2020年4月 3日 (金)

第111回京都映画サミット「フリークス映画」大会

第111回京都映画サミット「フリークス映画」大会
無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ
 
 
 
一作目「フリークス」


フリークス映画のパイオニア、トッドブラウニング監督1932年の作品

冒頭、なんとなく高尚さを語る文章が垂れ流されるが
内容はいたってB級、見世物小屋的なんで
たぶんコレは世間の追求を回避するため入れたのだろう

ストーリーは
遺産を狙って結婚→毒殺を狙うが、返り討ち
まぁよくある感じやけど
舞台をサーカス一座にして
当事働いてたであろう障害者の数々と健常者の群像劇をからめたところにこの映画の価値がある
まぁそこだけと言えばそこだけなんやけど
当事のサーカスの様子、障害者への差別の様子など
映画で作り物とはいえ
歴史好きには色々と興味深く観ることができるのである

そんな感じで全体的に映画としてはそこまで…であるものの
見世物小屋的要素で最後まで飽きずに観れてしまうのである

ラストは勧善懲悪になってはいるものの
鶏人間ってオチがビミョーでなんかスッキリしない…
結局、監督も障害者=不幸みたいな差別心から離れられてない感じ…
まぁ時代が時代やし仕方ないかもしれんし
そもそもB級、見世物小屋的に作ったとしたらまぁ正解なのかもしれない

しかし、何されたら鶏人間になるのやろ…(^_^;)よくわからん

 
 
二作目「センチネル」

1977年のオーメンやエクソシスト系の雰囲気を持つホラー映画
「狼よさらば」の監督マイケルウィナーがこんなんも撮っていたのが驚き

それなりにちゃんとしてて
それなりの雰囲気はあるけど
やはりどこか二番煎じ感のある映画で
コレといった特徴もない

あるとすれば
リアル身体障害者を使ってる部分ぐらいなんやけど

地獄の門が開いたシーンで
資金がなくて特殊メイクをできないから
実際の身体障害者に頼んだというエピソードの通り

なんか地獄からの怪物の動きに素人感がはんぱない
ある意味
それまでの雰囲気ぶち壊しで
作品としては正解やったかが怪しいけど
結局、実際の身体障害者を使ったことで
こうやってDVD化され話題にのぼるようになったとも言えるので
正解やったんかもしれない

ヒロインもきれいな人やし
なんか雰囲気よさげでもあるのに
ここまで心に残らないのはなぜなんだろう…(^_^;)
 
 
 
三作目「小人の饗宴」


淡々と、とある施設の小人の叛乱を描く
賞を色々と獲っているドイツの巨匠ヴェルナーヘルツォーク監督1970年の作品
この作品もけっこう評価されてるみたいやけど
正直、僕はつまんなかったです

淡々となんで、めっちゃかったるい…

ぐるぐる車が回転して走ってるシーンを長回しでずーっと撮るとか
眠いです

どう観ても見世物小屋的映画なのに
芸術をきどっている感もなーんか鼻につくんですよね

ところで
バッドルーテナントのニコラスケイジリメイクもこの監督やったってこと
今さら気付いて驚いた
 
 
 
四作目「悪魔の植物人間」


撮影・監督で数々の名作を作り出してるジャックカーディフ1974年の作品

内容的にはマッドサイエンティストモノの定番にフリークスをからめた
みたいな感じで
それほど斬新さはないのですが
さすが巨匠なだけあって
やっぱり映画としてすごいちゃんとしてます
しかも
ちゃんとエログロバイオレンスを入れて
おもしろいB級娯楽のツボも分かってる感じ

今回観た中で一番おもしろかったっです

トッドブラウニングの「フリークス」をリスペクトしてるだけあって
既視感のあるシーンがちらほら

同じく当事のリアル身体障害芸人さんを使ってるので
歴史資料的な価値もあるよね
とりあえず目玉が飛び出すおじさんは必見
あの芸はすごいインパクトある

植物人間の着ぐるみが、やや安いのはご愛嬌というか
あれはあれで味があると個人的には思う
デザインも含めて…
 
 
 
そんな感じで
「フリークス映画」大会 しゅーりょー
ヽ(´▽`)/

| | コメント (0)

2020年3月 9日 (月)

第111回京都映画サミット開催のお知らせ

来る
3月17日火曜日20時より
第111回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のテーマは
「フリークス」映画です

ま、単純に
あるお客さんに
「「小人の饗宴」観ました?」
「あれいいですよ、是非観てください」
と言われたんで

そういや買ったまま観てなかったなと…

そんなわけで
フリークス映画の草分け的
トッドブラウニング監督の「フリークス」

ロシアのフリークス映画

等々のVHSも出して来ました

石井輝男監督の恐怖奇形人間


痴漢ドワーフ

(↑なんでレンタル版しか検索出てこないの?)

昔の映画サミットで取り上げたと思うので
今回は外します
 
 
 
いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするもの持ち寄りです
また
スペースの都合上
先着8名様までとなっております
 
それでは参加希望
お待ちしております

| | コメント (0)

2020年3月 3日 (火)

第110回京都映画サミット「真田広之映画」大会

第110回京都映画サミット「真田広之映画」大会
無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ
 
 
 
一作目「吼えろ鉄拳」


監督・脚本が鈴木則文やからか全体的におちゃらけムード
お話は定番の麻薬シンジケートとの闘いなのであるが
緊張感はほぼない

そんな感じでストーリー進行は雑だが
笑いとエログロバイオレンスはきっちり入れてあるので
最後までそれなりに楽しく観れる

真田広之は色々危なそうなアクションに挑戦してて
なかなかかっこいいが
空手アクションになるとやや個性がないというか
千葉ちゃんや悦っちゃんに比べると華がない気がする

個人的にはブッチャーが出てるのがポイント高いが
途中で出なくなるのが残念
 
 
 
二作目「伊賀忍法帳」

山田風太郎小説の実写化
山田風太郎っぽいエログロバイオレンス・トンデモな感じは
なかなか再現されててよい

ただ100分の中の制約のためか
全体的なスケールダウン・端折られている感は否めない
特に
「淫石を作るのに大量の女をさらって強姦し愛液を煮詰める」という設定を
篝火一人でいい設定にしたのはどうかと思う

全体的にキャストはバッチリで
千葉真一・成田三樹夫・中尾彬もいいし
主役の真田広之も忍者姿が一番似合う気がする
空手アクションより忍者アクションの方がかっこよくて向いているよね、たぶん

ヒロインの渡辺典子もデビュー作だけあって初々しい感じがいいが
なんと言っても
全盛期美保純の脱ぎっぷりと演技がすばらしい!

ラストバトルの大仏殿炎上も金かけただけあって
実物大大仏の崩壊等々特撮的にもなかなか見ごたえあるし
いやーいいわー

エンターテイメントはこうでなくっちゃ!
 
 
 
そんな感じで
「真田広之映画」大会 しゅーりょー
ヽ(´▽`)/

| | コメント (0)

2020年2月14日 (金)

第110回京都映画サミット開催のお知らせ

来る
2月18日火曜日20時より
第110回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のテーマは
「真田広之」映画です

たまたまブクオフで真田広之のLPレコード見つけまして

それを聴いてたら
若かりし頃の真田広之アクション映画
観たくなったという次第であります
 
 
 
いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするもの持ち寄りです
また
スペースの都合上
先着8名様までとなっております
 
それでは参加希望
お待ちしております

| | コメント (0)

2020年2月12日 (水)

第109回京都映画サミット「ネズミ映画」大会

第109回京都映画サミット「ネズミ映画」大会
無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ

 

 

 

一作目「ラットマン」


ネズミと言えばラットマン
忘れてました

 

映画自体のデキはフツーでビミョーなんですけど
ノンCG、身長47センチ ラットマンがすばらしい味出してます
チャッキーぐらいの物体がマペットやCGなしに襲ってくる様は
何にも変えがたいリアルさというか
物体感、個性があるんですよねー

 

チャッキーの中もラットマンに入ってもらえばいいのに

 

ラストあたりの
カバンに入ったままのラットマン
誰も気付かないまま持ち運んで大惨事
(普通わかるやろ!)
っていう杜撰さもすばらしい!
 
 
 
二作目「ウィラード」


1971年アメリカ映画

 

会社で世間で、虐げられた主人公が
ネズミを飼ううちにネズミがアホみたいに多くなってしまって困るんやけど
自分の命令を聞いてくれることに気付いて
ネズミで復讐していくという
話的にはたいしたことなさそうなんやけど
ペット依存、猫屋敷問題、高齢親介護問題、若者の貧困、等々
原題にも通ずる社会問題がほどよくミックスされつつ
サスペンスホラーでありつつ動物なかよし映画でもあるという
絶妙な味付けのよくできた映画

 

兎に角CGじゃないネズミの演技が最高です
調教師の人すばらしいです
もう二度と撮れないでしょうねー
 
 
 
三作目「ネズミゾンビ」


ネズミに噛まれた人が人を襲って食べるようになって
それがどんどん感染して広がって行き
主人公とヒロインが逃げ惑い戦う話

 

映画中では「ネズミ人間」(rat human)って呼んでたんで
ゾンビっぽいけどほんとうはゾンビじゃないですね

 

設定とか話とかはいい感じなんですけど
全体的になぜかオシャレ映像です
しかもやたらオシャレ過ぎて見づらいし
ずっとオシャレでうざい

 

兎に角
暗い、揺らし過ぎ、カット割り過ぎ
です

 

ネズミ人間の造型もおもしろいのに
本編中ではほぼ見えませんし
(ジャケが一番確認できる)
色々と見せるべきところを見せないで失敗してる感があります

 

音楽もオシャレなんですけど
ありがちというか
もっさりしてるんですよね

 

既存のオシャレっぽい映像、オシャレっぼい音楽に頼り過ぎじゃないでしょうか…

 

もうちょっと撮り方をB級映画!って感じにしたら
もっとおもしろくなった気がします
残念
 
 
 
そんな感じで
「ネズミ映画」大会 しゅーりょー
ヽ(´▽`)/

| | コメント (0)

2020年1月13日 (月)

第109回京都映画サミット開催のお知らせ

来る
1月21日火曜日20時より
第109回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のテーマは子年にちなんで
「ネズミ」映画です

と言っても
とりあえず前回観ないままになった
ネズミゾンビ

ウィラード
ベン
の三つしか見つけてないんですけど…

なんかあったら
持ってきてください
 
 
 
いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするもの持ち寄りです
また
スペースの都合上
先着8名様までとなっております
 
それでは参加希望
お待ちしております

| | コメント (0)

2020年1月 2日 (木)

あけましておめでとうございます♪

2020

世間の風潮に反して

1日から地味に店あけております

| | コメント (0)

第108回京都映画サミット「動物ゾンビ映画」大会

第108回京都映画サミット「動物ゾンビ映画」大会
無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ

 

ついに煩悩の数に達した映画サミットの
一本目は
「ZooMBIE」

サファリパークの動物たちがゾンビになってしまうという
ジェラシックパークとか

猛獣大脱走に似たパニック映画

 

チープなCG動物なんで動物虐待やりたい放題で
いい感じのシーンもちらほらあるけど
全体としてはもっさりでテンポが悪い
低予算でも安いCGでも
もっとジェットコースタームービー風に作ればもっと面白くなったかも

 

子供がコアラゾンビをバットで叩き殺すというシチュエーションがあるが
世間に気を使ったのか間はすっ飛ばしてコアラの死体が出てくるだけなのも残念

 

そういったR指定のがれなのかよくわからない
ひよった部分も多く
全体としてのやりたい方向としては好きだけど
全てにおいてちゅーとはんぱで残念

 

二作目が出てるらしいんで
それなりにはヒットしたんでしょうね

二作目も安くで出回ったら
観てみたく思います
 
 
 
本日二作目「ハゲタカゾンビ」

原題は「RAGE」日本語で言うと「怒り」なんで
実はハゲタカゾンビは活躍しないんじゃないかと
疑いを抱いていたが
意外に活躍していた

 

原題より「ハゲタカゾンビ」の方が合ってるというか
キャッチーでいいと思う

 

話は定番のバカップルたちがゾンビとハゲタカゾンビに襲われるというだけで
映画全体としてはたいした話もなくもっさりしてるんやけど
とりあえず監督さんが特技系の人らしく
スプラッター描写は色々と気合入ってるんですね
これでもかこれでもかと出てくるスプラッターに
けっこう最後まで飽きずに観れてしまうという

 

CGも使ってるけど
マペットとかアナログな手法も色々使ってるのもいい

 

意外に良作でした(^^♪
 
 
 
そんな感じで
「動物ゾンビ映画」大会 しゅーりょー
ヽ(´▽`)/

| | コメント (0)

2019年12月20日 (金)

てーしゃつ販売はじめました(^^♪

ここ↓がいちおーショップです


https://www.ttrinity.jp/shop/banbutsu


 


デザイン登録だけしとけば


あとは受注生産で販売してくれるサイトなんで


初期費用とか全くかからないところがいいです


 


ただネタがディープ過ぎるんで


需要があるかどうかが問題です

| | コメント (0)

2019年12月15日 (日)

第108回京都映画サミット開催のお知らせ

来る
12月24日イブ火曜日20時より
第108回京都煩悩映画サミットを行いたいと思います

今回のテーマは
「動物ゾンビ」映画です

具体的には
ハゲタカゾンビ
ネズミゾンビ
ゾンビーバー
ズーンビ
が手持ちとしてあります

誰か他に持ってるものあれば
持ってきてください
 
 
 
いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするもの持ち寄りです
また
スペースの都合上
先着8名様までとなっております
 
 
 
それでは参加希望
お待ちしております

| | コメント (0)

«第107回京都映画サミット「リアン映画」大会