2019年1月18日 (金)

第97回京都映画サミット「女吸血鬼」大会

第97回京都映画サミット「女吸血鬼」大会

無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ
 
 
 
一作目「女ドラキュラ」

原題は「Dracula's Daughter」
1936年製作で「魔人ドラキュラ」の続編
ヴァンヘルシングがドラキュラを殺した場面から始まる

冒頭いきなりヴァンヘルシングがドラキュラを殺した殺人犯として逮捕されてビックリするが
正直、あのプロットは必要だったのかどうか…
ちゅーか
確かに女ドラキュラはドラキュラの娘という設定だが
あまりドラキュラ感はない…

血を吸うシーンもないし(暗転するしー)
普通に日常生活営んでるし
昼も活動してるっぽいし
三角関係で悩んでウジウジしてるし
鷲鼻のあまり美しくないおばさん女優だし…
(モンスター顔ってことで起用されたのかな…)

話も地味でオチもそのまんま予定調和…

なんだかなー
 
 
 
二作目「ドーターズ オブ ドラキュラ 吸血淫乱姉妹」

こっちは邦題でドラキュラの娘と名乗っているが
原題は「Vampyres」
1974年製である

冒頭、エロレズシーンで始まりいきなり射殺されるのがキャッチー
音楽も70年代っぽくてよい

ただ本編始まると吸血鬼感はあまりない
昼日中も歩き回るし
ナイフで殺して血をペロペロ…
ちゅーちゅーしないの…?

エロと血のりはふんだんやけど
ま、話はてきとーでダラダラしてるね

ラストはトンデモな夢落ちで
ドラキュラもバンパイアもひっかけやったんやと分かる…

いやしかしヒドイわ、このオチ…(ーー;)

コレのリメイク作る人がいるとは…
 
 
 
三作目「レッド インフェルノ」

で、これが「ドーターズ オブ ドラキュラ」のリメイク
日本の配給会社は
イーライロス監督の「グリーン インフェルノ」にのっかろうと思ってタイトル付けて
解説も食人族映画と勘違いさせるようなものをつけてますけど
原題はオリジナルといっしょ「Vampyres」

監督は元の映画をリスペクトしているのか
けっこう元に沿ってリメイクしてますね
アホなことに…

エロと血のりも同じくふんだんで
ストーリーも今風にしつつもオリジナルに沿ってる

ただキャロラインマンロー(元ボンドガールのおばちゃん)の部分いるかなぁ…
出てくれるっちゅーから後から付け足しただけなんちゃう?
ジャケには主役みたいに一番目に名前書いてあるけど
本編とほぼ関係ありません

全体的にゴア描写はやや増えたけど
まーたいしたことないですね
金かかってないし…
アイデアもない…

屋敷とかは
オリジナルよりチープになってます
ふつーの家に近い…(ーー;)
それだけでも雰囲気がかなり安くなりますね

オチも同じにしてあるんやけど
オリジナルにない要素をやたらプラスして
その部分もほったらかしにして
強引にオリジナルと同じオチにしてるんで
むちゃくちゃですね
アホですね

ちゅーか
それならなぜ冒頭にレズ殺人シーンを入れないのか!

なんで今さら
「ドーターズ オブ ドラキュラ」をリメイクしようと思ったのか
そこからしてアホとしか思えませんが
デキもかなりアホでした
 
 
 
四作目「バンパイア ラヴァーズ」

1970年
小説「吸血鬼カーミラ」をハマープロが映像化するとこうなります
って感じの映画

ハマープロ斜陽の時期にしては
セットも金がかかってて
全体の雰囲気が格調高い

うんうん
ゴシックホラーはこの格調高さがないと雰囲気出ないよね

時代的に規制がゆるくなったのか
冒頭からくびちょんぱシーンでグロ全開!でなかなかキャッチー

登場する若いおねーちゃんもほぼ脱ぐし
脱ぐ女優さんの質も高い!

エログロ入れても格調高いという
ハマープロならではの雰囲気ですな

ようやくちゃんとした女吸血鬼映画が観れたなーって感じです

話も紆余曲折色々あってあきないし
よくできてるね

ラストはやっぱりピーターカッシングがとどめを!

ニンニクとか十字架とかの要素も出てきて
いやー吸血鬼映画でしたー(^^♪
 
 
 
そんな感じで
「女吸血鬼」大会しゅーりょー
ヽ(´▽`)/ 

| | コメント (0)
|

2019年1月15日 (火)

第97回京都映画サミット開催のお知らせ

年末からお正月にかけて風邪引いて
その後、愛媛に仕事に行ったりしてたので
ブログを書くことを全く忘れていまして
急にというか
いきなりになりますが

本日
1月15日火曜日20時より
第97回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のテーマは
「女吸血鬼」です

前回
次回のテーマ何にしましょうかねー
って言ってるときに
なんとなくそう決まりました

まー
「ドーターズ オブ ドラキュラ」がDVD化されたり

それがリメイクされたり

しているんで
ちょうどいいかなーって感じです
 
 
 
いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするもの持ち寄りです
また
スペースの都合上
先着8名様までとなっております

それでは参加希望
お待ちしております

| | コメント (0)
|

2019年1月12日 (土)

第96回京都映画サミット「チャッキー」大会

第96回京都映画サミット「チャッキー」大会

無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ
 
 
 
一つ目「チャイルド・プレイ」

いやーやっぱ一作目が最高やね
いくらCGとかメカ技術が上がっても
今のところこれは超えられてない

顔のぎこちない表情変化が逆に人形っぽくて気持ち悪いし
ローテクの方がいい味出してる典型かも

冒頭、ホラーなの?みたいな刑事の銃撃戦で始まるけど
「デモーニック・トイズ ドールズ2」これパクってる気がするなー
ま、チャッキーのが早いし、色々と上やけどねー

展開も雰囲気も音楽もいい
子供が主役なのもポイント高いやね
しかもアンディ演技がうまい!

映画「クジョー」の子役さんは演技じゃなく
見るからに本気で怖がってた感じで
あれはあれで臨場感たっぷりで味があったけど

アンディは演技でやってるっぽいけど
本気で怖がってる度が高く感じるってことで
やっぱ演技うまいんやなーって感じ

終わりもいい感じで終わるし
全てにおいて完成形
これ以上はもうないやろーなー
 
 
 
二つ目「チャイルド・プレイ 誕生の秘密」

2013年に作られた6作目
いちおー1で脚本を務めてたドンマンシーニが脚本も監督もやってるんやけど
正直、話がちょーつまらん
脚本家なのに…

97分しかないのにやけにダラダラしてるし
監督としての才能も疑うよ…

んで
「誕生の秘密」って
1作目で誕生の瞬間描いてるし
今さら何の秘密があるのかと思ったら
殺人鬼チャールズの前日譚やった…
しかもいらんと言えばいらん…

最後に大人になったアンディが出てくるのはいいんやけど
んーそれだけかなぁ…

ただ次作の狂気病棟を観るにはコレを観てないといけないので
つまんないけど観ないわけにはいかないと言えばいかない…
 
 
 
三つ目「チャイルド・プレイ~チャッキーの狂気病棟~」

いかにも続編ありますよって感じで終わった6作目の続編
(4年もたってるけど…)
観る前に少なくとも6は観とかないと困るかもかも

同じくドンマンシーニ監督・脚本で
相変わらずの雑な脚本とダラダラとした演出

前作で精神病院に入院させられたヒロインの身の回りで
再びチャッキー殺人が起こり出す

大人になったアンディがちょい活躍するのと
チャッキーがコピー増殖しちゃうとこがちょっとおもしろいけど
全体としてはビミョーなデキ

ラストは明らか続編作りますって感じで
チャッキーが人間の体を得て終わっちゃうんやけど
それはシリーズとしていかがなものかと思うなぁ…

人間の殺人鬼になってどうすんのよ…(ーー;)
 
 
 
そんな感じで
「チャッキー」大会しゅーりょー
ヽ(´▽`)/

| | コメント (0)
|

2019年1月 1日 (火)

あけましておめでとうございます

今年もよろしく
おねがいします♪

Nenga2019

さて今年の年賀状デザイン

何の映画が元ネタでしょう!

ただし
猪の映画となると

韓国のしょーもない映画

しか思い付かず
しかもコレ
デザインももっさいし
これはないわーって思い

仕方なしに豚を猪に仕立てるという
(中国では豚と猪は同じらしいしー)
流れで製作いたしました

来年
ネズミの映画はいっぱいあるねー
ネタには困らなさそう…

| | コメント (0)
|

2018年12月13日 (木)

第96回京都映画サミット開催のお知らせ

来る
12月25日火曜日20時より
第96回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のテーマは素直に
「チャッキー」です

チャッキーBOX買って
まだ観てないんでー(^_^;)

チャイルドプレイも全7作
続きましたねぇー

途中からはお約束ネタコメディーみたいになって来ましたけど
まぁ面白くなくはない

6と7はまだ観たことないしー
ちょっと楽しみー

そういや
グッドガイ人形プレゼントする設定やったし
もしかしてチャイルドプレイもクリスマスやったかな?
それとも普通に誕生日?
忘れた…
 
 
 
いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするもの持ち寄りです
また
スペースの都合上
先着8名様までとなっております

それでは参加希望
お待ちしております

| | コメント (0)
|

2018年11月21日 (水)

第95回京都映画サミット「人狼」大会

第95回京都映画サミット「人狼」大会

無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ
 
 
 
一個目「倫敦の人狼」

1935年作品
有名なジョージワグナー監督の「狼男」が1941年なんで
それりだいぶ早い
僕が観たことある中では一番古い人狼映画

チベットで狼男に噛まれた植物学者が狼男になってしまい
ロンドンで悲劇を引き起こすという話

ジョンランディス監督の「狼男アメリカン」はコレのリメイクやね
主人公を学生にしただけで話がほぼ一緒

切り口は全然違うけど…

音楽はさすがに時代感があるけど
カメラワークは意外に凝ってて全然古い感じはうけない

うにゃうにゃ動く食虫植物や狼男の変身シーンも
この年代にしてはよくやった感があり
普通に観られる

ただ残念ながら狼男に襲われる等のショッキングシーンは暗転
まぁ仕方ないか…

ややコメディタッチの部分もあり
全体的な雰囲気はホラー的な悲喜劇って感じ

いちおーどんでん返し的展開もあり
よくできている 

時間が75分ってのも内容を考えるとちょうどいいね 
 
 
 
二作目「狼男アメリカン」

1981年ジョンランディス監督
これは昔テレビでもよくやってて
何回か観てるけど
細かいことはけっこう忘れていた

今回観て気付いたのは
記憶よりも
音楽・映像がシュールで笑える感じに作ってあるってこと
昔観たときは単純にホラーやと思ってたけど
そうじゃないね

シュールでブラックな青春ラブコメホラー

冒頭からホラーっぽくないキャッチーな感じで始まるしー

友人の幽霊が現れるたびに腐っていく描写
エロ映画館でたくさんの幽霊に囲まれて自殺を迫られるシーン

映画館から狼が出たときに
ブルースブラザーズみたいにムダに大量のカークラッシュが起こり
狼以外のことで人が死んでいく描写

やたらシュールでニヤリと笑ってしまう場面が盛り沢山

やるなーさすがジョンランディス!
 
 
 
三作目「人狼村 史上最悪の田舎」

時代は飛んで2011年のスペイン製人狼映画
はじまりからしばらくは
くだらないギャグをからめた会話でダラダラしてて
駄作かと思ったけど
中盤、指を食わせるギャグあたりからおもしろくなって
まぁまぁラストまで疾走できたかなー

後半はゾンビ映画みたいで
きぐるみ人狼がたくさん出てきて
ワイヤーアクションでわらわら襲ってくるのも新鮮で楽しくていいね

ま、わらわらいる代わり一匹一匹の人狼が弱いんやけど
普通に銃で死ぬし
人力で撲殺できるし…

仕方ないけどね一匹一匹が強かったら話が成り立たない…

ラストのラストはちょっと蛇足
せっかくいい気分で終わったのに
つまんないギャグでだいなし…

色々ともうちょっと改善すれば名作入りしそうやったのになー
 
 
 
そんな感じで
「人狼」大会しゅーりょー
ヽ(´▽`)/

| | コメント (0)
|

2018年11月10日 (土)

第95回京都映画サミット開催のお知らせ

来る
11月20日火曜日20時より
第95回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のテーマは
「人狼」です

と言っても
押井守のやつじゃありません

パーティーゲームのでもありません

狼男・狼女映画です

倫敦の人狼
狼男
謎の狼女
狼女の伝説
狼男アメリカン
狼男アメリカン in パリ
ハウリングシリーズ

狼の血族はこの前ニールジョーダン監督大会で観たんで
残る手持ちはこんな感じですかね
 
 
 
いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするもの持ち寄りです
また
スペースの都合上
先着8名様までとなっております

それでは参加希望
お待ちしております

| | コメント (0)
|

2018年10月26日 (金)

第94回京都映画サミット「ニールジョーダン監督」大会

第94回京都映画サミット「ニールジョーダン監督」大会

無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ
 
 
 
一作目「狼の血族」

昔テレビでやってて観たはずねんけど
部分的な映像は覚えてるのに
内容は話とかは全く覚えがない

なんでかなーと思ったけど
今回答えがわかった

まーなんちゅーか
ヒロインが夢見てたり
おばあちゃんに話し聞いてたりする映像の積み重るような作りで
赤ずきんをテーマにした映像集みたいな感じなのだ

映像も雰囲気もいいし
狼変身シーンの特撮もいい感じやし
部分部分はとてもキャッチー

でも全体が映画としておもしろいかというと
ちょっと退屈かなぁ~

ま、一作目ですでに才能は感じるけどねー
 
 
 
二作目「ブッチャーボーイ」

これはかなり昔から個人的に名作認定してるぐらいの映画なんで
もう観るのも何回目かになるが
やはりおもしろい!

おもしろいのは僕だけかと思ってたけど
今回、みなおもしろいと言ってくれたんでほっとした

父がアル中でDVで病死
母が頭がおかしくて自殺
その主人公が
精神病院入り
殺人
刑務所入り
する話

って書くとタダンサーインザダークみたいな暗い映画にしか思えへんねんけど
ちがうんやなー

映像も音楽も語り口も
明るく楽しげで
「スタンドバイミー」みたいに
爽やかで、いい話みたいな感動があるんですなー
不思議とー

内容がアレやからか世間的な評価はあんまりされてない感があるけど
ニールジョーダン監督の最高傑作かもかも
まだ全作品は観てへんけどー
 
 
 
三作目「クライングゲーム」

これも昔テレビでやってて観たはずねんけど
内容はさっぱり覚えてへんかった

始まって冒頭
主人公がブッチャーボーイのアル中パパさん!
そして設定がIRAのテロリスト!

話は
アカデミー賞脚本賞受賞って書いてあるから
どんなスゲー脚本なのかと思ったら
思ったよりビミョー

飽きたころにビックリ展開を入れてあって
うまいこと最後まで興味を持たせ続けてはいるものの
話はありがちやし
全体的にダラっとしてて冗長

113分はいらんかったなー
90分ぐらいならもっとおもしろかったかも

ジャケに
「劇場では見られなかった
あの"秘密"が今、明らかになる」
と書いてあるのだが

(ここからは秘密に触れるので未見の方は読まない方がいいかも)

これはたぶんヒロインが脱いだら男性器ついてたードッヒャー!
ってところのことやと思う
察するに
劇場ではモザイクかかってたんでしょう
DVDではどうなってるか知らんけどVHSでは
ブラーンとモザイクなしで映ってたよ…(^_^;)

ま、映倫によると性的ではない男性器はOKらしいんで
ブラーンとしてて勃起してなければモザなしでいいっぽい
「ベティーブルー」のDVDもそうなってた

そう考えると
「僕のエリ」はなんでモザ処理なのかよーわからんけど
タイトルに200歳の少女とか入れてるあたり
日本の配給会社が
内容を少女吸血鬼の話に無理やり改変しようとした結果っぽく
ヒジョーに悪質やと思う
監督もよくコレで許したもんだ

話は反れたが
確かにニールジョーダン監督だけあって映像はいいものの
この映画って
IRAを扱ってるのと
ヒロインが男だったって部分以外
あんまり売りがない気がする

コレで脚本賞?とか思うが

ボーイジョージが主題歌に起用されているところからして
もしかしたら当事
LGBTブームみたいなのがあったんじゃなかろーか
そしてそこにテロリストブームもあって
その波にうまくのっかってとっちゃったパターン?

つくづくアカデミー賞って
政治的でアホな選考してるなーほんま
 
 
 
そんな感じで
「ニールジョーダン監督」大会しゅーりょー
ヽ(´▽`)/

| | コメント (0)
|

2018年10月20日 (土)

第94回京都映画サミット開催のお知らせ

来る
10月23日火曜日20時より
第94回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のテーマは
「ニールジョーダン監督」
です

フィルモグラフィ

殺人天使 Angel (1982) 監督・脚本

狼の血族 The Company of Wolves (1984) 監督・脚本

モナリザ Mona Lisa (1986) 監督・脚本

プランケット城への招待状 High Spirits (1988) 監督・脚本

俺たちは天使じゃない We're No Angels (1989) 監督

クライング・ゲーム The Crying Game (1992) 監督・脚本

インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア Interview with the Vampire: The Vampire Chronicles (1994) 監督・脚本

マイケル・コリンズ Michael Collins (1996) 監督・脚本

ブッチャー・ボーイ The Butcher Boy (1997) 監督・脚本・製作総指揮

IN DREAMS/殺意の森 In Dreams (1999) 監督・脚本

ことの終わり The End of the Affair (1999) 監督・脚本・製作

ギャンブル・プレイ The Good Thief (2002) 監督・脚本・製作総指揮

ダブリン上等! The Actors (2003) 原案

プルートで朝食を Breakfast on Pluto (2005) 監督・脚本・製作

ブレイブ ワン The Brave One (2007) 監督

オンディーヌ 海辺の恋人 Ondine (2009) 監督・脚本・製作

ビザンチウム Byzantium (2012) 監督

特に僕が好きなのは
当時、酒鬼薔薇聖斗事件でDVD化がお蔵入りになっちゃった
「ブッチャーボーイ」

ジャケを見るとただ単に猟奇殺人モノに見えるがそうじゃない
スタンドバイミーに並ぶ名作青春映画である(私見)

虐待家庭に育った少年による殺人をテーマにしてるのに
映像美とあいまってとことん爽やかな青春映画になってるところがすごい

その他
「狼の血族」
「モナリザ」
「クライングゲーム」
「俺たちは天使じゃない」
あたりがあります

 
 
いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするもの持ち寄りです
また
スペースの都合上
先着8名様までとなっております

それでは参加希望
お待ちしております

| | コメント (0)
|

2018年10月 1日 (月)

第93回京都映画サミット「文太のいないトラック野郎」大会

第93回京都映画サミット「文太のいないトラック野郎」大会

無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ
 
 
 
一作目「激突!」

スピルバーグ監督の出世作テレビ映画
低予算で出演者もめちゃ少ない
シーンもほとんど延々と荒野のハイウェイ
でもこれがおもしろい!

やっぱ映画って金かければいいってもんでもないんやんねー

内容は近年流行の「あおり運転」
主人公がトレーラーぬかしたら怒ってきて
ストーカー並にしつこくあおられるという…だけ…

それだけなんやけど89分ずっとおもしろい

ま、主人公もアホっちゅーか
どうしようもない感じなんで
同情は全くできんけど…

しかし犯人が最後まで顔が出てこんってのがいいね
より不安感が増す

腕だけはチラチラ映るんやけどね

気付く人は気付くと思うけど
ジョジョの第三部に車のスタンドとして出てくるやつは
明らかこの映画からいただいてる

ま、それぐらい名作ってことやね
 
 
 
二作目「スペース・トラッカー」

「死霊のしたたり」のスチュアートゴードン監督
トラック野郎を近未来SFにしたらどうなるか、みたいな映画で
ヤバイ積荷を運ばされる主人公デニスホッパーがドタバタするコメディ

しかも日本の
韮沢靖や空山基がデザイン等を
スクリーミングマッドジョージが特殊効果を
坂本浩一がアクション監督を務めている

なんかここまでの設定やスタッフだけみると
めちゃめちゃ面白そうなんやけど
実際観ると…ビミョーなんやなーこれが…

とりあえず
主役のデニスホッパーが思ったより歳くってて
なんか光るものがなくなってる…
そして第二の主役の若者やヒロインも
なんかビミョーな光のない俳優さん…

そして
ストーリー展開が雑でムダにコメディ部分が長くダレる…

模型を使った宇宙シーンとか特撮はよくできてるし
宇宙船に穴が開いて人が船外にすいこまれていくシーンとかもいい感じ
メカデザインもいいし
グロ描写もそこそこあるし
部分部分をとるといい感じなのに残念…
 
 
 
三作目「バトルトラック」

マッドマックスが世界的にヒットしたんで
それにのっかろうと
オーストラリアのお隣ニュージーランドで作られた二番煎じマッドマックス映画

トレーラーを基地にそこいらを荒らし廻る犯罪集団と
村人&正義の味方との戦いを描く

裏切り者が出たりとストーリーもそれなりに凝ってるし
マッドマックス1より金はかかってそうやけど
面白さはマッドマックス1以下

死人覚悟のカーアクションとか
エログロバイオレンスとか
おりこうさん過ぎて
そこらへんのパワーが全然感じられないし

主人公もメルギブソンに負けてるなー
いちおー「ウォリアーズ」で主役はってた人みたいやけど
やっぱ後々大成するメルギブソンとは輝きが違うわ

んで、トラック造形はまぁまぁいいけど
主人公の車がクソ
あれは笑うとこやったんか未だにわからんけど
とりあえずヒドイ
あれはないわ
マッドマックスのインターセプターとかやったらプラモとかでほしい!って思うけど
全く思わないぐらいヒドイ

そしてヒロインもなんか残念
ブサイクとまでは言わんけどなんか魅力薄い…

よくコレがブルーレイ化されたなぁ…
 
 
 
そんな感じで
「文太のいないトラック野郎」大会しゅーりょー
ヽ(´▽`)/

| | コメント (0)
|

«第93回京都映画サミット開催のお知らせ