2017年3月21日 (火)

映画「哭声 コクソン」を観に行って来ましたー(◎´∀`)ノ

いやー
「チェイサー」「哀しき獣」と
今のところ全くハズレのない
僕の中では韓国No.1監督の
ナホンジン監督

久々の新作と聞けば
見に行かないわけにはいきません

ちゅーわけで
映画「哭声 コクソン」を観に行って来ましたー(◎´∀`)ノ
Top_bk

公式ページ

いちおー予告編は観てから行きましたけど
予告編はふつーに殺人鬼モノ?ホラー?みたいな感じでした

ま、この監督
基本的な設定としては定番なものを使うんですよね
「チェイサー」は猟奇殺人鬼とそれを止めようとする元刑事のポン引きの色々
「哀しき獣」は貧乏な朝鮮族の鉄砲玉がマフィアの陰謀に巻き込まれるヒッチコックテイストなサスペンス
定番な設定を使いながら
予想に反する斜め上を行く展開が魅力なんです

たぶん
今まで映画を観てれば観てるほど逆におもしろい

だからまぁ予告だけじゃわからんので
とりあえず観ないとってことですね

やっぱ、おもしろかったっすー
ヽ(*≧ε≦*)ノ

いやー色々な映画のオマージュを散りばめて
そっち方向へ行くのかと見せかけて
斜め上を行く
さらに磨きがかかってましたー!

なんかデビットリンチの「マルホランドドライブ」のま逆バージョンみたいな感じでしたねー

毎回、脚本も監督がやってるみたいやけど
この計算しつくされた感はすごいわ
この完璧に計算されつくした感は今敏と共通のものも感じるねー
監督のメガネとヒゲっていで立ちも今敏と共通のモノあるけどーヽ(*≧ε≦*)

まだ観てない人は
今すぐ劇場へー

あー
ある程度血は出ますし
ゾンビみたいなのも出てきますから
そのへん苦手な人は気を付けてください

ちなみに
この映画を観る前に
「エクソシスト」「震える舌」なんかを観とくといいかもかもー


 
 
 
さて
ここからはネタバレに近くなるんで
未見の人は読まないようにー
 
 
 
この映画のキモは
あとは自分で考えてください
ってとこで

色々想像するのが楽しみのひとつなんで
あんまり詳しくは言わないけど

どうとでもとれるラストにしつつ
監督の中では
ひとつの答えは出てるんやと思う

まんまと騙されてる人は
悪魔やとか天使やとか言ってるんやけど
(定番は日本人=悪魔、祈祷師=悪魔の手下、おねーちゃん=天使)
流れで観ると
そんな映像通りの単純な答えなわけがない

デビットリンチが「マルホランドドライブ」で
複線を回収していけば答えがわかるように作ってたように

ちゃんと答えがわかる伏線はあった

大量のダミー伏線が多いけど
ひとつだけ他のものと全く性質の違う伏線がある

どうでもいい伏線を全て捨てて、それだけひらえば自ずと答えが…

結局アレが答えなんやと思う
「最初から悪魔と決め付けていたら悪魔にしか見えない」

これはまさしく観客に向けて言っているのだと思う

最初からホラーだと思っていたらホラーにしか見えない

実はコメディーなのに (・∀・)

なーんてね

| | コメント (0)
|

2017年3月19日 (日)

第75回京都映画サミット「武侠映画?」大会

今回のテーマは
「ショーブラ武侠映画」の予定でしたが

DVDプレーヤーが急に読まなくなり
急遽、手持ちのVHSのみで観ることになりまして

結局、ショーブラでは全くなくて
武侠映画ともう一本は香港製トンデモネバーエンディングストーリー映画
というラインナップになったのでした(A;´・ω・)

さて一本目は
「侠女十三妹-カンフー艶舞-」

なぜか監督が松田優作との遊戯シリーズなどで有名な村川透監督で
プロデュースや撮影にもちらほら日本人の名前が出てくる日中合作の武侠映画
中国政府のバックアップで
「天山回廊」みたいに人民解放軍も使ってるんで人数的にはやたら豪華だし
宮殿とか建物もホンモノをけっこう使ってるっぽい

話は単純で親の敵の清朝の悪徳将軍を討つというだけ
てっきり十三人のおねーちゃんが戦うのかと思ったら
ヒロインの偽名が十三妹ってことでした…ちょっとがっかりー(;´д`)
まーヒロインかわいいからいいんですけどねー

そーそーかわいいのにすげー動けるんですよね
このコも人民解放軍所属なのかなーと思ったけど
ググッた感じ女優さんみたいですね
ま、顔いいからー

しかしこのヒロイン強過ぎなんですー
結局
将軍を倒すのもヒロインと仲間の男二人の三人だけ
三人で将軍の宮殿に突っ込んで殺せちゃうという
超ゆるい警備・超弱い警護
将軍の悪辣さもゆーほどなくて、倒したときのカタルシスも低いし
ラストバトルもいまいち盛り上がらんかったなー

そーいやこの映画もともと3D映画として作られたらしく
そのための演出(画面に向かって何かが突き出されるとか飛んでくる)がやたら多い
それを3Dなしで普通にして見ちゃうと
なんかー無駄演出が多い感じになってしまうのですなー

しかしながら
一番心に残ったのは3D演出全開なトンデモ罠発動寺院のシーンですかなー
無駄にトンデモでーいやーなかなかすごかったー

これちょっと3Dで観てみたいなー
「空飛ぶ十字剣」とともに3Dでソフト化されんかなー

あ、そういや副題に「カンフー艶舞」とか書いてあるけど
そういうシーンは全くないですしー
期待しないでください
 
 
 
「三頭魔王」

ジャケには香港版ネバーエンディングストーリーとか書いてあるけど
少年が主人公のファンタジーってぐらいの共通項しかない
ちゅーかネバーエンディングストーリーに謝ってほしい…

魔王を倒すというだけの話を
行き当たりばったりの思いつきで盛った映画

冒頭から気持ち悪い小人着ぐるみの千年人参王と主人公のどうでもいいやりとりから頭が痛くなるが
その後、唐突にナチゾンビが出てきて(一匹だけ)襲ってきたり
ほぼずっとどうでもいい話でてきとーに進んでいく…

ジャケの諸星大二郎風の絵はテキトーに盛って描いてるのかと思ったら
意外に正しくて
全てちゃんと映画中に出て来たところは感心したが
兎に角、展開がテキトー

音楽もその場で思いついてテキトーに安いシンセで弾いてみたーみたいな感じで
まーある意味個性的ではあるが…

ラストあたりになって魔王の手下やったヒロインが裏切って味方になってくれて
ジャケのような剣もちゃんと出てきて
まーまーアクションも観れるけどねー
爆破とかもあるしー

んで、途中でベジ太くんが「このヒロイン、シンシアカーンじゃないっすか?」って言って
僕は「いやいや、似てるけど、まさかこんな映画には出んやろー」
と言いながらググってみたら…

シンシアカーンやった…(゚□゚*)

黒歴史か…
 
 
 
で、サミット終わった後
DVDプレーヤー開けて
てきとーに駆動部分にシリコンスプレーをかけてたら
なんだかよく分からんけど直りました…(;・∀・)
K0011869

| | コメント (2)
|

2017年3月13日 (月)

第75回京都映画サミット開催のお知らせ

来る
3月18日土曜日
第75回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のテーマは
「ショーブラ武侠映画」

前回観た
ドニーイェンが出てた「新流星胡蝶剣」のリメイク前の映画
「流星胡蝶剣」をはじめ
ショーブラザーズが60~80年頃に作った香港製時代劇映画群
です

武侠小説家 古龍の作品を映画化した
「マジックブレード」

金庸の作品を映画化した
「書剣恩仇録」

等々
 
 
 
いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするもの持ち寄りです
また
スペースの都合上
先着10名様までとなっております

それでは参加希望
お待ちしております

| | コメント (0)
|

2017年3月 9日 (木)

ホリのファイターズスティック蘇生

ネットでこんなものを安くで見つけたんで

プレステのゲーセンタイプのコントローラーを
パソコンやXBOXやもしかしたらプレステ4(持ってないけど)とかで使えるんじゃないの
と思って
一緒にホリの中古ファイターズスティックを1500円で購入


早速、パソコンにつないでみると
ドライバ勝手に入れて認識してくれました

入力テストしてみると他のはボタンも何もかも反応しているのに
右スティックだけが入らない…

ちっアマゾンに返品してやろうか(# ゚Д゚)
と思いましたが

返金手続きして、梱包して、ラベルを印刷して、発送して…
けっこうめんどう

よく見るとコネクターの線の付け根に切れ目が入ってます
たぶんコレが原因やろなー
一回切って結線しなおしたら直りそうやし
それでえっかー(◎´∀`)ノ

と思って裏蓋開けて、線をニッパーで切断

しかし、ボタンが多いだけあって8線もあり
思ったよりめんどうなことに…

K0011909

しかも線を剥いてよっただけやと
すごく頼りない感じなんで
全部、はんだ付けもしてー
絶縁のためにビニールテープ巻いてー
めっちゃめんどー(;´д`)

K0011916

あとから、よく考えたら
線は短くなるけど基板に直接はんだ付けし直す方が早かった気もする

またまた、さらに後で思いついたのだが
8芯やったらLANケーブルのオスメスコネクタ圧着して合体した方が早くねー?
今度替えるとき楽やしー

まーもう後の祭りやけどー(^-^;

さて、ぜんぶつないだんで
もっかいパソコンにつないでテストしたら…

Σ(゚д゚;)

まだ右がはいらねー!

なんでー

と思ってよく見たら
右スティックの入力感知スイッチの線がいっことれてましたとさ…
K0011915

それをはんだ付けし直したら…

見事!右に入るようになりました!
ヽ(´▽`)/

いやー

8芯の方触らなくてもよかったかもー

でも

あの感じやと
断線すんのも時間の問題やったやろうしー

ええかー

そんな感じで
ゲーセン気分で家でゲームができるようになりましたとさー

めでたし
めでたし
(v^ー゜)

| | コメント (0)
|

2017年3月 3日 (金)

弥生茶会開催のお知らせ

雛人形をやっと本日出しまして
まぁ旧暦の雛祭りはまだまだやからいいかと思いつつ
春の暖かさもどこへやら
やたらと冷える今日この頃

弥生茶会を開催いたします


日時 3月5日日曜日
    13時~16時
 
場所 万物創造房裏茶室「和み亭」

お近くへおいでの際は
是非お立ち寄りください

お待ち合いで雛人形見れます



...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

今回のお菓子はこんなのでした

K0011906

| | コメント (1)
|

2017年2月26日 (日)

第74回京都映画サミット「若かりしドニーイェン」大会

第74回京都映画サミット「若かりしドニーイェン」大会

無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ
 
 
 
「ドラゴン危機一発'97」

ユエンウーピンが監督も使ってくれるもののなかなか単独主役にはしてくれなくて
それなら自分でって思ったかどうかはわからないが

ドニーイェン自らが会社を立ち上げ資金を集め
制作・監督・アクション監督・主演を努め作った初監督作

近未来からはじまって、過去を語る作りとか
話も凝ろうとしてるけど話的にはビミョー
中途半端に変化球投げるよりは
逆にもっとストレートな方がよかった気がする

ま、ストーリーはビミョーでも
若かりしドニーイェンとドニイェンチームの身体能力で繰り広げる
アクションに次ぐアクションでどんどん引っ張って行けてる感じ
何かわからんけど兎に角スゲー

色調やアングルにやたら凝ったり
映画として新しいことをやってやる感の力の入り方も感じられるが
アングルに懲りすぎたり、暗すぎたりすることで肝心のアクションがわかりにくくなってたりするのは残念
凝るところとストレートに長回しで魅せるところとのメリハリがもうちょっとほしかった

ラスト前にヒロインの首がスコーンって吹っ飛ぶのは何回見てもドン引く
もうちょっとハッピーエンドにしようやー(ーー;)
 
 
 
「新流星蝴蝶剣」

台湾の小説家 古龍の武俠小説『流星・蝴蝶・剣』二回目の映画化

一回目はショーブラの作った

ミッシェルヨー、トニーレオン、ドニーイェン、ジョイウォンの4人主役なのだが
ビデオのジャケにはドニーイェンの名前は欠片も載っておらず
4人の中で一番主役から遠いジョイウォンが
当時日本で人気があったからか一番目にクレジットされている

当時の日本でのドニーの扱いの悪さが顕著に出てる例かも(´;ω;`)

80年代からハリウッド帰りのツイハーク監督の影響で色々な武侠映画が
ワイヤーアクションや特撮てんこ盛りでリメイクされるんやけど

その中でもトンデモ度が群を抜く一作で
僕は大好きです(゚▽゚*)

自分の持ってる弓で自分を弓にして飛ばすとか物理法則がトンデモで
それをくらった人が飛び散ったり切り株描写もハンパない

アクション監督は女性をワイヤーで飛ばすのが大好きなチンシウトン(チャイニーズゴーストストーリーとかワンダーウーマンの監督)
さすがです
 
 
 
そんな感じで
「若かりしドニーイェン」大会しゅーりょー

;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ではまたー

| | コメント (2)
|

2017年2月15日 (水)

京都御室の転法輪寺に行って来ました(*゚▽゚)ノ

京都新聞に

【涅槃図、修復終え1日から初公開 京都・転法輪寺】

京都市右京区龍安寺の転法輪寺は2月1日から、修復が終わった所蔵の涅槃図(ねはんず)を初めて一般公開する。

 涅槃図(縦5・4メートル、幅3・9メートル)は1764年の作。同寺で代々保存してきたが、カビが生えるなど損傷が目立つようになったため、1年半かけて修復した。

 涅槃図には、弟子たちが釈迦(しゃか)の死を嘆き悲しむ様子や、サイや獅子などの動物が色鮮やかに描かれている。一般の人にも見てもらおうと、釈迦が入滅した旧暦の2月15日に合わせて、2月からの一般公開を決めた。

 兼岩和広住職(46)は「間近で涅槃図を見る機会はなかなか無いと思う。迫力ある様を見てほしい」と話す。

 26日まで。各日午前10時~午後4時。12日は休み。特別拝観料が必要。問い合わせは同寺TEL075(464)2668

という記事が載っており

まぁこの涅槃図だけやとそんなに気にはならへんかってんけど

何やら御室大仏と呼ばれる阿弥陀如来像があるとのことで
そちらがすごく気になって行ってみた次第である(*゚▽゚)ノ

正面はこんな感じ
K0011896

新聞に載っただけあって
平日なのに思ったより人来てた

写真撮影OKとのことなので
ざっと遠景だけ撮ってみた

涅槃図は定番な感じですね
けっこう色々なお寺がでかいの持ってるし
もっとでかいの見たことあるんで
まぁ普通かなーって感じ
K0011894

さて阿弥陀様はこんな感じで
K0011895
見た感じ
丈六よりちょっと大きいぐらいかなーと思ったけど
パンフによると座高が二丈四尺あるらしいんで
実はけっこうでかい

奈良の大仏に比べたら小さいけど丈六を越えてるんで
確かに大仏である

やはりでかいと迫力あるねー

帰りに甘茶の御接待をしたはって
ありがたくいただきました

味がちゃんと甘茶の味してた

このお寺で栽培したはるんですか?
と聴いたら
栽培はしてないらしい

どっかで売ってるんかな

しかしアマチャって植物も不思議やねー
葉をそのまま食べても全く甘くないのに
発酵させると甘くなるという

公開は26日までらしいんで
見たい人は早めに行きましょう

| | コメント (0)
|

2017年2月 7日 (火)

第74回京都映画サミット開催のお知らせ

来る
2月18日土曜日
第74回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のテーマは
ローグワンにも出て世界制覇なしとげた感のある
「ドニーイェン」(甄子丹)
です

Dneey
(写真引用元 http://cosmic-toybox.com/wp-content/uploads/2016/03/dneey.png)

リーリンチェと同じ武術学校の後輩で後を追ってデビューするも
リンチェほどは人気が出ず
(当時、ドニーは男人気しかなく、逆にリンチェは女性人気も高かった気がします)
香港で地味に活躍していたが
近年大ブレイク
リンチェやジャッキーがアクションから撤退する中
ホンモノのアクションを見せてくれる貴重な存在になりつつある

香港を土台に映画を作り続ける気概や
リンチェが出ちゃったエクスペンタブルを、その他大勢じゃヤダって蹴った話もカッコイイ!

今回は主に
自分で映画制作会社をたちあげ製作・監督・主演をこなした

「ドラゴン危機一発'97」

「新・ドラゴン危機一発」

「ドニー・イェン COOL」

を中心に

ドニーイェンの足跡をたどりたいと思います

他にもいちおう
「ドラゴン・バーニング」
「ドニー・イェン邪神拳」
「ドラゴン・イン」
「新流星蝴蝶剣」
とかあります
 
 
 
いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするもの持ち寄りです
また
スペースの都合上
先着10名様までとなっております

それでは参加希望
お待ちしております

| | コメント (1)
|

2017年1月26日 (木)

第73回京都映画サミット「オキサイド、ダニー、パン兄弟映画」大会

第73回京都映画サミット「オキサイド、ダニー、パン兄弟映画」大会

無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ
 
 
 
「タイムリセット 運命からの逃走」

ジャケとかタイトルは全くいけてないですが
なかなか面白い映画です

ヒロインが前世に強盗で五人殺してて
そのときの飼い犬の転生した犬がヒロインを呪い殺しにかかってきて
それを回避するためには5人の命を助けなくてはいけないという
西洋人には何だか理解し難そうなタイ的トンデモ設定が逆にとてもいい感じ

凝ったカメラワークと編集の
全く低予算を感じさせない作りで
最後までハラハラして面白い

低予算でも面白い映画が撮れるという見本のような映画ですなー
 
 
 
「悪夢の夜に震える事実」

よくある主人公たちが怪談を話し合ってる設定の三話オムニバスで
三話目だけがオキサイドパン監督

テレビ映画っぽくて画質は安いけど
やはりオキサイドパン監督の映像は他の二話より一段上で
力の差がよくわかる

話的には
自殺した女の執念によって地獄へ道連れみたいな
イヤーな暗い話やけど
まーそこそこ面白い
 
 
 
「レイン」

なんつーかニキータの男女逆版かな

主人公が耳の聞こえない殺し屋で
薬屋に勤めるヒロインと恋に落ちるけど
やっぱり住む世界が違うんでなんたらかんたら
って感じ

話は単純やけど
映像美の積み重ねとテンポのよい展開
タイの猥雑な感じ
ヒロインの清楚な感じが
いい具合に入り混じって
なかなか味のある映画になっている

映像がオシャレな恋愛物なんで
当時、女子に人気があったように思う

でもけっこう流血するし、バンバン人も死ぬんで
ただのオシャレ女子にはちょっとつらいかもかも…
 
 
 
今回
オキサイドパン監督がサムライミに召喚されて撮った「ゴーストハウス」が残ったので
次回はそれに
大林監督の「HOUSE」等を足して

お化け屋敷映画大会をやりたく思います
 
 
 
そんな感じで
「オキサイド、ダニー、パン兄弟映画」大会しゅーりょー

;:゙;`(゚∀゚)`;:゙ではまたー

| | コメント (0)
|

2017年1月 8日 (日)

第73回京都映画サミット開催のお知らせ

来る
1月21日土曜日
第73回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のテーマは
「パン兄弟」(主にオキサイドパン)
です

401_img_2

オキサイドパンとダニーパンの双子の兄弟は
香港出身のタイ映画監督・編集・脚本・プロデューサー

1997年「タイムリセット 運命からの逃走」で映画製作デビュー

「レイン」や「アイ」を世界的にヒットさせ

「レイン」→「バンコックデンジャラス」
「アイ」→「アイズ」
とハリウッドリメイクされる

その後
香港・タイを股にかけ活躍中

プライベートでは「アイ」の主演女優アンジェリカリーと結婚するも
不倫騒動を何回も起こしているらしい

今回は主に初期作品に絞って観ていきたいと思います

アーロンクウォック主演の香港映画「極限探偵」三部作とかもあるんですけど
これらはまた今度で
 
 
 
フィルモ


タイムリセット 運命からの逃走(1997年)
レイン(1999年)
ワン・テイク・オンリー(2001年)
悪夢の夜に震える事実(2001年)(3つの短編のうち一話を担当)
The EYE 【アイ】(2002年)
テッセラクト(2003年)
バレット・ブレイク 死のカード(2003年)
バレット・ブレイク 謎のボックス(2003年)
the EYE 2 見鬼2(2004年)
the EYE 3 見鬼10(2005年)
アブノーマル・ビューティー(2004年)
リサイクル 死界(2006年)
妄想 diary(2006年)
ゴースト・ハウス(2007年)
影なきリベンジャー 極限探偵C+ (2007年)
愛·鬥大(2008年)
バンコック・デンジャラス(2008年)
愛情故事(2009年)
風雲 ストームウォリアーズ(2009年)
CHILD'S EYE【チャイルズ・アイ】 童眼(2010年)
冷血のレクイエム 極限探偵B+(2011年)
夢遊 (2011年)
コンスピレーター 謀略 極限探偵A+(2013年)
インフェルノ 大火災脱出(2013年)

 
 
 
いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするもの持ち寄りです

また
スペースの都合上
先着10名様までとなっております

それでは参加希望
お待ちしております

| | コメント (0)
|

«あけましておめでとうございます(。・ω・)ノ゙