんってわけじゃなくて
赤ちゃんが凶暴ってだけ
生まれていきなり医者と看護婦食い殺しちゃうの

原題は「IT's ALIVE」で「そいつは生きているんだ!」って感じ?

そもそも生まれた原因が薬害で
赤ちゃんは凶暴だけど巨大製薬会社の被害者でもある障害者で未成年
まだいいことと悪いことがわかってないし
責任能力なしでは?っていうテーマが含まれていて
思ったより社会派な感じで深い!

母親はかばう
父親はどっちつかず
警察は狩って殺そうとする

という感じで話は進んでいく

でも、結局、演出が雑で
アイデアだけで終わっちゃってる感がとてももったいない

もっとちゃんと作れば、もっと面白くなったと思う

んー残念
 
 
 
そんな感じで
「トンデモ赤ちゃん映画」大会しゅーりょー;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ではまたー

| | コメント (0)
|

2016年11月11日 (金)

第71回京都映画サミット開催のお知らせ

来る
11月19日土曜日
第71回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のテーマは
「トンデモ赤ちゃん映画」です
です

「ダーティハリー2」のテッド・ポスト監督の
成人してもオムツを着け、知能・精神ともベイビーのまま育てられた青年の話
「ザ・ベイビー」

人工で作られた異常に発育の早い赤ちゃんが老化を止めるために…という
「エンブリヨ」

産まれてきた赤ちゃんが凶暴で人を殺しまくるという
「悪魔の赤ちゃん」
そしてその続編2・3

最近の「ダニエル 悪魔の赤ちゃん」はコレ↑のリメイクです
定番のくそリメイクらしいですけど

「暗黒ベビィ ビクチム」
近年作られた悪魔の赤ちゃん的映画
配給がアルバトロスっだけでだいたいイメージはつかめると思う

「ローズマリーの赤ちゃん」
これも悪魔の赤ちゃんを産んじゃう話だけど
テイストは全く違う

ちゅー感じのラインナップです
 
 
 
いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするもの持ち寄りです

また
スペースの都合上
先着10名様までとなっております

それでは参加希望
お待ちしております

| | コメント (0)
|

«今回、盗られはしませんでしたが…(lll゚Д゚)