2017年11月19日 (日)

本日、刀と刀掛け、盗られました!(# ゚皿゚)

さきほど20時半頃に気付きました…

今回盗られたのは

模造刀「黒石目」の大小二本と
鹿角の刀掛けです

Katana

写真の右側に写ってるヤツ

まさか
ねこそぎ全部、盗っていくヤツがいるとは…
(# ゚皿゚)

模造刀はまた仕入れればいいんですが
刀掛けは二度と手に入らないものなんで痛い…

総額5万ぐらいの被害でしょうか…

貧乏人や
お年寄り、子供から盗むヤツは
ほんまクソヤローです

現在、防犯カメラ映像を解析中なんですが
日付が狂ってて探すのがたいへんです

うーむ

ちゃんと日付合わせとくべきであった…(ToT)

動画は見つかり次第ユーチューブに公開しようと思います

リアル窃盗現場で
再生回数稼げること間違いなしですかね

万引きは現行犯逮捕でもせん限り
警察は絶対動いてくれませんし…

公開か泣き寝入りかの二択しかありません
んじゃま、公開ですかね

いやなら早めに返しに来てください

ちなみに逮捕権は一般市民にもありまして
私も一度だけ窃盗犯を現行犯逮捕
刑務所送りにしたことがあります

あの人は今頃どうしておられるんでしょうねー

| | コメント (0)
|

「秋のお茶会」開催のお知らせ

来る
11月23日木曜日

「秋のお茶会」を開催いたします

場所は
万物創造房裏お茶室

一席目 13時半~
二席目 14時半~
三席目 15時半~

となっておりまして
今回
薄茶と濃茶の両方が出ます

会費は1000円です
 
 
 
現在、三席目は満席になっていまして

一席目はあとわずか
二席目はまだあいております

濃茶が飲める茶席もなかなかないので
是非みなさま参加のほどご検討ください
 
 
 
♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:
 
 
 
今回のお菓子は末廣軒の

イチョウ(銀杏入り)でした
Dsc_1097

| | コメント (0)
|

2017年11月17日 (金)

第83回京都映画サミット「死霊のしたたり」大会

第83回京都映画サミット「死霊のしたたり」大会

無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ
 
 
 
「死霊のしたたり」

1985年アメリカ産
80年代を代表するスプラッター系ホラーのひとつ
監督はブライアンユズナだと思い込んでいたら
二作目からはユズナ監督やけど
一作目はスチュアートゴードン監督やった…

スチュアートゴードンもなかなかの名監督やなー

昔何回か見たはずやけど
死体を生き返らせるってことしか覚えてなくて
なんでかなぁ…と思ったら
ストーリーが「死体を生き返らせる」ってだけやった…

生き返らせては暴れだして大変なことになって
それでも学習しないで生き返らせる
という
終始アホな映画…( ̄◆ ̄;)

アイデア満載なヒドイ描写が目白押しで
どっちかというとスプラッター特撮を楽しむ映画かも

いやーCGなしでよくやってますわー

エロもグロもバイオレンスも満載で
これぞ80年代!

そういや音楽がやけにヒッチコックのサイコ風で
誰が作ってるんやろーと思ったら
チャールズバンドの弟くん、リチャードバンド

父のアルバートバンドとの三人スクラムで相当数のB級映画を世に送り出した模様
スゲー一家だぜ!(*^ー゚)b
 
 
 
「死霊のしたたり2」

監督は一作目で製作をやっていたブライアンユズナに交代
1989年、なぜか4年たってからの正統な続編である

きちんと前作の主人公ふたりやマッドな教授は出てきて
ストーリーもいちおー続いているらしいが雑
相変わらず死体を生き返らせて大騒ぎになるだけなので
んーどうなんだろー

二番煎じ感はぬぐえない

ただ、特殊効果が
スクリーミングマッドジョージに交代して
よりマッドな感じになった
コレはなかなかすばらしい

一作目よりさらに
特技だけが見所感が強いかなー

まぁでもがんばってますよ
プラマイゼロで前作と同じぐらいの観れる度には持ってけてる
(ユズナでマイナス、マッドジョージでプラス)
 
そういや
映画中のフランケンシュタイン花嫁に使われた頭の女性
超キレイ設定なんやけど
どう見てもブス
当時はアレがキレイやったんかな…(^_^.)
 
 
 
「死霊のしたたり3」

2003年製作
2から14年もたっている…

監督はちゃんとブライアンユズナだし
一作目からの主役のひとりキチガイ眼鏡科学者のジェフリーコムズも出ている

老いた監督の感性がダメなのか
金がなかったのか
今さら感とパワーダウン感はぬぐえない
狂った感もあまりない

今回は刑務所内で死体蘇生実験と
刑務所セットや人員に金がかけられているが
ハッキリ言おう

それは金のかけどころが違うやろ!

1や2のように限られたシチュエーションで
人員やセットに金をかけず
その分をスプラッター特殊技術にまわすというやり方が
このシリーズのキモなはず

そういう見所が少ないまま
ドラマでひっぱられても
全然心に響かないよ

それでもまぁちょこちょこは見所あるし
正統な続編ではあるんで
「死霊のしたたり」ファンは観ておくべきかなぁ…
 
 
 
今回観たのはは以上の三つだけ
あと「新死霊のしたたり」ってのがあるんやけど

実はコレは
「Silent Night, Deadly Night」という別シリーズの4作目

ま、来月はクリスマス近くだと思うんで
「Silent Night, Deadly Night」大会でもやろうかな;:゙;`(゚∀゚)`;:゙
 
 
 
そんな感じで
「死霊のしたたり」大会しゅーりょー
ヽ(´▽`)/

| | コメント (0)
|

2017年11月 6日 (月)

第83回京都映画サミット開催のお知らせ

来る
11月14日火曜日20時より
第83回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のテーマは
「したたり映画」です

「死霊のしたたり」
とか
「悪魔のしたたり」
とか
「ドラキュラ血のしたたり」
とか

そういう感じです

SF系の
「巨大蟹のしたたり」は残念ながらDVD発売前で
残念ながら僕は持っていません…(;;;´Д`)

日活ロマンポルノ系の
「女秘書の告白 果肉のしたたり」とかも持ってないんですよねー
ゆえに
基本ホラー方向です
 
 
 
いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするもの持ち寄りです
また
スペースの都合上
先着8名様までとなっております

それでは参加希望
お待ちしております

| | コメント (0)
|

2017年10月27日 (金)

第82回京都映画サミット「ダブルヘッド」大会

第82回京都映画サミット「ダブルヘッド」大会

無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ


「双頭の殺人鬼」

1959年のアメリカ作品だが、かなり日本ロケが多く
日本人スタッフもたくさん関わっている

日本人のマッドな博士が
新人類を作るべく、獣人の頭を植えつけて体を変化させようという
謎の研究をしていて
たまたま取材に来たアメリカ人新聞記者に植え付けちゃうんやけど

それまでにできた新人類を観ても(いちおー失敗らしいけど)
目指しているところがさっぱりわからない

どうも
バンザイアタックをして来るような日本人の研究者はマッドだろう
みたいな思い込みで作られてるような気もする

意外と日本描写が正しかったり
日本の怪談的演出があったりするのは
日本人スタッフの活躍によるものと思われる

やはり監督はアメリカ人なんで
結局、テイストはアメリカトンデモ怪奇映画

面白いかと言われると
ダブルヘッドなこと以外は定番な展開で
ふつう

脱ぎ要員的なおねーちゃんが出てくるが
時代的にお色気シーンもほぼないに等しい…
 
 
 
「怪奇!双頭人間」

時代は飛んで1971年のアメリカ作品
ここまでの間、約12年間ダブルヘッド映画は作られなかったのだろうか…
絶対にありそうやのに…不思議

今回は70年代らしく
ロックな音楽の殺人鬼家宅侵入シーンから始まり
なかなかキャッチー

その後
唐突に田舎で動物ダブルヘッド研究をしている医者の話に移行するが
やはり何のためにダブルヘッドにしたいのかがよくわからない

そして逃走して来た殺人鬼を殺してしまい
ここぞとばかりに
知的障害の使用人に頭を移植
案の定、操られてダブルヘッド殺人鬼になってしまうという…

んで、ま、後は定番な展開

しかしながら
「双頭の殺人鬼」では終始人形の頭を付けてたけど
こっちはちゃんと人間の頭をくっつけてて二人羽織状態で
そっちもしゃべるってのが新しいかも

このやり方を監督さんが思いついたのだとしたら
なかなかのパイオニアやと思う

撮り方も音楽もなかなかカッコイイし
キワモノ界の良作

ただ、けっこう死人は多いのに血は全然出ない…
 
 
 
「Mr.オセロマン 2つの頭を持つ男」

1972年アメリカ産のいちおーブラックスプロイテーション映画

黒人差別主義者の癌で余命いくばくかの博士がいて
自分が生き延びるために
健康な人間に自分の首を移植させるという

トンデモではあるが
今までのダブルヘッド映画の中では一番目的がしっかりハッキリしてるかもかも

しかし博士
死刑囚の体の提供を受け移植したら
体が嫌いな黒人で
「なんでクロンボに移植した!」とか言い出す始末

そんで、意識が戻った黒人が「聞いてねーよ」とか言い出して逃走

唐突にカーチェイスモノになる

とくに意味なく金かけて
とくに意味なくカーチェイス
とくに意味なくカークラッシュ
とくに意味なく時間もかける

そして
博士の首、手術で無事切り離せたとかで
唐突に終わる…

真犯人見つけて無実の罪はらすとかの伏線は
回収なしという…\(;゚∇゚)/

いやーいさぎよいなー

個人的には冒頭のダブルヘッド動物の研究シーンはダレるんで
カットするか後回しにして
死刑囚登場のシーンがカッコイイんで
あそこからはじめた方がキャッチーな映画になったのではないかと思う

ちなみに音楽はいかにもブラックスプロイテーションって感じの軽快なヤツばかりで
なかなかカッコイイんやけど
なんだか宝の持ち腐れ感もあるのであった…

しかし、邦題、白人と黒人が合体したから「オセロマン」ってセンスがすごいな…
それと
銃を持った影のジャケ絵から、二つの頭の殺し屋として成り上がる話かと思ってしまったが
全く違ったな…
 
 
 
そんな感じで
「ダブルヘッド」大会しゅーりょー
ヽ(´▽`)/

| | コメント (0)
|

2017年10月11日 (水)

第82回京都映画サミット開催のお知らせ

来る
10月17日火曜日20時より
第82回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のテーマは
「ダブルヘッド」です

ラインナップとしては

現在のところ
「双頭の殺人鬼」
「怪奇!双頭人間」
「Mr.オセロマン 2つの頭を持つ男」
「ダブルヘッドジョーズ」

という感じです

他に何かダブルヘッドモノ持ってる!
って人は
是非お持ちください
 
 
 
いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするもの持ち寄りです
また
スペースの都合上
先着8名様までとなっております

それでは参加希望
お待ちしております

| | コメント (0)
|

2017年10月 6日 (金)

ウイルスメールっぽいのが来た!みなさまご注意を!(*゚▽゚)ノ

件名は『8月度請求書の件[0990]』となっていて

文面は

 いつもお世話様になっております。

 遅くなりまして申し訳ありません。

 9月度請求書をお送りいたしますので、

ご確認、宜しくお願いいたします。

となっていて

添付ファイルとして
PF_仮返品通知書.xls
というエクセルファイルが付いている

全く心当たりがないんで
とりあえずこのファイルをいったんデスクトップに保存して
ファイルウイルスチェックをしたところ

見事にひっかかかった

なるほどなー
エクセルファイルにウイルスを埋め込めるってことを知らん人は多いから
とりあえず何やろーと思って
知らんと開く人もいるわなー

送信元は
e.summur-xxxxxxxxxx@docomo.ne.jp

(xはいちおー個人名っぽいんで伏字にしとく)
となっているが
ま、てきとーな創作のアドレスやろ

みなさん
こういうエクセルファイル来ても開けちゃダメですよー(*゚▽゚)ノ

検索したら
似たような事例があった

| | コメント (0)
|

2017年9月22日 (金)

第81回京都映画サミット「セクシーSF映画」大会

第81回京都映画サミット「セクシーSF映画」大会

無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ
 
 
 
「エイリアン・ビキニの侵略」

とりあえず人数がまだ揃ってなかったんで
ハズレかもしれんコレから見るかー
と見始めました

冒頭、流れる映像にキャストやタイトルをCGで入れ込むという
最近よく見られるオシャレオープニングに
もしかしたら面白いかもと思いましたが

正直、どつまらん映画でした!
\(;゚∇゚)/

コレが夕張映画祭グランプリ?
アルバトロスとかじゃなくてキングレコードから発売?

グロもないし
韓国映画のわりに暴力描写もそこそこ程度

しかもビキニが欠片も出てこない!

下着だし!

夕張市が破綻して
夕張映画祭がそんなに低レベル化してるのかと
ちょっと心配になりました…(;;;´Д`)
 
 
 
「SFアマゾネス 地獄の女帝軍団」

2890年、核戦争後の女が支配する世界で
男が昔の遺跡から遺産兵器を手に入れ
立ち上がってウーマンリブを妥当
最終的には仲良くやっていくというありがちなお話

マッドマックスとアマゾネス映画を掛け合わせたような映画で
それだけで何か面白そうなんやけど

おねーちゃんがビミョーな人ばかりで魅力が薄かったり
主人公以外のキャラがキャラ立ちしてなくて誰か分かりづらかったり
何かと残念な部分が多い

チャックノリスのシリーズを作ってる
メナハムゴーランが関わってることもあって
爆破は多いし
それなりに見所はあるんやけど
意外にオッパイとかエロもないし

全体としては冗長でビミョー

んー残念(;ω;)
 
 
 
「フレッシュゴードン」


本家「フラッシュゴードン」はクイーンによるサントラは売れたけど
公開当時の評判はよろしくなかったらしいが

こちらはエロパロディであるのに
本家よりいい!って言う人続出という
なかなか面白い立ち位置の映画

でも観てみるとけっこう納得で

書き割りが多いものの特撮がけっこうしっかりしてるし
コマ撮りモンスターもよく動く

やたらオッパイが出てきたり
モノのデザインがエロかったりするけど
エロ控えめというか
無駄なカラミとかがなくテンポもいい

ストーリーもちゃんと本家をなぞってるし

こだわりの作り込みと
エロパロセンスのよさで
娯楽ってものをわかってるなーって感じ

本家は昔テレビで観たっきりで
たいして面白くなかった記憶があるだけで
中身はほとんど覚えていないけど
なんか既視感のあるシーンがちょこちょこあるんで
かなりしっかりとオマージュしてるんだろうなーと思う

最近のエロ映画ではこういうの全然ないなー (´Д⊂

映画人の人
もっと気合入れてエロ作ってください!
 
 
 
「宇宙要塞からの脱出」

アルバトロスのラインナップで名前をよく見る
たぶん今も活躍中のB級映画監督
フレッド・オーレン・レイ 1988年の作品

そこそこ有名なタイトルは本作と
「女切り裂き狂団チェーンソー・クィーン」ぐらい
ちゃうかなぁ…

女囚モノをSF設定にして
宇宙船が刑務所ってだけで
なんだか面白そうやけど
基本やってることは既存の女囚モノをなぞってるだけ

まぁちゃんと宇宙船セットの中で撮影されているところは買えるんやけどねぇ
それ意外の演出とか展開がぬるすぎる

女囚モノ定番のエロとか拷問とかキャットファイトもなんかぬるい

しかも、おねーちゃんの魅力が薄い!

んービミョー

まーそれなりに観れんことはないんやけどねー

しかし
たった20人ぐらいの女囚にあの宇宙船使ってたらコスト合わん気がするのは僕だけか…
 
 
 
そんな感じで
「セクシーSF映画」大会しゅーりょー
ヽ(´▽`)/

| | コメント (0)
|

2017年9月 7日 (木)

第81回京都映画サミット開催のお知らせ

来る
9月12日火曜日20時より
第81回京都映画サミットを行いたいと思います

今回のテーマは
「セクシーSF映画」です

ラインナップとしては
定番な
「バーバレラ」
をはじめ
「フレッシュゴードン」1、2
「ギャラクシーナ」
「スペースバンパイア」
「スピーシーズ」
「エイリアン・ビキニの侵略」

てな感じです
 
 
 
いつものごとく
参加費は何かみなで飲み食いするもの持ち寄りです
また
スペースの都合上
先着8名様までとなっております

それでは参加希望
お待ちしております

| | コメント (0)
|

第80回京都映画サミット「Mr.Boo」大会

第80回京都映画サミット「Mr.Boo」大会
 
無事しゅーりょーいたしましたー(◎´∀`)ノ
 
 
 
「Mr.Boo!ミスター・ブー」

日本でのMr.Boo公開第一作
香港での実質は三作目

オープニングの音楽からしてキャッチー
たぶんサミュエルホイが作って歌ってるんやけど
まー役者にコメディアンに作曲家に歌手、ほんま多才ですなー

個人的にはいつもボケ役のリッキーホイが一番味があって好きなんやけど
リッキーホイはけっこう早くに死んじゃったのねー
霊幻道士の弟子役とか
ほんまトボけた役やらしたらエリックツァン(五福星とかのボケ役のひと)でも勝てへんぐらいのいいキャラやったのに残念

監督とか脚本は主演とともにマイケルホイがやってて
そこらへんもやっぱコメディのインテリな才能を感じるよね

ホイ兄弟すげーわ

ストーリーはたいしてないけど
探偵業をバックに繰り広げられるホイ兄弟劇場がすばらしい
ドリフのコントをストーリー仕立てにずらっと並べた感じで
ドカっとは笑わないものの
終始ニヤニヤ、ぶふふって笑ってしまう

ラストに泣かせる展開に持っていくとこもうまい

日本語吹替は故広川太一郎氏のアドリブ全開の吹替が超有名で
これがMr.Booのおもしろさをさらに数倍アップしてて
ジャッキーが石丸博也でないとジャッキーっぽくないと思っちゃうのといっしょで
マイケルホイは広川太一郎の声でないとマイケルホイじゃない感じ
吹替ないとおもしろさ半減

そういやこの一作だけ
サミュエルホイをビートたけし、リッキーホイをビートきよしが吹替えてる

ある意味貴重ではあるけど
僕的にはサミュエルホイ-富山敬、リッキーホイ-安西正弘がベストなんで
ちょっと違和感がある
 
 
 
「新Mr.Boo!アヒルの警備保障」

80年代に入るとなぜか頭に「新」がついて
新Mr.Booシリーズとなる

ちなみに香港での原題にはMr.Booとか欠片も付いてなくて
日本での公開時に勝手に付けてヒットしたから
それ以降も
サモハンが出てたら勝手にデブゴンシリーズになっちゃうみたいに
マイケルホイが出てたらMr.Booシリーズにされちゃってるのである

さて今回はなんとサミュエルホイが脚本しててマイケルホイが監督
警備会社が舞台
いつも通りたいしたストーリーはないものの
相変わらずのホイ兄弟劇場で最初から最後まで楽しく見れてしまう

ラストに泣かせる展開なのも同じ
ほんまうまいわー

日本語吹替も安定の定番三人組で最高やし
言うことなしー
 
 
  
そんな感じで
Mr.Boo大会しゅーりょー
ヽ(´▽`)/

今度はジョンシャムとリチャード・ンのポムポム刑事大会やって
まとめに「Mr.Boo vs ポムポム刑事」観たいとこやねー

| | コメント (0)
|

«第80回京都映画サミット開催のお知らせ